またまた、感染拡大

ジャイアンツの調子がイマイチだ。
今日からタイガースと伝統の一戦だが、初戦を落としてしまった。うーん、残念。
コロナ感染で、丸、中島、若林、ウィラーが抜けて、かなりの戦力ダウンだ。特に、若林、ウィラーは、調子が良かったからね。
いまの打線で問題なのは、やっぱり、1番の梶谷、3番・坂本、4番・岡本だろうね。特に、梶谷と岡本が1割台の打率だから、ちょっとひどい。日曜日の試合で、高橋由が岡本の打撃について、コメントをしていたが、タイミングがまったく合ってないそうだ。
うちはじめのタイミングもおかしいし、差し込まれたりするというのは、打ち始めるポイントが遅れているそうだ。高橋由が、外からみてわかるぐらいだから、かなり深刻なのかもしれない。本人も実際にはわかっているのかもしれない。だれか、的確なアドバイスをすれば、立ち直れるかもしれない。特に、誰か、岡本の不調をカバーすればよいけど、そうじゃないからね。
さらに、去年活躍した、松原もダメだし、吉川は出場すればエラーだし。かなり深刻な感じがする。
去年の後半がこんな感じだったかな?
救世主がでてこないとかなりつらいね。投手陣も、菅野と、FAで獲得した井納が2軍だから、打撃陣だけでなく、投手陣も厳しい。
あとは、原さんの采配が命かな。
さて、今日、エスカレーターを工事している場所があって、自動で危険だから注意して、という音声が流れている場所に、小学生2人がけりをいれて、これってうるんさいんだと文句を言っている。うるさいわけじゃなくて、注意しないと、事故るじゃないか、と思って、このクソガキと思って注意したろうと思ったら、他の人が注意していた。電車で通学だから、よい学校に行っている子供たちなのに、しつけがまったくなってない。何だか、こんな子供をみると親は、何をしているんだ!という気持ちになるが、注意する人をみると、まだまだ、捨てたもんじゃないという気持ちになる。私の母親も、やめときゃいいのに、よく他人の子供をしかっていたっけ。特に、お手伝いでいった家では、自分の子供と同じぐらいにしかり、それでも、その家の子供は、母をしたっていた。お手伝いをやめても、遠いところから、母が住んでいる団地にきて、面倒をみてくれた。本当に良い子供たちだと思う。母がなくなって、線香をあげに、と言われるけれど、まだ、コロナがねー。この状況だと厳しい。ただ、来てもらって、母の話を、なんてことになると、ちょっと思い出して悲しくなる。コロナが鎮まったら、呼んで、昔ばなしでもするか。
さてさて、大阪のコロナ感染が、まったくおさまらず、今日は、これまでの1日の最大感染数を突破して、719人になった。こりゃ、増えてしまった。ゼロにはならないと思うが、もう少し、抑えないと、医療崩壊になってしまう。自分が感染したら、入院する病床がないってことが近々、起こりそうなので、感染防止にむけた対策って重要だと思う。

※子供のしつけは、親がちゃんとやらないとね。
10歳までに身につけたい 一生困らない子どものマナー - 西出 ひろ子, 川道 映里
10歳までに身につけたい 一生困らない子どものマナー - 西出 ひろ子, 川道 映里