オフコースとチューリップ

この3連休、ずっと、以前かったDVDを見ていた。 オフコース、小田和正、チューリップ、村下孝蔵だ。いや~、何か、非常になごむ。昔のDVDを見ながら、見た目、もっと老けて見えるのに、それでも、みんな若い。 オフコースは、なんといっても、武道館ライブのDVDが最高だったと思う。人気絶頂だったし、このコンサートを最後に鈴木康博がオフコースを脱退してしまった。いまだに理由はよくわからない。いろいろと噂はあったが、どれも真相だと、なかなか思えない。 でも、やっぱり、オフコースは、小田和正と鈴木康博だね。 その後、松尾一彦、清水仁、大間ジローと3人加わったが、コーラスもやっぱり鈴木康博がいないとね。 小田和正がうたっているときのハーモニーなんて、最高だと思うし、小田和正と違った男らしい曲調の男らしい歌詞の鈴木康博が加わると、コンサートの曲の流れも、一本筋が通った気がする。鈴木康博が脱退した後の4人となったオフコースのコンサートのDVDも見たけれど、それでも何となく、物足りない。小田和正の歌を引き出すのは、鈴木康博の歌声だと思うし、これぞ、オフコースっていうのも、鈴木康博の歌だと思う。 鈴木康博が脱退し、その後、数年で解散してしまい、結局、小田和正は、ソロで活動を開始したが、4人のオフコースをやるぐらいならば、ソロで自由に自分の歌を唄っている方がよかったのかもしれない。4人のオフコースのライブには、松尾一彦の作曲だったし、清水仁の作曲だったり、当然、グループだから、他のメンバーのつくった歌を入れるの…

続きを読む

Tulip concert tour 2019 is there

今日は、令和になって初のコンサートにいってきた。 ”Tulip concert tour 2019 is there”だ。今回のツアーでは、去年の10月に東京国際フォーラムにいったので、今回で2回目になる。神奈川県民ホールは、これまで何回もいったことがあるが、東京国際フォーラムより、こっちの方が好きかな。 同じツアーだから、演奏する曲は、ほぼ同じだったと思うが、それでも、すごく楽しい。 1曲目から、一気に全員立ち上がって、一緒になって歌って、手拍子して、手をふりあげて、声張り上げて、非常に若返った。 今回も満席だったし、財津さんたちとファンが一体となった感じがするコンサートで、何回いっても楽しい。 昔は、途中休憩などなく、一気にアンコールまで、いくのに、いまでは、途中で休憩がはいり、2部構成となった。 これっていつぐらいから、そうなったんだろう? 多分、財津さんのソロコンサートに行ったときに、早いタイミング財津さんがひっこんでしまい、ホールにあかりがつき、えっ、アンコールないの?と思っていたら、15分休憩とアナウンスがはいった。 あ~あ、なるほど、ファン層も高いし、演奏する方も歳だし、一気に2~3時間演奏するのも聞くのも大変だから、休憩を入れるんだと思っていた。 ところが、財津さんだけでなく、Tulipもそうだし、小田さんのコンサートも休憩がはいった。 これって、流行りなのかもしれない。 でも、この方が楽かな。1時間半ぐらいの演奏が終わって、休憩15分あると、トイレにもいける…

続きを読む

TULIP "is There"

今日は、東京国際フォーラムでTULIPのコンサートがあるので、休暇をとった。 夕方だし、会社の近くだから、仕事をしても十分間に合いそうな感じもしたが、スーツをきて、コンサートにいくと結構窮屈なので、いっそのこと休暇にしようと決めて、休んで体調万全でコンサートだ。 そのコンサートに行く前に、まずは、病院だ。 足の痛みも随分ひいたけれど、病院の先生から、1か月後に来いといわれたので、午前中は、病院だ。 先月に比べれば、かなりよくなったらしいが、まだ、はれもあるし、痛みもある。 押したり、捻ったりすると、まだ痛い。もう2か月たったから、もっと画期的に治ってほしいが、なかなか、歳とともに病気の治りが悪い。今日、病院にいったら、また来月来いといわれた。うーん、まあ、仕方ない。それにしても、なんで、毎回、右足ばかり、怪我しちゃうんだろうか。 さてさて、病院のあとは、夕方から、東京国際フォーラムでTULIPのコンサートだ。 安部さんが亡くなり、また、財津さんがガンになり、そこから復帰と、ここ数年は結構あわただしいTULIPだが、前回は、全国ツアーも財津さんのガンで最後までツアーは完遂できなかったと思うが、そこから、財津さんがガンから復活して、ひさしぶりのコンサートだ。 今回の席は、東京国際フォーラムの2階席の1番前だった。 見るのには、最適な場所だと思いが、周りをみると、超満員だった。すごいね~、TULIPの人気は。 安部さんがなくなっても、ここまで多くの人が集まるとは、ビックリだ。東京国際…

続きを読む

獺祭、ピンチ!

昨日は、TULIPの安部さんの命日だ。 TULIPの中でも、元気な安部さん。まさか、こんなに早くなくなると思ってみなかった。 64歳だったし、まだまだ、これからって感じだったのに。 あ~あ、これで、TULIPは、コンサートをやらないんだろうね、と思っていたが、安部がなくなってコンサートを続けてくれたが、そのあとで、今後は、財津さんが、がんになり、コンサートが途絶えてしまったが、今年は、財津さんも復活して、コンサートが再開だ。 10月のチケットを購入して、もう一度、TULIPのコンサートにいけるのは、本当にうれしい。 安部さんがいないと、少しだけ、コンサートの盛り上がりにかける。歌うわけじゃないし、MCでも割と無口の方であっても、存在はかなり大きかった。 それだけに、すごく寂しい気もするが、まだまだ、財津さん、姫野さんが元気なうちは、コンサートを続けてほしい。 がんばれ、TULIP! さてさて、ここ数日の異常気象のせいで、獺祭が大ピンチだ。 豪雨の影響で蔵の一部が浸水して、旭酒造が獺祭の製造を中止したそうだ。 うーん、残念。あんなにおいしいお酒なのに。 土砂でせき止められてたまった水が流れ込んでしまったことと、大雨の影響で停電しており、冷蔵設備などが使えないらしい。うーん、これは、ピンチだ。 年に4回製造する獺祭だが、きちんとデータをとり、そのデータに基づいて、多くの人手をつかって、きめ細やかな作業を行い、味を落とさずに、毎回均一した質のよいお酒を造り続けている。 それが、…

続きを読む

TULIP concert tour 2018 isthere

何だか、今週は、いきなり疲れてしまい、昨日も朝の8時半から会議だし、水曜日は、驚くことに朝の8時から会議だ。 うーん、働き方改革って、私には無縁のことなのかもしれない。 あれもこれも、やたらと仕事が増えてしまい、自ら仕事を増やしてどうする!って気もするが、仕事を増やしているのではなく、何でも全力でやらないと気が済まない。 こんなことをやっているから、休むときがない。まあ、仕方ない。頑張るか。 さて、ジャイアンツの試合が、なぜかテレビ中継されていて、慌てて、チャネルを変えてみた。 ジャイアンツとヤクルトの試合で、ジャイアンツは山口俊! ここの所、試合に出るたびに、ボコボコにやられて序盤で負けとなるケースが多かったが、昨日に限っては、山口俊が久しぶりに好投したが、同点から、青木にホームランを打たれ、完投したものの、1点を追いつけることができずに負けてしまった。 まあ、こんな投球をしていたら、今度は、打線が頑張ってくれると思う。投打の歯車の合わないときもある。 頑張れ、ジャイアンツ! さてさて、TULIPが、全国ツアーをやることが決まった。 前回は、財津さんが、ガンになり、途中でツアーが終わってしまった。 手術して元気になり、財津さんも復帰した。その財津さんと姫野さんのコンサートツアーも始まり、なかなか身近なところで、開催してくれなので、ちょっとガッカリしていた。 そしたら、TULIPが、全国ツアーをするという情報が、財津さんのHPで公開された。 いや~、良かった~。TULIP…

続きを読む

財津さん、退院

やっと、ジャイアンツが勝った。 DeNA相手に3連敗で、今日からカープなので、またまた、連敗が続いてしまうと心配したが、先発の田口が、よくカープをおさえ、そのあと、マシソン、カミネロと続いて、カープを無得点におさえた。 打線は、貧打ながらも、3点をとり、ジャイアンツの連敗が止まった。よかった~。マギーを先発から外し、坂本、阿部、村田のクリーンアップにしたら、これが見事にあたった。 田口は、今回の好投で、7勝目。オールスターへの出場も決まり、二桁勝利も間近だ。田口は、大きく崩れなくなったのがよいが、今日の好投は本当に大きい。ジャイアンツの負け癖は、ちょっと困ったもんだ。 これじゃ、本当にファンは、ジャイアンツに引導を渡してしまう。やっぱり、最後の最後まで、優勝をあきらめないという姿勢は重要だ。頑張れ、ジャイアンツ! さてさて、ガンでツアーを中止したTULIPの財津さんが、手術をおえて、無事退院したそうだ。 よかった、よかった。 ガンなので、そう簡単に許してちゃいけないかもしれないが、ツアー中にがんが見つかり、そのままツアーを中止し、よほどひどいのかと心配していたので、退院は、本当によかった。 まずは、病気を治して、また、ツアーで元気な財津さんを見せて欲しい。 TULIPは、安部さんが急死して、メンバーが一人へってしまい、もう再結成はないのかな?と心配していた。 それが、残った財津さん、姫野、上田、宮城で、またまた、再結成して、ツアーを再開したので、本当にうれしかった。 それだけ…

続きを読む

頑張れ、財津さん

しかし、ジャイアンツの調子が最悪。 今日もオリックスに負けて、なんと9連敗。こんなに負け続けるのも非常に珍しい。 守護神・カミネロを2軍に落とし、打線強化のためにクルーズをあげたが、クルーズは守備でよいところを見せるのに、打撃はふるわない。 あげくに、カミネロのかわりに守護神をつとめた、マシソンが打たれてしまって、昨日は負けた。 今日は、いきなり5点も先行されて、村田の満塁ホームランで1点差まで詰め寄ったのに、結局、追いつかず、負けてしまった。 9連敗した年は、過去、優勝したことがない。ということは、ジャイアンツの今年の優勝はないかな~。 あ~あ、悲しい。ここまで負け続けるのも珍しい。 何か、何かがおかしいと思う。投手陣なのか、野手陣なのか。どちらにしても、救世主があらわれないと、連敗は止まらないかもしれない。ふー、頑張れ、ジャイアンツ! さてさて、先日、調子が悪いといっていた、TULIPの財津さんが、検査の結果、大腸がんであることが判明した。 公表して、ツアーを中止することになった。 財津さん抜きのコンサートは、さすがにありえないと思うし、公表しないと、休むことができないという判断で、がんを公表したのかもしれない。 気づけば、財津さんも歳をとり、病気になってもおかしくない。 ただね~、まだまだ、頑張って欲しいし、コンサートをもっともっと見ていたい。 TULIPのコンサートは、すごくイキイキとするし、すごくはじけることができる。そんなコンサートを毎年見ていたいし、早く病気…

続きを読む

財津さん、誕生日

あ~あ、今日も寒い。親の家にいったら、山に近いせいか、地元よりはるかに寒い。 まじで風邪をひいてしまう。気をつけなくちゃいけない。 さて、ジャイアンツの対外試合の第二戦は、韓国のWBC代表と戦って、昨日と違って、4対0で見事に勝った。 昨日は、9対0でサムソンに負けて、どうなることかと思ったら、今日は、その逆襲だ。 先発のマイコラスが、2イニングを無失点でおさえ、二番手は日本ハムから加入した先発候補の吉川だ。吉川は3イニングを無失点でおさえ、そのあとは、抑えの候補のカミネロが1イニングをしっかりとおさえ、首脳陣の期待にこたえた。そのあとは、乾、戸根、田原が無失点でおさえて、ジャイアンツが、昨日の完封負けから、逆に完封勝利だ。 打線もつないで、4点をとり、昨日からすれば、ちょっと安心する材料かな。 本当に良かった、よかった。 さてさて、2月19日は、なんと、TULIPの財津和夫の69歳の誕生日だ。 コンサートで元気に歌っている財津さんをみると、あと1年で70歳って感じではない。 ただ、財津さんもそんな歳か~。どうりで、私も歳をとったはずだ。 最近、思うが、若い頃は、なかなか、余裕がなかったものの、この歳になり、昔懐かしいTULIPのコンサートや、村下さんのコンサート(なくなっているので、本人が生で出ませんが)などのコンサートが多少高くても、絶対に行きたいという気になる。 コンサートにいって、一緒に騒いだりして、気分を発散すると、ものすごく楽しくなり、また、行きたくなる。 財津…

続きを読む

TULIP、再び!

木曜日に深酒して、家にかえってきて、真夜中の4時までこたつで寝てしまい、もう少しで風邪をひくところだった。 そもそも、1軒目の焼酎が水割りなのに、やたらと濃かった。ついでくれた人が、嫌がらせのようにロックのような焼酎を作ってくれて、それを調子よく飲んだのが問題だったかもしれない。 あぶなく、もう少しでつぶされるところだった。しかし、水割りぐらい、まともに作って欲しい。 そのうち、ロックでもよいけれど、味がわかるうちは、ちゃんと水割りだね。じゃないと、本当に事故っちゃう。 さてさて、今日は、神奈川県民ホールで、TULIPのライブだ。 45周年のライブで、先日、神奈川県民ホールのコンサートに行ってきたが、追加公演が決まって、また、やってくれたので、またまた、来てしまった。 しかし、盛り上がる!今日は、1発目から、立ってかなりの盛り上がり。 選曲は、多分、前回と同じだったと思う。そりゃそうか、前回といっても、同じツアーだから、同じに決まっている。 これが、大きく違ったら、演奏している方もたまらない。 まあ、毎回のことだけど、最後の方は、同じ曲になるけれど、それをわかっていても、すごく盛り上がる。 老若男女とわず、立ち上がって、こぶしをふりあげて、”おー、そうだよ!”って、魔法の黄色い靴を大声でうたい、妙な一体感を感じる。 もう何回、この歌をコンサートで歌ったか。それにしても、大盛りあがりだ。 安部さんが、亡くなり、もうTULIPを見ることができないと思ったのに、こうして見れたのは…

続きを読む

カープ、初戦勝利!

そういえば、昨日、TULIPのコンサートにいったときに、財津さんが、TULIPコンサートに初めて来た人は?と聞いたら、そこそこいた。 てっきり、45周年のコンサートにくるぐらいだから、全員1度はコンサートに来ている人たちだとばかりに思っていたのに、ちょっとビックリした。私は、もう何回ぐらい、TULIPのコンサートにきたかな? ただ、多分、初期のメンバーの頃のコンサートにいった記憶がないから、姫野さん、安部さんたちが抜けた後のTULIPのコンサートからいったと思う。 その頃は、亡くなってしまった村下さんのコンサートは、毎年欠かさずにいっていたし、多分、年に2回はいっていたと思う。これにふきのとうのコンサートに行ったりしていた。 TULIPは、再結成するたびにコンサートに行っているし、いまでは、財津さんのソロコンサートにもいっている。 TULIPって財津さんがいるから、持っていると思っていたときもあるが、いまでは、姫野さんのステージを走りまくる姿や、静かにベースをひく宮城さん、ドラムをすごい迫力でたたき、加えてボーカルもこなす上田さんなど、この一体感がよい気がする。最近、歳をとると、一つずつ、いろいろなものを失っていく。 それは、それで仕方ないことだと思うが、TULIPも4人が揃わなくなったら終わりかな。コンサートにいって、元気な姿をみて、一緒にはじけて、元気になって、次も絶対にあると思って、これを繰り返すことが重要なのかもしれない。 今回、初めてコンサートに来た人たちも昨日のコンサート…

続きを読む

TULIPコンサートで5歳若返る

昨日、経営塾のセミナーに参加して、夜も10時までやっていたので、サクッと帰ろうと思ったら、たまたま、同じセミナーにもう退任された私の会社の役員が来ていた。 声をかけられて、軽くいっぱい行こうといわれ、飲んで帰ってきた。 焼き鳥でいっぱいと言われて、焼き鳥家を探して、はいったら、夜の10時ですでに焼き鳥がなくなったので、閉店と言われ、その向かいにある、焼き鳥家にはいった。 その役員が、日本酒が飲みたいというので、焼き鳥と日本酒でぐいぐいっと飲んできた。 平日で日本酒を2合ほど飲んで帰ってきたが、今週は、月曜日がマッコリで、水曜日が焼酎で、木曜日が日本酒! うーん、なんとバランスのよい飲み方だ。最近、飲んでなかったからね。 そして、今日! 神奈川県民ホールで、TULIPのコンサートにいってきた。もう安部さんが亡くなり、TULIPの結成ってないんだろうね、と寂しい思いをしていたが、コンサートで財津さんがいっていたが、安倍さんが耳元でささやき4人でできるならばやればってことで、「TULIP 45th Memorial Tour “it remembers”」のコンサートが実現した。 うっかり、今日会社を休むつもりだったのに、すっかり忘れてしまって、会社にいって、フレックスで早帰りだ。 余裕をもって会場に到着したが、満員御礼だ。それも、かなり年齢層がたかい。 もうメンバー自体が、かなり歳だし、ファンであれば、年齢層が高くて当たり前か。 若いと思っていた宮城さんも還暦を迎えたそうで、そり…

続きを読む

クイーン、日本武道館

ここ二日ばかり深酒をしていたが、火曜日は、翌日が8時半からの会議で、かつ、その会議で説明するのに、火曜日中に資料ができていない。仕方ないので、まったく資料を確認しないままに、いきなり本番というハードルの高い仕事をしてみた。しかし、こんなことをしてちゃいけない。もっと段取りよく仕事をしないと信用を失ってしまう。 そして、昨日は、PJの懇親会。まったく連絡がなかったので、てっきり中止と思ったら、当日連絡がきた。 お店の場所もわからずに、開始時間もわからない。この調子で宴会に参加だから、これまた、ハードルが高い。 宴会は、飲み放題ということで、飲み放題リストをみたら、こりゃ、何だかわからない銘柄がでてくると思って、ビール一筋が安心だとおもって、生ビールを頼んで、やたら飲んでいたら、周りの人たちがいきなり日本酒をのみはじめた。 徳利で何本頼んだのだろうか?徳利に”松竹梅”と書いてあるから安心っていうけれど、そんなことはない。 絶対に松竹梅じゃない。でも、仕方ないから、付き合って日本酒を飲みつつ、やっぱり、ビールだってことで、ビールをチェイサーにして、日本酒を飲んでみた。しかし、本当に、こんな飲み方をしていたら、ろくな大人にならない。 気をつけなくちゃ。 さてさて、休みの時に、テレビを見ていたら、フレディーマーキュリーのクイーンが、日本武道館で公演するというCMをみた。クイーンといえば、フレディーマーキュリーだが、エイズで亡くなって、もう何年たつのだろうか。 今回は、そのフレディ・マーキュリ…

続きを読む

TULIP、全国ツアー開催決定!

まだ、今週は長いのに、もうへとへとだ。 昨日も朝早くから会議で、そのあとも永遠と会議を続け、今日の説明会の資料を遅くまで残って、やっと作り終えた。しかし、疲れる~。これじゃ、本当に身体がもたない。 まあ、今週は、木曜日に休暇をとったし、今日1日働けば、休みだ。 この休みも2か月ぐらい前に、この先、会議がない日はどこだ?と探して、やっと何もイベントのない日を見つけて、休暇にしておいた。 特に休まなくてもよかったが、そのあと、続々と会議参加の依頼がきたので、面倒なので、当初の予定通り、休むことにした。毎月1回は、休暇をとって、日帰り温泉に行きたい。温泉でぼーっとくつろいで、風呂上りにビールをグイっと飲みたい。あ~あ、こんなことを考えているだけで、のどがかわく。頑張って働かなくちゃ。 さてさて、財津和夫のHPを見ていたら、なんと、な、な、なんと!TULIPが、9月から、デビュー45周年にあたり、全国ツアー「 TULIP 45th memorial tour "it remembers" 」がはじまる。 もうやらないと思っていただけに、大感激だ。財津和夫のコンサートにいくと、TULIPの歌で、大盛り上がりするし、まだまだ、元気なうちに、また再結成してコンサートをやって欲しいと思っていたら、なんと実現した。 前回の全国ツアーから、何年、たつんだろうか? その間にTULIPのメンバーの中でも、人気のあった安部俊幸が亡くなり、これで、もうTULIPの再結成はないかと思っていたが、45周年での再結…

続きを読む

財津和夫コンサート2015-2016

昨日は、横浜・県民ホールの財津和夫コンサートにいってきた。ゲストに、同僚の姫野達也をむかえ、”TULIPの夢を歌う2”だ。 前回、急な出来事で、コンサートに行くことができなくなり、本当に久しぶりの財津さんコンサートだ。 今回は、姫野達也(コンサートでは、たっちゃんと呼んでいた)をむかえ、TULIPの歌を交えながら、二人の掛け合いのMCも面白く、あっという間の3時間弱だった。 最近、若い人のコンサートに行くことがなく、どちらかといえば、年齢層の高いコンサートにいくと、必ず、1,2部構成となり、途中に休憩がはいる。 若いころにいっていたコンサートで途中休憩なんてなかったし、もしかして、これって最近は定番なんだろうか? でも、この休憩はありがたい。何時間もコンサートをやられると、途中でトイレに行きたくなった時に困ってしまう。そんな老人のために、休憩ができたのかもしれない。 しかし、トーク満載で、このトークがこれまた面白い。財津さん、たっちゃんとくると、本当にTULIPみたいだ。 ただ、もうTULIPの再結成ってないんだろうね。 安部さんがなくなってしまい、さすがに安部さん抜きのTULIPは、ないのかもしれない。 TULIPも初期メンバーから、上田雅利、吉田彰が抜け、宮城伸一郎、伊藤薫が加わった第二期の活動から、姫野、安部、伊藤が抜けてしまって、第三期の活動に入ったが、その際の姫野たちがつくったオールウェイズの方が、実際には、TULIPっぽかった。第三期のTULIPは、これまでのPOPな…

続きを読む

あ~あ、悲しい~。安部さん・・・

ジャイアンツの調子が良い。本当に上位の球団との直接対決には、抜群の勝率を示すが、昨日も、怪我から復帰の菅野が、タイガースを1点におさえ、その間に打線が、しぶとく点をとって、見事に逆転勝利だ。 菅野の力投が、この勝利に結びついたと思うが、坂本の調子の良さが、勝利につながったと思う。しかし、すばらしい~、本当にすばらしい~。 これで、菅野は2桁勝利となった。入団以来の2年連続の2桁だから、菅野のすごさが本当にわかる。1年浪人生活を送って、この成績だから、菅野って本当にすごい投手だと思う。この調子で、毎年二桁勝利を目指して欲しい。 これで、菅野が復帰すれば、ジャイアンツの投手陣のローテーションも楽になると思う。頑張れ、菅野、頑張れ、ジャイアンツ! さてさて、昨日、悲しいニュースが。チューリップのギタリスト・安部俊幸さんが脳出血でなくなっていたことがわかった。 あ~あ、なんてこったろう~。 チューリップで、財津和夫につぐ、大人気のメンバーだったのに、このいきなりのニュースに心臓が止まりそうだった。 去年、チュー炉リップが40周年のコンサートを全国で行って、元気な姿を見せていたのに、本当に衝撃的なニュースだ。まさか、こんなに早く亡くなるとは思っても見なかった。 まだまだ、60台。いまは、長寿王国の日本だから、あと10年以上、長生きしてもおかしくないのに。 チューリップの中でも、ほとんど、歌うことなく、ギターのソロでファンを魅了し、なくてはならないメンバーだったのに、こんなに早く、亡くなって…

続きを読む

海外旅行記1

ついに海外です。 飛行機を10時間以上のって、アメリカに来ました。 成田の手続きの長さで5歳としをとり、飛行機に乗って10歳としをとりました。 結局、日本で若々しく働いていた頃に比べて、15歳も老けた。 もうおじいさんです。 これで、また、同じぐらいかけて帰らないと思うと、気分がブルーだ。 このまま、アメリカ人になっちゃおうかな?そりゃ、無理だ。 何でもかんでも、量が多いし、肉ばかり。やっぱり、日本人がよいかな? もしや、これは、差別的な発言?じゃないです、私は、島国・日本のようにいどこいっても、日本語の通じる国が住みやすいです。 さてさて、このアメリカ出張の内容を毎日は無理にしても小分けにして、ブログに書こうと思います。 気づければ、飛行機で海外に来たのは、新婚旅行のハワイ以来なので、四半世紀以上前のことだし、飛行機も10年ぐらい前に熊本に行って以来なので、生涯3回目の飛行機です。ふー。 いきなりですが、今日は成田まで、成田エクスプレスで行きました。 リムジンバスは、交通渋滞にあうと大変なので、電車で。 いきなり、のったら、スーツケース置き場があって、使い方がわからない。 うーん、難しい。どうしろっていうのさ、と思っていたら、たまたま、運よく中学生ぐらいの子供が親に連れられてきて、 これぐらいわかるよって、心配する親の目をみながら、スーツケース置き場で何かやっていたのを横目にみつつ、参考にして、見事にきちんと置きました。 自慢できない。これぐらい当たり前のことかも…

続きを読む

財津和夫コンサート2014

今日は、やっとジャイアンツ・沢村が復活して、7月になって今期の初勝利をかざった。8回まで投げて7安打1失点は、先発投手としては合格かな。8回同点のままで、8回裏に高橋由のヒットで2点勝ちこしたが、さすが、高橋由だ。 昨日は、阿部、片岡が完全休養で、よくこの状態で勝った。もしかすると2連勝していることもあり、負けても良いって感じだったのかもしれない。8回まで沢村がなげて、最後は、マシソンがしめたが、毎試合でている山口などの中継ぎも休めたし、今日の沢村の好投なくして、ジャイアンツの優勝はないか。これでまた1枚、先発が強化されたので、オールスターまで、この調子でいって、しっかりと首位固めをして欲しい。頑張れ、ジャイアンツ! さてさて、先週の金曜日に、部下の粋なはからいで、ナイターを見に行って、かなり楽しめた。 それに続く、第二段ってことで、今日は、”財津和夫コンサート2014”を聴きに、渋谷公会堂にいってきた。 相変わらず、開演となると、早々に始まり、2部構成で途中に休憩時間がはいる。さすがにファンも高齢になってきたせいか、途中の休憩15分はトイレタイムになるので、ありがたい。 しかし、財津和夫のコンサートは、楽しめる。今回は、姫野達也がスペシャルゲストで参加したが、いまだに、何で姫野達也?っていうのがわからない。 どうせならば、TULIP復活でコンサートやればよいのに。もしかすると、復活させるには、少し間が足りないかな? もともと、”財津和夫コンサート2014”は、Live&Talkだか…

続きを読む

ローリングストーンズライブ

床屋にいったら、少年アシベと呼ばれたが、結局、1日もたたないうちに元のボサボサの髪型に戻ってしまった。 いつも、床屋のおにいさんには、きっちりとわけてもらうのだが、あまり意味が無い。 ただ、きっちりとわけた髪型だと、毎日、朝セットするのに時間がかかってしかたないだろうに。 いつも、ブラシでとかしておわるので、ほんの数秒で髪型のセットは完了する。というか、たまにブラシをかけなかったりしてもあまり誰も気づかないし、自分でも忘れてしまうことがある。まあ、この髪型だから、いまさら、きれいにセットしても意味はない気がする。 さてさて、ローリングストーンズが結成50周年をむかえて、ライブをしたそうだ。座席の値段もかなり高くて、でも、コンサートを見た人にとっては、安いということらしい。 テレビでライブ中継を一部やっていたが、気づけば、ミックジャガーも69歳ともう70歳近い。他のメンバーもみんな同じぐらいで、さすがに、ライブするには、かなり歳をとってしまった気がする。 ギターを弾いている姿をみたが、さすがに昔ほどの軽快さはないきがするが、70歳近い人たちのバンドにしては、全員元気だ。 チューリップのコンサートにいったときに、60歳を越えて、頑張っている姿をみたが、あまり動きの無い楽器だったらよいけれど、ドラムとか、ギターはかなり大変だと思う。 チューリップでいえば、ドラムの上田さんの若々しいこと。それでも、もう60歳をこえて、2時間以上のコンサートでドラムを叩き続けるのは相当体力がいると思う。 …

続きを読む

チューリップコンサート、余話

昨日、久しぶりにチューリップコンサートで若返ったせいか、なぜか、朝から足が痛い。足というか、太ももかな? なぜ、体に痛みがでたのか、わからない。もう本気で歳だと思う。昔は、こんなことはなかったのに。 これを考えると、還暦をむかえたチューリップ(宮城伸一郎を除くが)のメンバーは、本当に若いと思う。 そういえば、久しぶりに曲間で妙な間があったりしたが、その間は、妙に財津さんのコネタで間をもたせて、その間も楽しい時間となった。さすが、財津さん。 そういえば、声の調子からすると、財津さんは絶好調だと思うが、姫野、宮城の声がイマイチ。最後のほうは、元気になったような気がするが、いつもと違うような感じがした。風邪をひいたのか、声がでてないのか。 バックコーラスにも違和感があったりして。もしかすると、久しぶりのチューリップだったので、もしかすると、自分の耳がおかしかったのかもしれない。 でも、結構ノリノリで楽しめた。いまでも、自分の携帯のストラップで使っている、”虹とスニーカーの頃”もやってくれたし、本当に大満足。ちなみに、私の携帯ストラップが、虹とスニーカーの頃であることをわかる人がいない。 ちゃんと、スニーカーがついているし、虹色の紐もついているのに。 これを買ったのも、チューリップのコンサートで、これを買ったのは、35周年のコンサートだった。 今度は、財津さんのコンサートにいくか。財津さんのコンサートはMCも面白いし、最後は、チューリップ並みに盛り上がるし、本当に満足で終わる。 昔、村…

続きを読む

チューリップ、40周年ライブ

昨日、5年ぶりのチューリップの40周年ライブに神奈川県民ホールにいってきた。県民ホールは、松たか子コンサート以来かな? 18時開演で、遅れるのかと思ったら、ほぼ定刻どおりに始まり、客のいりは、1階席のうしろに立見席があり、そこもいっぱいで、満員盛況だった。 いつもは、みたことがない、オープニングのMCは、安部さん。これは、珍しい。いつも、MCは財津さんの役回りとおもっていたが、いきなり、安部さんだったので、財津さんの具合が悪い?と思ったら、途中途中は、ジョーク満載の財津さんのMCで大笑いした。 2部構成となっていて、前半戦は、いっきにとばして、生演奏コーナーがあって、その後、数曲やって休憩、15分で後半戦という感じで。 チューリップやオールウェイズのコンサートに何回もいったが、初めて安部さんの歌をきいた。そもそも、バックコーラスですら、歌っていることがないのに、本当に珍しい。 その安部さんの歌のときに、財津さんが、”拍手”と書いた大きなプラカードをだして、かなり盛り上がった。しかし、40周年ってことで、後から入ったメンバーの宮城伸一郎をのぞくと、全員60歳をこえてしまった。会場のファンも当然ながら、年配の人が多いが、それでも、何だか若い頃を思い出して、チューリップとともに手拍子して、手をつきあげて、楽しい3時間だった。 財津さんの高い声は健在で、相変わらず元気だが、それ以上にパワフルなのが、上田さんだ。ずっとドラムを叩き続け、よく長続きできるものだと感心してしまった。このメンバーだと宮…

続きを読む

ザ・ローリング・ストーンズ、50周年

昨日も軽く飲んで帰ってきたが、多分、飲んでも家につくまではしっかりとしているのだが、家について、体を温めようとコタツにはいると睡魔に襲われてしまう。ついつい、1時間ぐらいボーっとしているんだと思う。 ふと気づくと、1時半ぐらいになっていて、あわててきちんと寝にいった。本当によくこんなことをして風邪をひかないものだ。もしかすると、ここ半年近く一駅分あるくことで、風邪に打ち勝つ体力ができたのだろうか。そんなことはないか。 先日、インタネットのニュースで、ザ・ローリング・ストーンズが、2013年に50周年のライブツアーをするというのを見た。なんと、半世紀もたって、まだグループがあるのがすごい。さすがだ。 高校時代に洋楽に走る傾向が昔あり、ビートルズ派とローリングストーンズ派にわかれ、どちらかといえば、ローリングストーンズ派は、ちょっと悪ぶった奴らがファンだった気がする。 私はといえば、洋楽よりは日本の歌の方が好きだったので、高校時代はさして洋楽に興味もなく、大学から社会人にかけて洋楽に走ったけっこう遅咲きの方だった。それも、クリーンとか、ビージーズとか、TOTOとか、そっちの方が好きで、ビートルズもローリングストーンズもまったく聴いてなかった。 ここ数年は、友達の誘いもあり、ビートルズの曲を生演奏してくれるライブにいくようになったので、随分とビートルズの曲に詳しくなってきたが。 しかし、ローリングストーンズのようにハードなロックのグループが、50年も続いているのはすごいことだと思う。根強いフ…

続きを読む

チューリップ、40周年で再結成!

昨日、朝から外出したが、前日のお酒が思いっきり残っていて、匂いがプンプンとする。うーん、これで電車にのったら、周りの人って迷惑するだろうね~と思いながら、会議に遅れるわけにもいかず、セッセと頑張って会社にいった。しかし、マジで、週前半に飲むのをやめないと体が持たない。 そんな状況だから、あまり新聞などしっかりと見ていなくて、家に帰ってから、インタネットでニュースを見ていた。 そしたら、何と!チューリップが、結成40周年をむかえて、再結成して、再度全国ツアーをするというニュースが流れていた。これは、吉報だ! 2007年に再結成して、ツアーを行い、もう最後のツアーなのかな?と思っていたら、見事にまたまたツアーをしてくれるということで、絶対に行かなくちゃ。 そもそも、まだ元気なメンバーでコンサートができるならば、ぜひ、月1回のペースでもよいのでやって欲しい~と思っていたら、本当にやってくれることになり、ものすごく楽しみだ。 解散後の再結成は、いつも、財津和夫、姫野達也、安部俊幸、上田雅利、宮城伸一郎とこの5人が固定になっているが、途中からはいった伊藤薫とか、松本淳、丹野義昭の頃の曲も好きだったので、全員で集合して、日によってメンバーを変えながら、っていうのも面白いかもしれない。 シングルでだした曲もたくさんあるし、4時間ぐらいコンサートをやっても曲には困らない気がするが、体力がもつかどうか。しかし、いまから本当に楽しみだ~。 ちょうど、前回の再結成時のコンサートツアーをみにいって、携帯のス…

続きを読む

財津和夫、Live&Talk

昨日も朝から夕方までセッセと働いた。最近、会議などが多いし、種類の違うことをやっていると、頭の切り替えもできないし、非常に疲れてしまう。こればかりは、仕方ないのかもしれない。 そんな中で、フレックスを使って、財津和夫のLive&Talk2011に行ってきた。場所が、ティアラこうとうとこれまで行ったことがなかったところなので、どんなところ?と心配していたが、駅から近くで便利な場所にあった。半蔵門線の住吉から歩いて5分ぐらいのところにたっている。ただ、コンサート前に腹ごしらえと思ったが、住吉の駅の周りに食事処が見つからず、ちょっと残念だった。モスバーガーがあったので、食べようと思ったら、これが小さい上にいっぱいで食べることができず、もっと食べるところがあったら、便利な場所なのに。 ただ、駅から出たところが、メインの通りかわらかないので、もしかすると、もっと栄えているところがあるのかもしれない。そんなこんなで、財津和夫のコンサートに半年ぶりぐらいに行った。前回は、去年の6月にNHKホールでやったコンサートだったが、今回は、Talkというキーワードが入っているように歌だけでなく、話をじっくりと聞かせるコンサートということで楽しみにいった。もともと、財津和夫のMCは、かなり面白いので、それを聞くだけでもコンサートに行っている価値はある。 コンサート開始は5分ぐらい遅れて始まったが、コンサート会場がわりとこじんまりした良い感じのホールだった。前の人との段差が適度にあるので、あまりかぶることもなく、非常に…

続きを読む

財津和夫コンサート、当選

昨日、昼を一緒に食べにいくメンバーが、ワインの話をしていて、”やっぱり、一人でワインのボトルを1本はきつい”という話をしていたので、”一人が1本を飲むのは基本でしょう?”なんて話をしていた。”そういえば、先週飲みにいったときに3人だから3本飲まなければいけなかったのに2本しか飲めなかった”と私が残念がっていたら、”違いますよ、先週金曜日に飲みにいったときに、2本飲み切ってやめればよかったのに、また1本飲んで結局1人1本でしたよ”と言われ、私は2本しか飲んだ記憶がなかったので、”誰が、もう1本頼んだ?”と聞いたら、指をさされた。えっ、私?私が、もう1本いれた?うーん、そう言われれば、いれたような。だから、すごく酔っていたのか?とあらためて思ってしまった。確か、2時間弱でお店を追い出されたので、その時間で3本もワインを飲んだのか。そんな無謀な飲み方は、まずいでしょう、いくらなんでも。体のことを考えて気をつけなければ。 さてさて、私の好きなTULIPの財津和夫が、”Live & Talk 2010”というコンサートをやっている。なぜか、場所がいずれも遠く、それになぜか、地方都市が多いため、まったく行くことができない。いつになったら、東京でやってくれるのだろう?と思って、ずっと待っていた。今年は、渋谷のNHKホールでコンサートをやったソロコンサートにいって楽しんできたが、その時も、”トークだけの・・・”と言っていたコンサートを並行してやっていて、早く近くでやってくれないかとずーっと待っていた。それが、や…

続きを読む

久しぶりのTULIPライブDVD

昨日、せっかくジャイアンツの試合をテレビ中継してくれたのに、見事に負けてしまった。どうして、ジャイアンツは大家が打てないのだろうか。他のチームは、見事なまでに大家を打ち崩しているのに。どうも、剛速球があるわけでもないし、いつでも打てそうな感じなのに、なぜか、凡打を繰り返す。コントロールが良いのと、カットボールが良いらしいが、特に左バッターがことごとく打てない。うーん、残念だ。まだ、これからこれか。頑張れ、ジャイアンツ! ここ2ヶ月ばかり、刑事コロンボを毎日、暇な夜に見ていたが、そろそろ気分をかえるかと先週ぐらいから、昔買った、オフコース、TULIPのライブDVDを見ている。オフコースは、やっぱり、鈴木康博がいた5人の時のオフコースが一番良かったとおもう。出すLP(以前は)も、やっぱり、鈴木康博の曲が入るとちょっと違う。抜けたあとは、やっぱり、小田和正のグループって色が濃かったし、清水仁とかいたけど、やっぱり、小田和正とまったく調子の違うような曲をつくる鈴木康博の存在は大きかったと思う。”We are”、”Over”が、アルバムとしては非常によくできた楽曲だと思うし、大変好きだった。 まあ、そんなオフコースと双璧のチューリップのライブDVDを今日は見ていた。チューリップも再結成後のDVDも持っているが、所期の頃の1984年の”チューリップ・ランド・イン・芦ノ湖 8.11パゴダ”を今日みていたが、これがまた良い。初期メンバーではなくて、吉田彰、上田雅利が抜けて、宮城伸一郎、伊藤薫が加わった5人での…

続きを読む

また、歳をとる

昨日は、私のN回目の誕生日だった。さっそく、0時にメールをきっちりと送ってくれる人や、部下、友人からもお祝いのメールが届いた。さすがに、ここまでくると歳をとりたくないと思いつつも、メールがきたりするとすごくうれしい。 歳のせいか、最近は涙もろくなり、こんな暖かいメールに涙してしまう(ちょっと大げさ)。 あげくに、私の部下が、誕生日会を今年も開いてくれるという、何と優しい部下なのかと思ってしまうぐらいに、これはものすごく感動してしまった。私が、お世話になった元上司に毎年夏に暑気払いと称して、何回かごちそうになったことがあり、定年になった後は、そのご馳走になった分、ご馳走しなければ、と毎年企画している。 私を真似ているわけじゃないだろうが、本当にこの部下の優しい気持ちには感謝したい。何とか、お返ししたいと思っているが、なかなか返すことができない。いつか、かならず、きっと・・・。 昨日も誕生日とまったく無関係に朝から外出して、午後また外出して、夕方に戻ってきた。この暑い中で外を歩くと、体重が減った気になり、風呂上りにはかってみたら、おかしなことに体重が増えていた。なんで、なんでなの~。 歩いて、汗かいて、疲れて帰ってきて、飲んで・・・。ん?飲んで?これが原因?暑いから、ついつい飲む量が増えてしまって、それが原因なのかな? 飲みにいったら、基本は食べない。食べるとお腹がいっぱいになって飲めない。何となく、これが不健康にさせている原因かな?と思ったりするが、やめることができない。 でも、頑張っ…

続きを読む

財津和夫コンサート、余話

先週の金曜日に財津和夫のソロコンサートに行ったが、その際に、TULIPの上田さんがコンサート会場に来ていたことを書いたが、上田さんのブログにもそのことが書かれていた(→ここ)。 盛り上がり方が良かったので、私が持っているTULIPのライブDVDを懐かしさをこめて、静かに余韻にひたるため、見ていた。3枚ぐらいコンサートDVDを持っていて、一番古いのが、1984年のパコダだ。このパコダは、箱根・芦ノ湖でのコンサートでかなり古い。この頃は、ドラムは上田さんから伊藤薫にかわり、あとは、財津さん、姫野、安部、宮城の5人のバンドだった。よく聞いてみれば、この当時の財津さんの声と、今の声は、やはり高音の響きが違うし、はりも違うかな?この前のコンサートでは、前半はちょっと声がでてないと思ったりしたが、終わりの頃はノリノリの歌声だったので、ちょうど、あの最後のノリで高音がバッチリなのが、1984年のコンサートDVDだと思う。 ファンといったいとなったノリは、いまも変わらず、非常に元気になる。本当にポップな曲も多いし、ファンと一緒になって盛り上がるコンサートだと思う。あとの2枚は、再結成後の1997年と最近の2007-2008年のツアーコンサートのRUN(これが、35周年の再結成のコンサート)だ。どれを聞いても本当によかった。 TULIPも、この上田さんが抜けたあとのメンバーから、さらに姫野、安部、伊藤の3人が抜けて、オールウェズになったが、実は、このオールウェズもTULIPの流れを組むような曲が多かったと思う…

続きを読む

財津和夫、ソロコンサート

昨日は、会社を午後休み、NHKホールに財津和夫のコンサートに行って来た。NHKホールは、これまでいったことがなくて、はじめ渋谷公会堂と場所をすっかり間違えていた。渋谷公会堂自体は、いま、C.C.Lemonホールと名前を変えているそうで、まったく知らなかった。何か、イベントで、このホールの名前が出るたびに新しく出来たものだと思っていたが、実際は、渋谷公会堂の名前が変わったと初めてしった。NHKホールは、そのホールを通り過ぎていくのだが、若い人がそのホールの前にたくさんいて、その前を通る人たちは、当然、NHKホールの財津和夫コンサートに行く人たちなので、年齢層が明らかに違う。10歳以上、歳が上って感じだ。あとで、調べると、どうやら、C.C.Lemonホールは、ポルノグラフィティをやったそうで、どうりで、年齢層が違ったわけだ。 そんな財津和夫のコンサートは、当たり前のように、私と同世代よりもさらに上の人たちが多く、多少若者もいるので、平均年齢は、うーん、どうだろう?40~50歳ぐらいかな?TULIPのコンサートのときと年齢層は同じぐらいか。しかし、開演時には、ホールは見事に満員でうまり、さすが、財津和夫人気も衰えていない。 歌い始めた頃は、昔と比べて高音がでてない気がしたが、最後の方は大ノリノリでばっちりだった。 ざっと20曲以上は、うたったと思うが、なかなか、これがすごく良いコンサートで、大盛り上がりだった。最近、新しいアルバムを出し、その中から何曲も歌っていたが、静かに聞かせる歌もあり、財津和…

続きを読む

財津和夫コンサート、当選!

風邪をひいてから、きちんと病院で処方してもらった薬を飲んでいるが、まったくよくならない。だるさが抜け、ノドの痛みがなくなったが、鼻水が止まらない。しかし、金曜日に休んでいるだけに、明日は、休めない。多少の体調の悪さは、我慢しなくちゃいけない。静養していても、ちょうどいま体調が悪い時期に来ているので、病に勝てる免疫がないような気がする。そういえば、今月の初めに傷の化膿が止まらないときから、体調の低下が起きていて、それが結果として風邪をひいてしまった原因かもしれない。うーん、しばしの我慢か。風邪の薬を飲むと、眠くなって仕方がなくて、特に、食事後に飲むせいなのか、ついつい睡魔に襲われてしまう。これで仕事ができるのだろうか。 そういえば、風邪をひいてから、もうかれこれ、1週間近くになるが、当たり前だが、お酒を飲んでいない。いつも飲んでいる胃薬以外の薬を処方された場合に、つねに薬剤師さんにアルコールとの相性を確認し、とくに眠くなる傾向がある薬を飲んでいる場合には、去年の二の舞を起こさないためにも、絶対に飲まないようにしている。そのせいで、風邪をひいて、風邪薬を飲み始めてから、はや1週間近くなり、その間、一滴も飲んでいない。早く治さないと、今週末の飲み会で楽しく飲めない。いつになったら、治るのだろうか。あ~あ、憂鬱だ。気温が低いせいもあって、それが原因で乾燥してノドが痛いのかもしれない。もう少しの辛抱か、早く春がこないのかな~。暖かくならないと、体調がよくならない気がしてきた。”春よ~、まだ見ぬ春”と、松任…

続きを読む

ケネディハウス

この木金と二日続けて、飲み歩き、さすがに今日は、アルコールがまったく抜けない。酔いがまったく抜けないために、うっかり病院に検査結果を聞きに行くのを忘れてしまった。あ~あ、なんてこったろう。まあ、来週にでも聞きに行くか。こればかりは、仕方ない。今日、聞きにいって、結果があまり良くなければ、アルコールを大量に飲んだのがばれてしまいので、行かなくてよかったかもしれない。 昨日は、同僚と銀座のケネディハウスに行って来た。ここのところ、六本木でビートルズのコピーバンドが生演奏をしてくれるお店に行っていたが、それ以上に最高のお店があるという友達の言葉を信じて行ってきたが、これが最高に素晴しい。お店自体は、それほど広いってわけじゃないが、70~80年代ぐらいの音楽の演奏をやってくれる。日本の音楽だったり、洋楽だったりとジャンルは幅広いし、無茶苦茶もりあがる。私は、チューリップが好きだったが、ちょうど、チューリップの曲を何曲もやってくれて、本当に癒された~。バンドリーダーの上田さんのMCもおもしろいが、そもそもバンドの演奏がうまいし、歌も良い。バンドの人たちもステージが終わるとお店の中を回ってくれたり、お店の人がそもそも演奏をしたりと、非常に身近に感じるので、その場にいるだけで、目茶目茶楽しい気持ちになり、本当に有意義な時間を過ごすことができた。結局、4,5ステージを最後まで聞いて、終電近くで帰ってきたが、最後の方では、このお店のオーナーが加瀬邦彦さんとのことで、加瀬さんがでてきて、演奏をしてくれた。加瀬さんを…

続きを読む