大人ローソン

早いもので、GW休暇も今日で半分消化か。まだまだ、休み足りない。何だか、妙に疲れが残っている。 日頃、真剣に働きすぎたせいかな?とりあえず、給料分は働かないと、罰があたる。そりゃ、当然か。 こんな忙しい日々も、あと何年かしたら、終わりか。忙しいだけでなく、もっと、内容の濃い毎日を送りたい。そんな日がいつくるのだろうか。 さてさて、先日の旅行での出来事。 よく旅行に行くときは、金土や、土日のパターンが多い。今回のように休み、平日のパターンは滅多にない。このパターンだと、ホテルは割りとすいていることが多いが、それにしても、今回は、思った以上にすいていた。 食事も大広間で、テーブルが準備されて、そこで食事するのだが、時間のわかれた2部交代なので、私たちが食べている時間に一緒に食べている家族の倍ぐらいはお客がいたのかもしれない。 ただ、それでも、20家族(団体)ぐらいだったのかもしれない。 ホテルについて、すぐに温泉にはいったら、客がいない。食事をして、夜いっても、客がいない。えっ?こんなに温泉に入る人がいないのも珍しいが、みんなどこに行ってしまったのだろうか。 たいてい、ホテルにいくと、このケースが多いが、すぐに入ると誰もいないが、夜いくと何人かは、必ずいる。ここまで他の人を見ないのも珍しい。ただ、朝、起きて、朝風呂にいくと、想像以上に人がいることが多いのに、今回は、またまた、誰もいない。朝食をたべて、時間があるので、またまた、温泉に。そしたら、また、いない。 結局、4度温泉にはいった…

続きを読む

GW休暇スタート、下田旅行

29日から、GW休暇の休みに入り、今年は、6日までの8連休だ。この休暇を利用してじっくりと休むか。 さてさて、そんないきなりの初日に旅行に行って来た。 最近、旅行にいってないから、久しぶりかな?それも最近、行きやすい熱海、伊東あたりが多かったが、今回は、下田温泉だ。下田は久しぶり。 年々、伊東、熱海など、廃れ気味かな?と思ったりする。温泉自体は、悪くないのに、観光客がまばらだ。 行きやすい場所なのにねー。不思議だ~。ただ、温泉であれば、多少行くのに時間がかかるが、草津の方がはるかに良い。夏にいっても、あの暑い中での熱い温泉が、体にほどよいし、熱い温泉からでてきても、すごく気持ちがさわやかになる。伊豆もよいけれど、やっぱり、どことなく、草津の方が身体にきくような気がする。どうなんだろうね。 今回は、下田だ。下田は、何年ぶりだろう。確か、下田東急に泊まったような気がするが、今回はちょっと違う温泉に。 29、30日での1泊2日だと、30日が休みじゃないと、なかなか宿泊で来る人も少ない。そんな状況なので、駅前は、かなり閑散としている。 昼食は、駅前のお店で食べたが、何だか、金目鯛の看板が多いので、とりあえず、金目鯛の煮付けの定食にしてみた。うん、確かにうまい。あまり、煮付けが好きじゃないが、かなりうまい。 ホテルに行くには、時間がはやいと、少し近場を観光した。ブラッと歩いていると、結構、名所のある街らしく、歴史を感じるものが多数ある。その中でも、おっと、これは?と目を引いたのが、龍馬像だ。…

続きを読む

忘年会旅行、すばらしい部下たちと

今年も、また、忘年会旅行に行って来た。なかなか、この歳で20歳以上も歳の離れた若者と旅行にいくことはないのに、毎年この時期になると、若者が忘年会旅行を企画してくれる。 人数がそろわなければ、夜のハトバスツアーで1年をしめくくるっていうことでもよいのだが、今年は、新入社員も参加して、大盛り上がりだった。いや~、楽しかった~。 本当に上司思いの部下たちなんだろう。行きの電車でも、ビールを大量にのみ、旅館についてたら、ついたでのみ、結局、相当飲んでしまった。 私のくだらない話に飽きずに聞いてくれるなんて、本当にえらいね~。 今年は、熱海だ。熱海の温泉旅行は、なかなか楽しい。温泉が、やっぱり、本格的だから、温泉にはいるとドット疲れるが、あの熱さも非常に心地よい。 熱海もホテルなどがつぶれて、廃れたと思ったが、まったく違って大人数でかなりにぎわっていた。熱海復活か? ちょうど会社の忘年会の人たちもたくさんいた。熱海は、行きやすい場所だと思う。早く帰りたければ、新幹線があるし、ゆったり帰るならば、東海道線があるし、行き方がたくさんあって、すごく便利だと思う。 今回も、ホテルで、ついてから1回温泉にはいり、おきてから1回温泉にはいり、またまた、帰り際に1回と、合計3回も入ってしまった。ふー。 料理も良かったし、本当に楽しかった。 私が、若かりしころ、部門の忘年会旅行があって、旅行にいくととんでもなく飲み人たちで、この飲み方をする先輩と絶対に忘年会旅行に行きたくないと常に思っていた。当時は、ビー…

続きを読む

年末恒例の忘年会旅行

もう早いもので、今年も1ヶ月をきり、来週から忘年会強化月間が始まる。 その前哨戦ってことで、恒例の忘年会旅行だ。もう何回やっているのだろうか? 何となくだが、もう10年ぐらいやっている気がする。10年一昔だから、1回目が随分古く感じる。始めは、結構人数がいたが、それにしては、一番しょぼい旅館だった。旅館っていうよりも民宿かもしれない。 いまでは、考えられない。大人数を収容するホテルがもしかすると空いてなかったのかもしれない。 一応、温泉風呂だということだったが、やたらぬるい。最悪なのは、露天風呂だ。小さな露天風呂がついていたが、なんと、ぬるくて入ることができない。 露天がぬるいなんてきいたことがない。そんな旅館から始まって、いまでは、かなりグレードの高いホテルになっている。さすが、幹事!幹事は、若手社員が対応してくれる。この若手が、この時期になると、しっかりとホテルはとってくれるは、電車の手配はするは、大活躍してくれる。 いまどきの若者にしては、珍しい。もう親子ぐらい歳が離れているのに、よくつきあってくれる。 どちらかといえば、上司と一緒に飲みたい、っていう人はあまりいないのに、私ですら、役員と飲むと気を使うし、めんどくさいと思うのに、本当にえらい!こんな私に付き合ってくれる若者は珍しい。 今回は、熱海! 熱海は、割と近いので行きやすいし、温泉で外れることはないので、大好きだ。 ただ、駅前の商店街をなかなか思い出せない。熱海と伊東と箱根がまざってしまって、いつも買うお土産が何だ…

続きを読む

阿部、5億7千万で契約更改

昨日、インタネットを見ていたら、ジャイアンツの阿部が、1億7千万増の5億7千万で契約を更改した。 この5億7千万は、大魔神・佐々木の6億5千万、ゴジラ・松井の6億1千万に次ぐ歴代3位の高額年俸だそうだ。 この1年で1億7千万もあがったのは、すごいことだと思う。サラリーマンだと1生分ぐらいの年収かな? ちょっと前は、3億円ぐらいだった気もするが、それにしても、阿部の活躍なくして、ジャイアンツの日本一もなかったので、これぐらいもらってもよいのかもしれない。 しかし、5億7千万か。すごい金額だね~。1日100万以上つかっても使い切れない額ってすごいことだと思う。 これぐらいもらえば、家でも買おうか、なんて小さなことをいわず、マンション1棟買っちゃえって気分なのかもしれない。もし、これぐらい給料をもらったら、何買おうかな。貧乏人は、こんなときにお金の使い方がわからない。 思いつくのは、ちょっと上品な居酒屋で大盤振る舞いでもするか、なんておもったりするが、それでもなかなか使いきれるものではない。万葉倶楽部を1日借り切るなんてことしたら、すこしは、お金を使った~って気になるかもしれない。 阿部のようにあがる選手は、よいけれど、小笠原のように大幅ダウンもプロ野球選手の厳しいところかもしれない。 阿部、小笠原ぐらいになると、途方もない金額なので、ピンとこないが、若手選手の年俸減の金額が私の年収ぐらいのケースがあり、そのときは、ちょっと自分にガッカリしてしまう。 プロ野球選手のように浮き沈みがない…

続きを読む

忘年会旅行

今年もこの時期がきた。若者と一緒に忘年会旅行に行ってきたが、この旅行が終わると、今年ももう終わりって気になる。今年は、金曜日の午後に特に急ぎの仕事がなかったので、休暇をとり、自宅から旅行先にいってきた。 今年の場所は、三浦海岸のマホロバマインズ三浦だ。 いつもならば、特急で指定にのって、列車のなかでも飲みながら行くのだが、今年は、私鉄にのっていった。ちょっと、遠い。自宅からいったので、みんなより先につき、サッサとチェックインして、温泉につかって待機したが、温泉は海辺なので、塩味がする温泉だ。でも、熱く、気持ちがよい。じっくりとつかり、みんなが来たので、宴会開始だ。 死ぬほど、ビールを飲んだ気がするが、せっかくの三浦海岸なのに、料理がなぜか、肉だ。うーん、不思議だ~。 しかし、ものすごく人が多くて、大盛況だった。この時期に三浦海岸のホテルにここまで人がくるとは、不思議でならない。なぜなんだろう。 朝に風呂にいったら、たいてい、朝風呂はガラガラなのに、これが驚きの人のかずで、ビックリした。とにかく、朝風呂にあんなに人がいるのをこれまで経験したことがない。 家族や、会社の忘年会の集団だけでなく、割と年配の女性が団体できていたが、こんなグループを忘年会の旅行でみたことがない。もしかすると、三浦海岸なので、きやすいからなのかもしれない。 このホテルは、リゾートマンションを買い取ってホテルにしたのかもしれない。部屋の中に台所があったりしたし。 でも、一部屋が広いので、何となく優雅な気持ちになれ…

続きを読む

国慶節でラクダが・・・

昨日、ニュースを見ていたら、気になる嫁さんに出演していた、山田吾一さんが、なくなった。この番組で、よくお手伝いのタマさんが、”てるおぼちゃま”と呼んでいたのが、山田吾一だ。あとは、文彦に力丸だったが、そのてるおぼちゃまがなくなり、文彦役の石立鉄男もすでになくなり、昔の番組の人が、気づくとなくなっている。まあ、80歳近いのだから仕方ないのかもしれないが、子供の頃によく見ていた番組に出ていた人たちがなくなると、自分も歳をとったとついつい思ってしまう。 先日、ボーっとテレビを見ていたら、中国の国慶節での出来事をやっていた。ちょうどこの頃になると、日本への旅行客などがたくさんいるのに、今年は、尖閣問題もあり、日本への旅行客がめっきりと減り、その分、中国国内への旅行客が増えたそうだ。 そのせいか、万里の長城など、まさに行列となって、歩くような状況で、道幅にぎっちりと人がいて、それが延々と続いている状況で、あれじゃ、観光って感じがしない。 よくあの長蛇の列に並ぶ気になるものだ。かなり前に、石原裕次郎の何回忌だったのか、イベントが国立競技場であったときの人波がこんな感じだったと思う。国立競技場の周辺をグルグルと長蛇の列ができて、なかなか進まないって感じなのに、列を崩すことなく、でも、ほとんど前に進むことなく、ものすごい人がそこにいた。 万里の長城もあれで、前に進むのだろうか、と心配してしまうぐらいすごい人だった。 それと、もうひとつ、敦煌だったかで、観光でラクダにのって観光するというのがあるそうだが、…

続きを読む

箱根旅行(2)

30、1日と箱根に旅行にいったが、東海道本線を利用したため、小田原からの電車だったので、小田原でいったん下車して、小田原の散策をしてきた。すごく久しぶりで、小田原城にいってきたが、小田原城って城なのに、なぜか動物が沢山いたという記憶があったが、沢山ではなくて、猿のおりがあって、猿を見ることができる。何で、猿なんだろう?という疑問はあるが、何となく、以前きたときは、鹿とか、そんな動物もいたような気がする。奈良と間違えているのかな? そんな小田原城に久しぶりに上ってみた。城にのぼりたいと思っても、これまで登ったのは、鶴ヶ城と松本城だけで、ほかにのぼったことがない。小田原城の中に日本のお城一覧があって、これが、とんでもない数で、まだまだ、これだけの城が日本にあるのか、と感心してしまった。今年こそ、名古屋城、大阪城は、ぜひともいってみたい。今年こそ、城廻でもするか。 そんな小田原城は、5月3日に開催される”小田原北條五代祭り”の準備で、大忙しらしく、まちのいたるところでのぼりがでたり、城の中では、露天がでたりしていた。もう少し後でいったら、この小田原北條五代祭りを見ることができたので、ちょっと残念。もともと、小田原で散策を計画したわけじゃないので、仕方ないことなのだが。 そういえば、小田原を歩いていると、万葉の湯に遭遇した。なんと、私の好きな万葉倶楽部じゃないか。何だか、ちょっとうれしいが、まさか、小田原にきて、万葉の湯にはいってどうするって感じなので、やめた。 小田原といえば、かまぼこだと思って…

続きを読む

箱根旅行

昨日から、箱根に旅行にいき、温泉を満喫してきた。箱根といえば、近いけれど、いくのが非常に不便で、これまでは、小田急線のロマンスカーにのっていくことが多かったが、今回は違うルートでいってきた。ロマンスカーは、非常に便利だが、新宿にでるのが、非常に不便で、結局、東海道を使っていってきた。 結構、昨日はにぎわっていて、箱根湯本から強羅にいく登山鉄道は満員だった。小田急線も小田原から、箱根湯本は単線になるので、これまた、距離の割には、駅で止まっている時間がちょっとある。便利そうで、不便な感じで。 結局、初日は、どこもいかず、箱根湯元の商店街でいろいろとめぐって、温泉に早々にチェックインした。 この温泉が、実際には期待以上に、すごく良くて、ホテル自体は、満室だったらしいが、温泉でみかける人が極端にすくない。朝のバイキングにいったときに、満室だったんだな~とあらためて理解したって感じだ。 ホテルについて、すぐに温泉にいったら、2~3人しか温泉にはいっている人がいなくて、まずは温泉で汗をながし、すかさず、ビールを飲んでみた。これですよ、GWなどの休みに、休んだな~と感じるのは。温泉にはいって、ビールをたらふく飲んで、これこそ、疲れをいやすもとだ。 夕食前に温泉にいったときに、とりあえず、体重をはかり、食事後にまたまたはかると1キロちょっと体重が増えている!うーん、これはどうしたことだろう、と思いつつ、再度寝る前に温泉にいって体重をはかると、1キロ以上へった。食事を食べる前よりもやせていた。 さすが、…

続きを読む

忘年会旅行

昨日は、恒例の忘年会旅行に部下といってきた。毎年1回ながら、かなり長続きしている。もう10年ぐらい続いているのだろうか? 当初は、露天風呂がぬるかったり、料理がしょぼかったりしたのに、いまは、かなりグレードが上がり、毎年楽しみにしている。今年は、勝浦の温泉に、去年いった鬼怒川と同じチェーン店らしいが、ホテル三日月にいってきた。当然同じ系列ということで、黄金風呂がある。展望温泉なので、海の景色がすばらしい。 いったその日に温泉にいったら、誰もいなかったのに、やっぱり、朝にいくと大量の人がはいっている。まあ、真夜中にいくと暗いし、景色がよくわからない分、朝は絶景で、海が一面見ることができて、非常にすばらしい。 ただ、残念だったのは、初日に2回温泉にはいり、朝、早くおきてから、温泉にいって、帰りがけにもう1回入ろうと思って、温泉にいったら、もう掃除が始まり、入れなかった。残念無念。 チェックアウトが10時だから、せめて、10時までは温泉にはいってもよいのでは?と思ったりして。9時で朝は終わりっていうのと、夜は0時で終わりっていうのは、どうしても時間が短いと思う。仕方ないか。 料理は、大量にでるのだが、火を使うものが多くて、同時にやるので、冷めてしまう。ちょっと残念。 でも、おいしく、楽しく食べ、飲みさせてもらった。やっぱり、旅行だと、幹事がかなり大変だと思う。毎年、よくやってくれていると思う。上司思いの、よい部下たちだと思う。 今回は、あたったデジカメで写真をたくさんとった。このデジカ…

続きを読む

続・熱海旅行

先週、行って来た熱海旅行の続編でも。今回は、夫婦で行くということで、とりあえず、温泉にでもつかればよいかと思って、あまり無茶な行程はやめて、のんびり電車でいったら、少し観光してホテルにはいり、翌日は、お土産を買って帰るというシンプルなスケジュールにしてみた。 さて、じゃ、どこを観光する?と思って、探してみると、あまり見当たらない。熱海城に登ったことがないので、行って見ようと思ったが、かなりはずれだし、いくのが面倒くさい。じゃ、近場の観光地といえば、MOA美術館があるので、ここにいくことにした。 以前もMOA美術館にいったことがあるので、絶対にいかなくちゃいけないってわけじゃないが、とりあえず、熱海まで来たので、貫一お宮のところではなく、やはり心豊かになるには、芸術だとばかりにいってみてきた。 館内にはいるといきなり、”館内の説明をするボランティア活動をしています。どうですか?”と聞かれ、あまり詳しく説明されても面倒なので、早速断り、二人で館内をダラダラと見学することにした。 MOA美術館の中にある展示物は、すべてが本物だそうだ。国宝級の尾形光琳作成の”紅白梅図屏風”だけは、文化庁だったかの約束で年間30日(ちょっとあやふや)だけ公開してよいという取り決めがあるようで、外部へ持ち出して公開してしまうと、それだけ、この美術館での公開の日数がへるらしいです。結局、この日付の縛りがあるので、この屏風だけは公開可能な日数以外は、模造品が公開されているそうです。 ただ、このMOA美術館の目玉といえば…

続きを読む

熱海旅行

この金土と熱海に一泊で旅行にいってきた。熱海と伊東と箱根の町並みの区別がつかず、これは、あれは、と思い出してみてもすべてが熱海と違っている。うーん、そうなると熱海はいつ以来?と思って、行って来た。 熱海は、家から近いというか、踊り子号でいったら1時間ぐらいで現地についてしまう。 そんなこともあり、とりあえず、ビールでも買ってと思っていたら、買いそびれ、横浜のホームで買おうと思ったら、ビールを売ってない。そんなばかな~、と思いながら、探してもお店がない。仕方ない、1時間ぐらいだから、我慢して電車に乗ろうと思ったら、いまは、電車の中で生ビールを売っている。知らなかった~。いつから、生ビールを売るようになったんだろうか。というわけで、生ビールを飲んでみた。ただ、つぎ方が下手なのか、泡が多い。まあ、電車も揺れるし、そこは仕方ないか。とりあえず、生ビールを飲んで熱海へ。 昼食は、事前に調べたそばの美味しいお店”おそば 利久庵”で。ここは、そばがうまいが、それ以上にしらす丼が異常にうまい。うますぎる。私は、本日のメニューで、このどんぶりとせいろもりを食べた。当然といえば、当然ならば、またまた、生ビールをグイッと飲んだ。 また、飲むのか、と思いながらもついつい、ビールを飲んでしまう。ちなみに、熱海は坂が多い。その坂道を歩きながら、ふとみると温泉がところどころに。 よし、これだったら、すべてわいている温泉を探すかと思ったけれど、残念ながら3つぐらいしか見つけることができなかった。そもそも、まじめに探す気…

続きを読む

グランクラス

最近、飲みすぎのせいか、どうも疲れがとれない。こんなときは、温泉が一番だと思ってみたものの、なかなか休みを良いタイミングでとることもできず、少しヘトヘトだ。 2月といえば、梅の季節だし、若かりし頃は、水戸の偕楽園によくいったものだが、気力がわかない。偕楽園は我慢するにしても、時期的には桜も良い感じなので、伊豆・伊東という手もある。伊豆・伊東ならば、温泉もある。横須賀線が近くに止まる様になり、さらに、黒潮なんとかという直通の電車ができたので、うまく日にちさえ合えば、温泉に行くことができる。まあ、しょちゅう行くほどの財力はないにしても、何とか温泉に行きたいものだ。そこで、疲れをとるために、何回も温泉にはいって、合間にビールを飲んで・・・。書いているだけで、今以上に疲れるような気がしてきた。 そんな温泉に行きたいと思っているときに、何と新幹線にデラックスシートができたというニュースをみた。名づけて、”グランクラス”だ。なんと、心地よい響きだ。高貴で、豪華なイメージで、よくこのネーミングを考えたものだ。 そろそろ、新幹線も飛行機に負けたりするので、少しでも快適に旅行してもらうことを目標に、このシートができたのかもしれない。いや~、豪華、豪華! 乗ってみたい~。ただ、新幹線であっと言う間に目的地についてしまったら、まったくありがたみがない。せめて、3時間とか、4時間とか、乗っていると、ありがたみがでてくるかもしれない。 どうやら、はじめは、東北にいく新幹線にできるようなことが書いてあったと思う。東…

続きを読む

続々・伊豆高原旅行

旅行から帰ってきて、すぐに働くのはちょっと辛い。体がなかなか追いついていかないが、働かないと食べていけないので、働く限りは真剣に働かなくちゃ。なぜか、ここ数日間、朝ものすごく早く起きてしまう。ついに、おじいさんの領域に来たのかもしれない。 夜も遅くまで働いて帰ってきたが、良いことが一つ。タイガースに3連勝したジャイアンツが、前回3連敗のドラゴンズに対して、まずは1勝した。にっくき、チェンを打ったことが大きい。そもそも、タイガース戦で、最近調子が悪く、送りバントを指示されて、失敗してしまった小笠原が、見事にホームランで屈辱を跳ね返した。小笠原は、さすがだ。 クライシンガーが、途中崩れて点を取られてしまったが、その後の久保、越智と良い感じで抑えて、最後にクルーンで見事に逃げ切った。これで、残りのドラゴンズ戦は、1勝1敗ぐらいで良いはず。贅沢に3連勝狙いはさすがに好調ドラゴンズには無理だと思うが、あとは内海、東野なので、どっちかで1勝はできると思う。ここにきて、中継ぎがしっかりと抑えているのが良い。やっぱり、阿部の復帰が大きいかな。どちらにしても、本当に良い出来事だ。 さてさて、伊豆高原旅行ももう書くのをやめようと思ったけれど、考えてみれば、宿の情報をのせないのは、ちょっと失礼かなと思って、宿の情報を書いて、宿から割引券でももらおうと思う。そりゃ、無理か。でも、この宿、本当に良いです。まず、送迎バスのおじさんが、非常に親切で、宿につくとすぐに飲み物と和菓子がでて、宿の手続きを行い、次は、そのまま、…

続きを読む

続・伊豆高原旅行

この2日間、伊豆高原に行ったが、この炎天下の中を歩いたせいで、日焼けしたみたいで、顔が痛い。ちょびっとヒリヒリする。うーん、困った~。なかなか、良かったので、この伊豆高原旅行の続編を。 風呂上りの牛乳で思い出したけど、1本180mlか、200mlの瓶の牛乳で昔は、キャップのところはビニールの紙がかぶせられていて、それをはがした後に、紙のキャップを外して飲むのだが、子供の頃のイメージに比べるとビニールがかぶさっているわけじゃなくて、むかないと取れないぐらいにきっちりとかぶさっている。てっきり昔のイメージだったので、ビニールがかぶさっている状態でキャップをとる針がついたものでぐいっとやったらまったくとれないので、良く見たら、ビニールよりもプラスチックっぽいのがかぶさっていて紙のキャップと一緒にとることができなかった。うーん、しらなかった。それにもっと大きな瓶だった気がしたが、かなり小ぶりの瓶のような気がした。昔に比べると2回りぐらい小さく感じた。小学校の時は、必ず、牛乳がでていたし、銭湯にいけば、瓶のフルーツジュースか、コーヒー牛乳をたまに飲んでいた。銭湯で飲むのは、本当にうまかった。最近は、銭湯にいかないので、いまもそれを売っているのかわからないが、ものすごく美味しい飲み物だった。というわけで、その頃を思い出して、瓶の牛乳を飲んだけれど、結構うまい。この宿のサービスはすごく良い。 部屋にいくと、ウーロン茶とミネラルウォーターが2本ずつ、冷蔵庫の中にサービスで入っていて、備え付けの冷蔵庫のは、ビー…

続きを読む

伊豆高原旅行

この日月と休みをもらって、夏季休暇をとって伊豆高原に旅行に行ってきた。どうも旅行に行くと死ぬほど飲んでしまう。昨日は、電車の中で1リットル飲んで、宿に飲んで、食事の時に飲んで、と飲んでいたら、ひどく酔ってしまった。そもそも、旅行に行くと誰も飲まないので、一人で永遠と飲むことになるのだが、さすがに一人で飲んでいると、面白いほどに酔ってしまって、自分でも何が何だかわからなくなる。 昨日は、高原ビールという地ビールを飲んだが、地ビールは、好き好きがあると思うが、飲んでいるうちに癖になると思うが、私は、あまり好きじゃない。思った異常に値段も高いし、やはり、地ビールじゃない不通のビールになれてしまうと、ちょっと違和感がある。銀河高原ビールもちょっと味が違ったりするが、それと同じような味がする。飲み続けると、非常に美味しく感じるのだが、1杯だけだとちょっと違和感ありありだ。昨日は、地ビールを飲んで酔った後は、その土地でしか聞いたことがない焼酎をロックで飲んでみた。これも、ちょっと味がよくわからない。酔ってしまおうというときは、ロックと決めているが、ロックで酔っても、食事で酔って、泊まったホテルは、食事もよければ、温泉も良い。 温泉で露天にはいってボーっとしていたら、何か木陰で、大きなものが動き、何だ?と思ったらリスだった。あ~あ、よかった。これで猿だったりして、温泉に入ってこられたらビビッてしまう。リスが気持ちよく、木陰を飛び跳ねている中で露天の温泉にはいって非常にくつろいだ。あげくに、木立にあるので、虫…

続きを読む

箱根旅行・秘話

この土日の箱根旅行でいろいろと面白かった出来事があったので、紹介。 その1・客に優しい旅館の人たち 今回、初めて箱根の少し奥まったところのホテルに泊まったが、ここの従業員の方たちが、非常に優しい人ばかりで気持ちがよかった。また、来たいとついつい思ってしまうぐらいに気分が良いホテルだった。特についてすぐに温泉に入って、浴衣も”大”と書いてあるものを着たが、これがかなりの寸足らず。それを着て歩いていたら、従業員の女性に呼び止められて、”特大”の浴衣をすぐに手渡してくれた。こりゃ、非常に珍しい。あと、料理を運んでくれる女性が、非常に気さくで面白かった。いつも、料理を運ぶ人はあまり話をしないが、ここの女性の従業員は、話好きなのか、面白い話をたくさんしてくれた。ちなみに、チェックアウトで送迎の車で宿をでるときに全員で見送ってくれた。いや~、気分が本当によかった。何となく社長になった気分だ。今度は、社長になってから、大きな顔できたい。ただ、社長になれるのだろうか。トホホホ・・・。 その2・くしがなくて髪がボサボサなのに いまのホテルは、割といろいろと揃っているので、特に何も持っていかなくても良いはずが、なぜか、くしが置いてなかった。これは、珍しい。髪を洗って、ドライヤーで乾かしてもくしもブラシもないので、とかせない。仕方ないので、ほっておいて、奥さんに、”くしもブラシもないから、髪がボサボサだ”と言ったら、”いつもと変わらないからわからなかった”と言われた。そういえば、その昔、私の部下にも同じ…

続きを読む

箱根旅行

この土日を使って箱根旅行に行ってきた。今年は、夏休みも旅行に行かなかったので、ちょっと遅れてだが、近場の箱根に温泉につかりにいった。ここ数日、相変わらず、めまいがおさまらないので、疲れを取れば治るかな~、なんて思っていたが、結局、ひどくなることはあっても治ることはない。あ~あ、どうなっているんだろう。起き上がったり、寝たりするときが異常にひどく、このままだと少しまずい。これまでは、数日、薬を飲めば治ったのに、なぜ、今回は治らないのだろうか。うーん、やっぱりもう一度医者にいかないとダメかな。 まあ、ただ、そうはいっても日常の生活にさして問題はなさそうなので、箱根の温泉につかれば一気に改善だとばかりにいってきたが、そう簡単に治りそうもない。今回の箱根の旅行は、少し良い感じの温泉で、あまり部屋数は多くないホテルで、全室温泉がでるそうで、私は展望風呂に1回と室内の大浴場に3回と相変わらず4回はいってきた。ここの温泉が、熱くて気分が良い。暖まっているとじわーっと体の心まで温まる。ちょうど、宴会のお客様がいたはずなのに、まったく温泉では、ほとんど人とあわなかった。4回入って、合計3人ぐらいしかあわない。温泉独り占めの状態だったが、それでも、広い場所を占拠できたので、ゆったりとつかれた。温泉につかって、疲れを癒したが、料理がこれまた大量にでて、これまた美味しい。いつも、食べ残すことが多かったが、今回は本当に美味しくすべて食べつくした。ちなみに、朝も豪華で美味しい料理で、今回の旅行は大満足だった。いつもならば、…

続きを読む

朝食バイキングにたこ焼き

火曜日の昼から、水曜日まで関西方面に出張した。この二日間、異常に暑くて、体力が消耗した。何だろう、このむし暑さは。東京に戻ってきても、じめじめしていた。あ~あ。 以前、出張した際に、泊まったホテルには、ドライヤーもなければ、くしもブラシもなかったので、髪をあらっても乾かせないし、とかせなかったため、翌日、髪が決まらず、ボサボサとなってしまった。ただ、元々、天然パーマだから、ボサボサであっても、誰も髪をとかしてないと気づかない。ちょっと寂しい。 今回の出張は、特にすごいサービスがなくても良いので、ドライヤーとブラシがあるところにしてとお願いし、予約してもらったが、今回は、非常に良いホテルで付帯設備がすごく良かった。 翌日精算するときに、スパがあることを知った。1500円ぐらい払うと何回でも入って良い。あ~あ、これを知っていたら、絶対にこれを使ったのに。ホテルの部屋の風呂は、もともと、シャワーが前提のようなものだから、非常に狭く、つかって疲れを癒すことができない。なぜ、スパに気づかなかったんだろう。もったいなかった。 それと、朝起きると、ドアに日経新聞があったり、いまじゃ当たり前なのかもしれないが、インタネット環境も装備されている。そんなすごい環境であっても、昨日は非常に酔っぱらっていて、サクッと寝てしまった。風呂も入らずに、こんなに酔ってどうするって感じがするが、ホテルから次に行く場所が5分ぐらいなので、朝から風呂に入りくつろいだ。そんなホテルの朝食は、バイキングだ。当然、洋食、和食の2種類…

続きを読む

ジャイアンツ、やっと勝つ!

せっかく、ヤクルトに3連勝して、この調子のよいままに、阪神との3連戦をむかえ、まったくいいところなく、阪神の引きたて役のようになっているジャイアンツ!まったくの谷間なので、先の2試合、高橋尚、木佐貫を先発にだして、勝てなければ、今日もダメだと思っていた。 水曜日とほぼ同じぐらいの時間に帰り、食事の準備を奥さんにしてもらい、ニュースを見ながら食事をしていた。 さて、スポーツニュースの時間がきて、今日もまた負けかな?と思いながら、楽しく見ていたら、おくさんが、”ジャイアンツは、今日も負けたよ”、なんてこった!せっかく、スポーツニュースを見ながら、ジャイアンツの試合の結果を楽しみに待っていたのに、先に言いやがって。 確かに、試合の流れは、完全に阪神ペースで進み、ジャイアンツのでてくるピッチャーがことごとく打たれ、まったく勝つ感じがしない。そんなニュースを見ながら、やっぱりジャイアンツは負けて3連敗ってことだね、と思った。 ただ、徐々に点を奪って、差を縮めて、”ここでバッターはラミレス。昨夜は、ホームランのあたりをヒットにされ~”なんて、アナウンスの紹介。あ~あ、今度はセンターフライか。ことろが、”昨日の悪夢をぬぐいさるラミレスのいちだ~"なんて、いっている。しかし、奥さんにジャイアンツは負けだときいているので、じゃ、今日は、クルーンが打たれるのかとおもっていいたら、きちんとクルーンがしめてジャイアンツの勝利だ!なんだ、奥さんは、私をさからったのか?奥さんに聞いたら、”あっ、その前の試合と間違えた…

続きを読む

箱根旅行その3

箱根旅行で癒した体も、家に帰ってくれば元の木阿弥だ。もう、疲れがたまってきた。最近、どうも疲れやすい。腐るほど気をつかうこともあるし、歳とともに悩み事が増えてきた。頭も体も疲れがたまってきた。温泉に1泊ぐらいじゃ、疲れは取れないようだ。まあ、そんな箱根旅行の余話を今日も。ちなみに帰ってきた昨日は、ダラダラと過ごしました。もともと、ダラダラと過ごすのが一番似合っているので、GWというか、いつもの休みのような過ごし方になってしまっているが。 余話1・新入社員によるお客様対応 さて、今回の旅行では、ホテルは新入社員の研修のようで、部屋への案内や、食事時の給仕などは、新人の方がやっていた。部屋の案内をしたら、アイスブレイクじゃないが、お客との会話が必要らしくて、なれない新入社員が気を使いながら話しをしていた。いや~、初々しい。給仕も運んでくるたびに料理の説明をしたり、ビールを頼んだら、ビールのグラスの置き方が、右横から始めはもってきたのに、先輩に注意されたらしく、おかわりを頼んだら、今度は左後ろからグラスを置いた。先輩もよく見ていると思うが、注意してすぐに直すなんてすばらしい。 そんな富士屋ホテルも少し小高いところにあり、結構歩かないといけなかったが、エレベータができて、これまで遠回りしてあがったのに、簡単にあがれるようになってきた。本当にサービスがよくなった気がする。 余話2・三善英史さんが富士屋ホテルにいた ちなみに、奥さんの話では、売店に三善英史さんがいたそうだ。売店のお姉さん…

続きを読む

箱根旅行その2

箱根旅行の続編。初日は、午前10時発のロマンスカーにのっていたため、さすがに午前中からビールを飲むわけにもいかず、昼はラーメンだったので、これまた、飲むわけにもいかず、ホテルに帰って、まず温泉に入ったあとで、生をグイっと一杯。夕食まで時間があったので、続いて、サワーを一杯。さすがに温泉にじっくりとつかって腹もへっているので、夕食は生をグラスで3杯グイッと飲んで、美味しい料理を食べた。料理は、コースの料理だったが、腹がへりすぎているので、料理が出来上がる速度を超えて、私たち夫婦は食べまくったので、料理と料理の間に時間ができてしまった。さすがに、お店の人が、”次の料理を作っていますが、後の料理ができているのでお持ちしてよろしいでしょうか?”と言われ、望むところ!とばかりに、どうぞどうぞと言ってみた。なぜか、本当にお腹がへっていたので、ガツガツと食べた。夕方から、結構飲んでしまったので、食事が終わったあとは、飲みすぎて部屋で寝ていたが、もう一度温泉にいかねばと、夜にもう一度温泉に。いつも思うのだが、ついてすぐに温泉にいくと、本当に人がいない。みんな温泉にきているのに、温泉に入らないのだろうかと思ってしまうぐらいで、夜に温泉にいっても、やはりそれほど人がいないので、ゆっくりと入ることができた。 寝つきは異常に良い方なのだが、いつも温泉にいくと和室に布団のはずが、今回は豪華な和洋室でベットがついているので、ベットで寝た。寝なれないベットで熟睡できず、朝は5時過ぎに目が覚めてしまった。仕方ない、また、温泉だ…

続きを読む

箱根旅行その1

昨日から、箱根に1泊で旅行に行って来た。箱根は、毎年1回は行っているが、最近、温泉に行くときは、必ず奥さんか私の親を連れて行っていってあげるため、夫婦で温泉に行くのは珍しい。箱根と日光は二人にとって鬼門で、箱根はすぐに喧嘩となり、日光は必ず悪天候で早くきりあげて帰ってくることが多い。 そんな久しぶりの箱根旅行で、箱根湯本の前にある、富士屋ホテルにいってきた。行き方はいろいろあるけれど、ここはオーソドックスに新宿からロマンスカーで箱根湯本までいってきた。新宿から箱根湯本だと1時間ちょっとでつくため、あまりゆっくりとしていられない。まあ、仕方ない。 新宿に行ったとき、時間がまだあるので、クリスピードーナッツでも買うかとお店にいったら、結構空いていた。以前の印象では、並んで結構まつイメージがあったが、たまたま、平日だったので、空いていたのかもしれない。 奥さんが、欲しがったこともあるので、とりあえず、私も1つお願いして、奥さんに買ってきてもらったら、二人で旅行にいくのに、ドーナッツを5個も買ってきた。そりゃ、食えないぞ。だって、もともと、間食をほとんどしないし、甘いものをたくさん食べる趣味はない。結局、5個のドーナッツは、私が自分で頼んだものを1つ完食した以外は、おくさんがすべて食べなかったため、行きに買ったドーナッツは、帰りもすべてなくなることもなく、自宅まで持ってきた。 これだったら、帰りに新宿によって買えばよいのに、荷物になるばかりだった。 まあ、そんな珍道中で、行きの昼食は、弁当を買っ…

続きを読む

日本は広い

昨日は、朝から関西で打合せがあり、出張した。ところが、なぜか、急の春の嵐のせいで、天気が大荒れで、大変だった。 何よりも嫌いな雷が、でかけようとしたとたんに鳴り響き、風は強風の上に雨はすごい。雷は、子供の頃にテレビの後ろを触って感電した以降、電気に弱く、特に背の高い私は、雷が真っ先に落ちるため、雷が鳴っているときは、外に出たくない。新幹線の時間も決まっていることから、仕方なく、雷が鳴っている中、家をでて、駅に向かった。雨、風がすごかったので、大きな傘をさしていったが、ズボンはびっしょりになり、足に張り付くのを我慢して、関西に向かった。 ところが、関西は雨どころか、晴れ、もしくは、曇りの状況で、大きな傘を持っているヤツなど誰一人としていなくて、多分、電車に乗っている多くの人たちは、こいつはちょっとおかしいと思ったに違いない。でもでも、あの大雨の嵐の中を折りたたみ傘で駅に向かうことは出来なかったので、荷物になってしまうことを承知で、大きな傘を持ち歩いていた。 たった、2時間の圏内なのに、かたや大雨、嵐で、かたや晴れとなると、日本は本当に広いなー。かたや桜が散り始め、かたや桜が咲きはじめる。小さな日本の中で、こんなにまったく逆なことが体験できるなんて、すばらしい。 ちなみに、帰りの新幹線の席をアシスタントにお願いして3席準備してもらい、あさっての会議の話をしようと思ったら、なぜか、一緒にいったやつが、その席割りを変更したため、3人が2人がけの席にバラバラに分かれて縦に並んでしまった。こんな席割り…

続きを読む

迎賓館に行きたかったのに・・・

日本にあるのにまさにイギリスの宮殿のような洋風の建物である迎賓館。以前、はとバスの東京散策で回ったときに、絶対にこの建物に入ってみたいと思っていた。毎年夏ぐらいに一般参観ができるらしく、ここ2年ぐらいは、本館の改修工事をやっていたため、参観の募集をやってなかったが、今年の3月に工事が終わり、今年は見ることができると楽しみにしていた。 3月になっても、まだ工事中となっていたので、どうしたんだろうと思っていたら、なんと工事延期のお知らせが。あ~あ、もー。あげくに、今年の参観は中止だといわれ、また、1年待たないといけないの?困るなー。是非とも入ってみたいのに。残念だ。 そういえば、今年のGWの旅行計画をまったくやっていない。こりゃ、ピンチだ。早く計画を立てないと、もういっぱいでいけなくなってしまう。うーん、どこに行くかな。 やっぱり、温泉かな。とりあえず、近場であれば、伊東か、熱海か。箱根も良いね。ロマンスカーが新しくなったみたいだし。ここはひとつ久しぶりに箱根にでも行こうかな。 あとは、突発的な仕事が入らないことを祈るばかりだ。 来週、仕事で奈良にいくのだが、奥さんが遊びで行くんじゃないかと疑って仕方がない。誰と行くんだ、とか、どこに行くんだ、何しに行くんだ、とか。面倒なのですべてを秘密にしていたら、カレンダーに”奈良桜見学”を書き込んでいた。そんなバカな。桜見学じゃないっつうのに。 まったく信用がない。まあ、こればかりは、芸の肥やしだから仕方ない。じゃなくて、本当に仕事です。忙しいから日…

続きを読む

万葉倶楽部

昨日は、3ヶ月ぶりぐらいに有休をもらって、万葉倶楽部に奥さんと一緒に行ってきた。今年度は、夏休みを8月にとれず、9月に奈良・京都に行くため、有休をとったが、ほとんど平日の休暇はない。今年度は、数えるとわずか6日しか取っていない。働き詰めだ。いかんぞ、こりゃあ。社会人として、きちんと休みはとらないと。考えみれば、3ヶ月前の休暇は、奥さんの家族と旅行のために取り、部下の親がなくなったということで、休暇を返上して、温泉から会社に戻ったんだ。本当に、まさに馬車馬のごとく(この例えの意味がいまいち、わからないが)働いた。毎月1回は、きっちりと休みをとってくつろぎたい。じゃないと、体が持たない。 さて、そんな休暇の少なさを嘆いてもしかたないが、みなとみらいにある、万葉倶楽部は、何回行っても良い。本当に、ものすごくくつろげる。何回目だ?会社の提携のサービスで数百円だけ安くなるが、いっそうのこと、会員になっちゃおうかなと思うぐらいだ。良いのは、家からも近い。電車で15分ぐらいだし、1時間もかからずつく。以前は、大江戸温泉に行っていたが、万葉倶楽部ができてからは、行くのが簡単なので、すべてこっちだ。 昨日も10時半頃に家をでたのに、11時ちょっとすぎにはついて、温泉に入っていた。平日の午前中など、人がほとんどいないので、ガラガラで、温泉につかり放題だ。くつろげる、本当に。露天風呂もあるので、外の景色をボーっと見ながら、仕事のことを忘れて、くつろいでいると、疲れが一気に取れる。温泉に入って出てきたら、当然、ビール…

続きを読む

さあ、温泉に行こう

昨日も相変わらず、仕事と同じように呑んで帰った。今日は、二日酔いだ。食べないで呑むから、良いお酒を呑むと残らないが、ちょっと休めのものを呑むと悪酔いしてしまう。 会社では、この時期は、恒例のように組織の話が話題となっていて、これもかなり疲れる原因のひとつだ。これを一生懸命やるのは良いが、この期末に費やす労力をもっと違うところに使えば、もっと儲かるだろうに。仕事も疲れ、体も心も気持ちも疲れてきたので、たまたま、今月会議のない日が近々あったので、休暇をとることにした。 さあ、万葉の湯にいくぞ。万葉の湯でくつろいで、疲れを癒そう。 温泉にはいり、ビールを呑んで、温泉にはいって、またまた、ビールを呑んで。やっぱり、これだ。この自堕落な生活しかない。そういえば、ここまで万葉の湯をアピールしたので、万葉の湯クラブ(そんなのあるのか?)から、優待券がこないかな? ※この本は、面白いです。ホロッとさせる箇所もあります。    夜逃げ屋

続きを読む

梅祭り

先週は、金曜日に名古屋に出張し、その日は、東京で元部下と呑む日だったので、名古屋の会議が終わったら、新幹線にのって、ビールとサワーを飲んで、東京に戻って深酒をした。 昨日は昨日とて、会社に出勤する必要があって、帰りに、また呑んで帰ってきた。こりゃ、呑みすぎか。少し体をいたわらないと、体が壊れてしまう。さらに、気温の変化が激しいせいで、体が重いし、疲れは取れないし。あ~あ、歳は取りたくない。もしかすると、これは、歳のせいではなく、無茶な生活を送っているせい?まあ、どっちでも良いか。 疲れをとるならば温泉だ。温泉に行きたいな~。 熱海市観光協会のメーリングリストに登録しているので、毎月メールニュースがくる。熱海のページをみたら、梅祭りが始まっていた。いきたい、何としても行きたい。 以前は、この時期は、水戸偕楽園か、熱海梅園祭りにいっていたが、最近は、なかなかいけなくなってきた。仮病でもつかって、会社を休んで行って来ようかな(ウソです)。 ちなみに、熱海の梅祭りのページをみたら、驚くほどに、梅の種類があり、30種類ぐらいはあるらしい。どれもこれも、あまり知らなかったが。 梅祭りで、梅でも観賞して、お酒でも呑んで一日ボーっとしていたら、癒されるだろうね。夜は、温泉につかったりしたら、それだけで気持ちがリフレッシュされるだろう。 今年は、東京は雪も降らず、温暖の傾向にあるから、早く行かないと梅が枯れてしまうかもしれない。何とかしていけるようにテキパキと仕事でもするか。といっても、昨日も働いたか…

続きを読む

日本の世界遺産

最近、歳をとったせいか、妙に歴史に名を残したものを見たくなる。おととしは、はとバスで東京を回り、去年は、奈良・京都に行ってきた。奈良の東大寺や、法隆寺などを学生の頃の修学旅行以来だったが、妙に感動してしまった。やはり、日本の建造物は、ものすごく、きれいだと思う。日本の美ってことかな。京都も、京都御所に行ったことがなかったので、足を運んだ。 先ほど、TBSの”世界遺産”という番組で、日本の世界遺産ということで、奈良・京都をやっていたが、映し方がものすごくうまいせいか、自分で行ってみたときより、はるかに重みがあって、感動する。この遺産を私たちの代で終わらせてはいけない。この先、何千年も地球がある限り(日本かな?)、伝統を守って欲しい。ちなみに、ユネスコに登録されている世界遺産は830あって、そのうち日本のものが10件だそうです。 まだまだ、行ったことがないところは、たくさんあって、毎年1箇所は訪問したい。名古屋、大阪は、会社の支社があって、何回も行ったことがあるが、実は名古屋城、大阪城にいったことがないので、昇れるのであれば、のぼりたい。他にも、飛騨高山や、金沢に行きたいし、盛岡は20年前にいってから、まったく行ってないので、もう一度行きたいし、水戸や二本松の梅や菊の祭りにも、ここ10年ぐらい行ってないから行ってみたい。東京では、迎賓館に行きたい。迎賓館は、現在、改装中らしく、平成20年ぐらいまで参観できない。残念。 少しでも、この美しい日本の世界遺産を後世に残さないといけないと思う。自分で何が…

続きを読む

温泉帰りの会社はつらい

今日も、午後3時からの会議をサボるわけにもいかず、休み予定だったが、出社することにした。そもそも、その会議は、先週の金土で合宿があり、それは、昔の部下もふくめ、忘年会の合宿にいってしまったため、参加できず、永遠と会議メンバーから嫌味を言われ、これで、今日の最終プレゼンをサボると大変だと思って、くることにした。 そうはいっても、朝、6時におきて、温泉につかり、髪は洗うは、体は洗うは(昨日も3回風呂に入って洗いましたが)、で1度入って、朝の食事してから、また帰るまでに1回、今度は露天にはって、2度温泉に入ったあとで会社にきた。そのせいで、髪がバサバサになってしまった。 朝から2度も温泉につかり、その上で、泊まったホテルから、スーツをきて、会社に直出だ。 これをやるのは、非常に辛い。少しでも楽をしようとグリーン車で優雅に会社に出社しようとおもったら、こんな月曜日はおじさん、おばさんが多くて、その人たちが、私のグリーン券の購入を邪魔するがごとく(多分、本人たちは、そんな気はないだろうが)していたので、結局、私は普通車にのり、1時間30分以上かけて、戻ってきた。こりゃ、辛い。 本当は、グリーン車のチケットをとり、弁当とビールを買って、ゆったりとくるつもりだったのに。 結局、こんだ電車に乗って、何も飲み食いせずに、会社に出社した。 ただ、髪はパサパサで、温泉で疲れきっても、肌はすべすべだ。 男の私に肌のスベスベさは、重要なことなのか。よく、わからない。 話はかわるが、私は、今回も5回温泉に入っ…

続きを読む