混乱中?

新型コロナウイルスの影響で、ドラマの撮影ができずに、NHKの大河ドラマの”麒麟がくる”や、フジテレビの”スーツ”などのストックが切れて、いったん放送が中止になり、過去の番組や、そこまでを特集でやったりと、ドラマ好きの私にとっては、悲しい出来事が続いている。 特に、連続ものが、中断になってしまうと、ストーリーを忘れてしまう。 まだ、やる前のドラマの半沢直樹などは、よかったのかもしれない。しかし、困ったね。 この他にも、ゴルゴ13も連載が始まって52年で初の休載が決まったようだ。 サザエさんも新作のストックが切れて、再放送に切り替わるそうだ。 まあ、サザエさんは、過去の作品でも十分楽しめる気がするが、この流れは、いつ頃、解決するのだろうか。 やっぱり、治療薬などがでないと厳しいかな。 志村けんさん、岡江久美子さん、最近では、岡本行夫さんが亡くなったが、ガンのように自然に発症する病気じゃないし、誰かからもらってしまったということは、感染元の人がいるし、それを考えると、もっと感染しているのかもしれない。 もっとITを活用して、行動経路をきちんと収集しておけば、この人が感染したとなったら、その人の経路をみて、近くにいたかチェックして、もし、熱がでたら、すぐに検査ってことにした方がよいと思う。やっぱり、このIT活用も個人情報はすべて取得あり、となっている中国が一番先に、そんなインフラを準備するんだろうね。バックには、アリババなどもいるしね。うーん、日本頑張れ! さてさて、テレワークになり、会…

続きを読む

寝すぎ

今日が、GWの最終日だ。結局、この休み期間中、一歩も外に出なかった。 休み中に床屋でも行こうと思っていたが、5月6日まで緊急事態宣言だったので、我慢、我慢ってことで、行くのをやめた。さすがに、髪が伸び放題、ちょっと大変だ。 ついでに、外出しなけりゃ、髭もそらなかったら、ちょっとだけ、のびた。ただ、元々、顔立ちからして、髭が似合わない。 ふと鏡をみると、あごひげのあたりに、白髪が。うーん、歳をとると髭も白くなるのか。 もともと、髪は白髪が増えてしまったが、これがはげ始めたら、せめて、あごひげでものばすか。しかし、似合わないだろうね。 さて、やっぱり、大阪府知事の吉村さんってすごい。小池さんは、安倍さんと歩調をあわせて、今月末まで緊急事態宣言を延長、そのかわり、お金あげるといっている。休むのならばお金といっても、まったく足りない。それよりも、吉村さんのいうように、ここまで来たら、解除すると明言してもらった方がやる気が出る。吉村さんが、大阪城公園や万博公園(太陽の塔)、通天閣をライトアップして、危険度を通知する。このライトアップをみて、自粛を強化、緩和を判断すると言っていたが、このやり方ってすごい。そもそも、ゴールを明確にして、そのゴールに対して、現状どうだっていうのを可視化したわけだからね。 このやり方だと思う。いつまでたっても解除がいつなのかわからないやり方だと本当に明日が見えないから不安しかない。 吉村さんのように、ここまで来たら、解除だから、そこまで頑張るぞ、という方がやる気がでる…

続きを読む

テセウスの船、最終回

ふと気づくと、いろいろな大会が新型コロナウイルスのせいで、延期や中止に追い込まれている。 プロ野球は、3月20日が開幕だったのに、4月10日に延期し、さらに開幕が厳しいと4月24日に延期となった。ドームのように密閉された環境に何万人も観客がくるのは、クラスター感染が想定されるので、開催が非常に難しい。 この調子だと、4月24日にできるという保障すらない。この1か月で画期的に改善することはない気がする。 心配ばかりしても仕方ないと思いつつも、やっぱり、早期に治療薬が開発されないと、ちょっと厳しいね。せっかく、去年、ワールドカップで盛り上がったラグビーも、人気があがってきたにも関わらず、トップリーグの残りの全試合が中止となってしまった。 ラグビーブームで、さあ、この良い流れで一気にプロ化って感じだと思ったが、ちょっと残念でならない。 ここまできたら、K-1のように準備万端で、試合をやってしまうか、それとも、今年1年の大会は、すべて中止するか。どちらの判断も難しいね。 ただ、試合がなければ、球団に収入がないし、そうなると、選手たちの給与にも影響がでてくる。このままだと多くのプロスポーツもリストラや、大幅な給料減もありそうだ。先の見えない戦いだから、本当に困るね。何とかならないかな~。 さてさて、日曜日についに、毎週楽しみに見ていた”テセウスの船”が最終回をむかえた。 誰が犯人なんだろう、と予想をたててみたら、やっぱり外れてしまった。 私は、絶対に校長が真犯人だと思っていたのに、ちょっと…

続きを読む

吉岡里帆が面白い

タイガースが、バース級の大物メジャーを獲得した。 なかなか、メジャーから現役の選手が来ることはないが、メジャーで通算92本のホームランを放ち、FAでの入団らしい。 メジャー選手が、いきなり日本のプロ野球で結果を出すことってなかなか難しい。 メジャーは、日本ほど、細かいコントロールだったり、切れのよい変化球がないので、勝負はストレートという感じだ。メジャーで大活躍しても、なれるまで時間がかかる気がする。 そういった意味では、オープン戦が重要かな。ここで、日本の多くの投手と勝負して順応すれば、活躍できると思う。タイガースも大砲という点では、なかなか、育ってないからね。補強ポイントを理解しての獲得だから、タイガースが他の球団をさしおいて一歩リードかな。 さてさて、毎週、金曜日の深夜といえば、私が大好きなキリシューの時効警察だ。 このシリーズから、彩雲役で吉岡里帆が出演している。 この番組は、前回からのメンバーがそのまま出場し、結構たっての続編なのに、なぜか、出演者が歳をとらずに、以前と同じように演技をしているから、非常に面白い。 この中で初出演している吉岡里帆だが、これが、妙にはまっている。 逆満載のドラマだし、このセリフの意味ってなんだ?っていうのが、随所にある中で、以前からいたような活躍をみせている。 前回なんか、ゾンビ役だからね。 この役は、本当にはまっている感じがする。 結構、かわいい女優だし、さすがに、このドラマにでて、違和感あるのでは?と思っていたけれど、第一話目から…

続きを読む

時効警察は、面白い

ラグビーのワールドカップが終わり、今度は、野球の東京五輪予選を兼ねた国際大会「プレミア12」だ。 ただ、今日のTBSのサンデーモーニングで張本が言っていたが、シーズンを終えて、身体を休めるこの時期に、大会を開いても、なかなか気持ちがのらないし、いま、休まないと来シーズンに向けた休養がとれない。 それだけに、お金で釣るしかないのでは?と言っていたが、まあ、そんな金でつられる選手はそうそういないと思う。 でも、張り詰めてきた緊張をといて、心身共に休養するのが、この2か月だからね。ちょっとタイミング的には厳しいね。 それに、選抜されても辞退する選手が多いし、時期って重要だと思う。気づけば、中日の大島、西武の森、山川、ジャイアンツの岡本、ヤクルトの村上や、投手陣でいえば、辞退した楽天・松井にソフトバンク・千賀以外にも、日本ハム・有原、カープ・大瀬良、中日・柳なども選ばれていないし、オールスターチームじゃないから、適材適所にあわせてメンバーを集めたのかわかるが、どうなんだろうね。 もし、本当にオールジャパンということであれば、メジャーにいっている田中、前田、ダルビッシュは、必須のメンバーだと思う。 まあ、仕方ない。金じゃない、名誉だ、日本のために戦うというイチローのような選手がチームをひっぱらないと勝てないかもしれない。 さてさて、私が大好きだったら、”時効警察”が復活した。 メンバーもかわることなく、霧山くんも三日月くんもいるし、所長も十文字も又来さんもほぼ以前と同じメンバーでギャグも前回…

続きを読む

藤井四段、負けた~

最近、面白かったドラマも、そろそろ最終回となってしまった。 日曜日は陸王、月曜日は民衆の敵などのドラマを見ていたが、いずれも最終回を終えたり、そろそろ次回が最終回だったりと、終わりが近い。 面白かったのは、”陸王”、”奥様は、取り扱い注意”、”ドクターX”、”刑事ゆがみ”かな? 視聴率的には悪いものもあるけれど、個人的には充分楽しめた感はある。 ただ、今年のNHKの大河ドラマは、久しぶりにまったく見なかった。そもそも、井伊直虎を知らない。 結構、戦国時代とか好きで、ずっと見ていたが、今回だけは、イベントもないし、進みが遅いし、どうも興味がわかない。奥さんは、珍しく、毎週見ているが、私は、例のごとく、日曜日の8時は、酔いつぶれて寝ていることもあり、まったく見てなかった。来年は、確か、西郷さんだったかな?これは、ちょっと期待かな。 さてさて、そんな日曜日の午前は、やっぱり、頭を使う将棋でしょう。 昨日は、藤井聡太四段と、A級棋士の稲葉八段の対局だ。 中盤で、稲葉八段がかなりの優勢で、これは、相当早く藤井四段の負けかなと思ってみていた。 もう投了間近かな?と思いながらも、秒読みの将棋が続く中で、結構ギリギリで王将を逃げながら、攻勢をかけながら、ちょっとずつ、差を縮めて、緩い手を指したら、一気に逆転って感じの戦いとなった。 A級棋士を相手に、やっとプロになった藤井四段が、ここまで追い詰めたのはすごいと思う。 最後は、押し切られてしまったが、多分、藤井四段以外だったら、もっと早く投了だ…

続きを読む

漫画家の谷口ジローさん死去

毎週土曜日は、親のところにいって、食事と買い物につきあっているが、先週は土曜日に仕事をしたので、日曜日に親のところにいってきた。 金曜日に東京でも雪がふり、土曜日は西日本を中心に大寒波と言われた中で、関西出張して、それでも、関西は雪がなかったし、本当に局所的な話なのかな?と思っていた。 日曜日に親のところにいったら、何と、日陰の部分で雪が残っている。 えっー、私の地元では、雪なんてまったく積もってないのに、本当に驚きだ。 同じ県内なのに、こんなに差があるとは、びっくりだ。 親の家の近くには、山が見えるから、多分、その山のせいで、非常に寒い。風が冷たいし、その影響で、私の地元に比べれば雪が多いのかもしれない。しかし、すみきった時は、山がきれいに見える。 しかし、本当に寒い~。風邪をひかないように注意しなくては。 さてさて、私が大好きなテレビ番組に”孤独のグルメ”がある。 あの深夜に、この番組をみると、夜中なのに、なぜか、お腹がへって、何か食べたくなる。 そんな番組が、孤独のグルメだ。 こんな場所のこのお店で、ガツガツ食べる。ちょっとみれば、おいしそうに見えないのに、なぜか、五郎さんが食べると、すごく美味しく見える。 自画自賛ながら、おいしく食べていると、なぜか、私もうれしくなる。 そういえば、私は、飲んでも食べないし、どちらかとえば、食べずに飲む!というタイプだ。 ガツガツと食べる人がいると、飲んでいるときの肴になる。 まあ、そんなこともあり、この孤独のグルメの五郎さんの…

続きを読む

真田丸、最終回

この土日をつかって、年賀状作成を一気に対応した。あ~あ、疲れた~。 自分の分、奥さんの分と母親の分は、完了。あとは、奥さんの親の分だ。残りは、23日かな? 毎年ギリギリにやるので、それを考えると、今回は効率よくできた気もする。しかし、最近、もうデザインを考えるに疲れてしまった。もうアイデアがでてこない。まあ、干支は12あるから、12年分だけあれば、あとは、それを順繰りに使えばよいかな?トホホホ・・・。 そういえば、先日、アメリカの無人潜水機が、中国に拿捕されたってニュースが流れていたけれど、あれはどうなったんだろう? そもそも、無人潜水機って、そんな簡単に奪われるものなのかな?不思議でならない。 まさか、潜水して、動いているときに、網かなんかで捕まったってことじゃないよね。結局、中国は返さないと言っていたような気がするが、その後、どうなったんだ? 簡単に確保されてしまうぐらいだから、あまり、アメリカからすると、大した軍事秘密じゃないのかもしれない。 ただ、どうなんだろうね。中国も捕まえちゃったのはよいけれど、大したものじゃないから、サッサと返したいのかもしれない。当然、捕まえたから分析するだろうし、その結果次第か。アメリカも何をやっているんだろうね。 さてさて、昨日で、ついに真田丸が最終回をむかえた。あまりにも面白くて、1年見てしまった。 三谷幸喜の脚本が面白かったかもしれないし、俳優陣がこれまた、絶妙な配置だったと思う。最後は、わかっていたものの、豊臣含め、関係者が全員なくなる…

続きを読む

昼のセント酒

昨日、ジャイアンツのテレビ中継があったのに、途中で中継が終わってしまい、そのあとは、インタネットで確認していたら、何と、大量得点をとって、見事にドラゴンズを破った。 一昨日は、せっかく田口が無得点で抑えていたのに、逆に1点をとることができず、結局、延長の末、0対0で終わってしまった。どうも、田口が投げると打線がしめってしまう。リズムが悪いのかもしれない。 昨日も今村だ。今村も必ず5回で崩れてしまう。体力がないのかもしれないが、この今村が投げると、これまた、打線がしめってしまう。これは、今村が、ボールが多くて、守備陣がだれてしまうせいかもしれない。 もっと、テンポよく投げると、打線の波に乗れるのかもしれない。 昨日は、ヒットがでなかったギャレットにタイムリーヒットがでたし、クルーズもマルチヒット、これに打撃好調の坂本、立岡のタイムリーで勝った。いまは、6番のレフトを守る選手が日替わりだし、あと、村田が雑な守備で足をひっぱり、さらに、打撃がこれまた、雑でホームランを打てる気がしない。6番は、亀井、大田、中井などの日替わりでよいけれど、村田が、気楽な打順の7番でヒット、ホームランがでないのは、かなり心配だ。村田は、自信を失っているのかもしれない。このキャンプ、オープン戦は、若い岡本がライバルで戦っていたが、岡本が2軍に落ちて、安心してしまったのか、なかなか村田の調子があがらない。岡本が、イースタンリーグに出場して、ホームランを連発している。このままだと、岡本が1軍にあがって、村田が2軍に落ちてし…

続きを読む

真田丸、大丈夫?

今日も朝から会議だ。 最近、あまりにも会議の時間が早すぎるので、一駅あるくことができない。これだと、もしかすると、太ってしまう。 やっぱり、一駅、しっかりと歩いて、その間に無駄なことを多く考えて、仕事に突入しなくちゃいけない。 結構、朝の一駅分の徒歩は、今日の仕事の整理ができるし、結構有意義な時間だ。これがないと、唐突に会議だから、何だか、心に余裕がない。 逆に帰りも一駅歩くが、こちらの方は、どちらかといえば、会社での出来事が頭の中をよぎり、ムカムカしてしまう。 うーん、心穏やかにならなくちゃいけない。気をつけなくちゃ。 さてさて、ドラマ好きの私としては、火曜日は深きょんのドラマをみて、深きょんに癒され、水曜日は相棒で頭をつかう。 木曜日は、草なぎのドラマをみるが、このドラマはかなり面白い。 そのあと、広末涼子と、内田有紀のドラマをみて、これはこれで、ちょっとくらい。 あまり、番組的にはどうなんだって感じもするけど、この二人が共演ってめったにみたことがないので、かなり面白い。 土曜日は、怪盗山猫だ。これは、かなり面白い。 今シリーズのドラマの中では、すごいストーリー的に良いと思う。俳優の演技が、なかなかすごい。 この先の展開がどうなるんだろう。かなり楽しみだ~。 面白いドラマの中で、日曜日の大河ドラマの真田丸は、個人的にはなかり見ていて面白い。 随所に笑いがあったりして、いつもながらの大河ドラマに比べると娯楽的な要素が強い。 草刈正雄の真田昌幸が良い味を出していて、何…

続きを読む

絶好調、真田丸

何だか、最近、寒いうえに乾燥しているようで、肌がかゆい。 ちょうど、右足を捻挫してから、湿布したり、サポートしたりしていたが、昨日から、湿布もサポートもいらなくなった。 まだまだ、くるぶしのところを押すとちょっと痛いが、でも、歩くにも支障がないし、元気になってきた。 ただ、少し、湿布でかぶれたのか、こんな天気だと、皮膚がかゆくて仕方ない。うーん、どうしたもんだろう?困ったな~。 さてさて、この1月から、NHKの大河ドラマが、”真田丸”にかわった。 昨年の花燃ゆは、吉田松陰の妹の杉文が主人公のドラマだったが、そもそも、吉田松陰は知っていても、妹は、まったく知らなかったし、妹が、主人公では、何だか、大河ドラマとして、興味は少し薄い。 それだったら、吉田松陰を主人公にした方がよかったし、せめて、文の旦那が久坂玄瑞だから、久坂を主人公にした方がよかったかな。 それなりに、幕末のドラマだったので、面白くないわけはないが、脇役が主役のようなドラマになってしまったし、ちょっと設定に無理があったような気がする。まあ、それぞれ、製作者には意図があるし、杉文さんが悪いわけじゃない。それに、吉田松陰は、確か、以前にも主人公で大河ドラマがあったと思うので、幕末でやろうとすると、すでに多くの人たちを主人公にドラマをやってしまったので、杉文さんになってしまったのかもしれない。 今回は、前回と比べると、超有名人の真田が主人公だ。特に、真田昌幸、信之、信繁とくれば、非常に期待できるドラマだと思う。 脚本が、三谷…

続きを読む

デスノート、映画続編

まだまだ、プロ野球も終わってないのに、今季限りで引退する選手が増えてきた。シーズン途中なので、発表することもないと思うが、スポーツ選手は、結局、体力的な問題があるから、引退も仕方ないか。 中日の和田、小笠原、川上と、確かに峠は越し、怪我で戦線離脱することがふえ、これまで通りの実力を発揮できない。たぶん、本人たちが、一番もどかしいのかもしれない。 以前は、40前に引退する選手が多かったのに、何となく、選手寿命が延びた気もする。 中日は、この他にも、投手の山本昌、岩瀬、監督兼任の谷繁と、引退が噂されている選手がいる。 山本昌にいたっては、あの歳で、よく先発で投げれるものだと感心してしまう。反射神経も劣ってくるし、それでも、現役で先発で投げれるのだから、すごいことだ。 オリックスの谷も2000本安打を目指してきたのに、残念ながら、引退らしい。選手としての引き際も重要だと思う。 何となく、寂しい気もするが、若い選手の活躍の場も必要だから、仕方ないか。ただ、若手が、ベテランを追い抜いて、レギュラーを勝ち取り、それをみて、引退って方がよいかな。 さてさて、昨日で、テレビ版のデスノートが最終回をむかえた。 映画のデスノートは、藤原竜也が演じた夜神月と、松山ケンイチが演じたLが強烈なキャラクターだったので、この二人のあとをこのテレビ版の俳優で大丈夫かと思っていたが、回を重ねるごとにテレビ版も結構面白かった。 最後の終わり方は、テレビ版の方が壮絶だった感じがする。 そんなデスノートが、2016年…

続きを読む

ラーメン大好き小泉さん

今日は、台風が去って良い天気になるのかなと思ったのに、なぜか、雨がふったりやんだり。不安定な天気で、気分が少しブルーだ。早くすっきりと晴れないものかな? さて、今日は、オールスターの第二戦があり、テレビ中継があったので、途中まで見ていた。 カープの本拠地での試合だし、多くの選手がファンに選ばれて、まさに、カープデーのような試合だった。先発は、黒田で黒田の切れの良い変化球の前に、パ・リーグの強打者も切りきりまいって感じだ。 この黒田のあとは、前田。前田は、全球をストレートという圧巻な投球を見せた。この二人に、打撃陣も活躍して、本当にカープデーだ。球宴でここまで活躍しちゃうと、後半戦のカープは強敵だ。 今年のセ・リーグは、最後まで団子レースとなりそうだ。ジャイアンツが抜け出るのは、難しいかな。 オールスターに出場してない選手が、どこまで復調しているかが、鍵か。今年のジャイアンツは、怪我が多すぎる。その怪我の選手の替わりに2軍から選手があがってくるが、なかなか、活躍が長続きしない。 やっぱり、もともとのレギュラー陣が活躍しないと、士気があがらない。頑張れ、ジャイアンツ! さてさて、土曜日の深夜にやっていた、”ラーメン大好き小泉さん”が最終回をむかえてしまった。 ラーメン大好きといえば、小池さんだ。何だっけ?小池さんが出ていた漫画は?藤子不二雄の何かの漫画にでていたような気がする。 その小池さんではなく、小泉さんのこのドラマは、有名なラーメン屋を小泉さんとその仲間が訪れて、ラーメンを食べ…

続きを読む

本能寺の変

NHKの大河ドラマといえば、やっぱり、戦国時代とか、幕末とかの話がわりと面白い。 ただ、今年の”花燃ゆ”は、歴史的にまったく聞いたことがない、吉田松陰の妹で、久坂玄瑞の奥さんの文の話なので、イマイチって感じだ。 ここにきて、池田屋事件、蛤御門の変などのエピソードになり、すこしドラマとしては、盛り上がってきた気もするが。 でも、これだったら、吉田松陰でも、久坂玄瑞でも、高杉晋作でもよいので、このあたりを主人公としたドラマの方がよかった気もする。すでに、もう何度もやっているのかもしれないが、文さんよりは、よかったかもしれない。 しかし、この幕末のころは、坂本龍馬をはじめ、多くの人が亡くなってしまうが、いずれも、やたら若い。龍馬ですら、31歳でなくなり、吉田松陰は29歳、久坂玄瑞は25歳、うーん、いずれも若い。 おそるべき若者たちって感じだ。時代が混沌として、若い力を必要とした時代なのかもしれないが、しかし、20代の若者が日本を変えようとしているという点が、やたらにすごすぎる。 その若者よりは、少し歳のとった橋下大阪市長が、大阪都構想で、日本を変えるところまで来たのに、挫折してしまって、ちょっと残念だが、これまでの日本を変えるという気持ちはすばらしいと思う。 私も考えてみれば、かなり歳をとり、日本を変える!という気概は少し薄れているが、せめて、会社を変える!という点については、もう少し頑張ろうかと思ったりする。一人の力で変えるのは難しい気もするが、何とか可能な範囲で頑張ってみるか。 さて…

続きを読む

Windows10、無償アップグレード!

1月になり、テレビも新番組がいろいろと登場した。結構、ドラマが好きで、ひまだとよく見ている。 NHKは、あまり見ないが、ここ数年間は、大河ドラマをよく見ている。 去年も、”軍師官兵衛”は欠かさず見ていて、なかなか面白い内容だったと思う。片目をつぶっている家康や、すごくにくらしい茶々とか、登場人物が個性的でよかった。 二階堂ふみが演じる茶々は、秀吉をたぶらかし、三成を秀頼の後ろ盾にするなど、裏で秀吉を操る演技がすばらしかったと思う。あれを見たら、茶々ってやな奴って感じに見えると思う。それぐらい、抜群の演技だった。 いまでは、二階堂ふみを見るたびに、憎々しいって目で見てしまう。しかし、すごい女優だ。 今月から新しい大河ドラマとなったが、主人公が吉田松陰の妹?うーん、しらん。吉田松陰ならば、まだわかるけれど、妹といわれても何をした人か、さっぱりわからない。ちょっと興味がわかない。 どうせ幕末をやるならば、派手に活躍した人たちがたくさんいるから、その辺を扱ったほうがよかったのでは?と思ってしまう。まあ、幕末の時代だから、話題には事欠かないし、この先、面白い展開になるかもしれない。期待しようっと。 さてさて、ニュースを見ていたら、マイクロソフトが、これから発売されるWindows10を期間限定で、Windows7以降について無償アップグレードするそうだ。これは、かなりすごいニュースだと思う。 法人ユーザは、ちょっとわからないが、個人ユーザならば、端末に入れているソフトも、あまり特別なものはな…

続きを読む

孤独のグルメ Season4、始まる

台風の猛威はすさまじく、今日にも九州に上陸するらしい。この調子でウロウロされると、出張する際に、遭遇してしまう。ただでさえ、飛行機が嫌いなのに、ここに台風が重なったら、どうなるんだ? あ~あ、怖い。早く台風が日本を駆け抜けてくれることを期待しよう。本当に困るな~。 さてさて、ついに、tv東京の深夜帯で”孤独のグルメ Season4”がはじまった。 真夜中0時から始まるが、見ていると、お腹が減ってしかたない。夕飯だってしっかりと食べたし、飲むのも飲んだし。 それなのに、この番組をみると、真夜中なのに、何か食べたくなる。 それも、番組あわせて、ガッツリと食べたくなってしまう。なんだろう、この感覚は。 第1回目もジャンボ餃子を食べているのを見ていたら、餃子が食べたくなるし、にんにくの炒めものを食べているのを見ると、あ~あ、これが食べたいと思ってしまう。 主人公いわく、このにんにくの炒めものは、白いご飯があれば、100杯は食べると豪語していたが、確かに食べっぷりを見ているとそんな気にさせる。 初めから、この番組は、欠かさず見ているが、きれいな儲かってそうなお店がでてこない。 いつも、地元の人たちに愛されるお店のたたずまいは、少し古ぼけている(すいません、店長さん)。 ただ、メニュー数が多かったり、メニューを見ているだけで食べたくなったり、一番は、本当に安い。 何でこんなに安いんだろう?と思ったりするが、驚くほど、安い。 そんなお店で、主人公がガッツリと食べているをみると、真夜中に食…

続きを読む

気づけば・・・

昨日の夜、フジテレビで、HEROの映画をやっていた。キムタクが主演する、このHEROの連続ドラマが、7月から始まるので、その宣伝的な感じだと思う。 確かに、キムタクの魅力と、ドラマの内容のよさで人気がでたのかもしれないが、どちらかといえば、周りのキャストに個性があって、それがうまくドラマのストーリーとからみあって人気がでたような気がする。 さらに、キムタクと、かなり面白いからみをする、松たか子がいたことが大きい。 どうやら、7月から始まるドラマでは、松たか子のかわりに北川景子がでるそうだ。うーん、どうなんだろう。 やっぱり、あのポジションは、松たか子だと思う。松たか子がいなくて、これまで通りで人気がでるのか、疑問だ。 まあ、でも、楽しみなドラマであることは、間違いないかな。 さてさて、何だか、早いうちに、今年も半分があっという間に終わり、もう後半戦に突入だ。 なんて、1年ってたつのが早いのだろうか。本当に驚きだ。 今年も忙しいままに日々過ごし、振り返ってみても、これをやったぞ!と威張っていうほどの内容がない。 これで本当に良いのだろうか。こうやって、歳をとっていくのかな。 ふとこう考えるのも、この折り返しのときが、誕生日だったりするので、ついつい、歳をとったという気にさせる。 それに、この時期は、新入社員の配属のときとダブルために、さらに、ジェネレーションギャップを感じてしまって、これが、自分をふけさせているひとつの理由かもしれない。 新入社員もはいってきて、少し、気分も心…

続きを読む

アンフェア、美帆ちゃんは今

どうして、ジャイアンツは、休みの最終日に負けることが多いのだろうか?日曜日に負けると、月曜日からの仕事に気持ちが入らない。うーん、困った~。GW休暇のリハビリも終わり、今週は、バリバリと働かなくちゃいけないのに、これでは、気持ちがのらないし。は~あ。 連勝中の菅野だったし、負けるわけにはいかなかったのに、昨日は、メッセンジャーの調子が異常によかったと思う。三振をとるピッチャーなのに、なぜか、ジャイアンツ打線は、打たされてばかりで、セカンドゴロなど右の打球が多かった。甲子園特有の風で、昨日は、右への打球は、まったくとばないので、右方面に打っている限り、ホームランが出る感じしない。そもそも、タイガースの1点もライトフライが、風に流されて、長野の前に落ちてヒットになったし、うった瞬間は凡フライだと思ったのに、それぐらい風が強かった。 菅野も1点で抑えていたし、ピンチがくれば、三振で切り抜けて、本当に調子は良かったと思う。ライフフライが、ヒットになり、レフト前ヒットで、ランナーが三塁に進み、二遊間のハーフライナーの打球に追いつけず、1点がはいったので、菅野としては、不運だったと思う。昨日は、メッセンジャーの調子がよすぎたので、これを引きずらづ、次回から、また連勝を続けて欲しい。頑張れ、菅野! さてさて、GWあたりにフジテレビの夕方の枠で、昔のドラマのアンフェアをやっていた。このドラマは、篠原涼子主演で、映画まで出来たが、よく出来たストーリーのドラマで、ものすごく面白かった。 ま、まさか、あの人が・…

続きを読む

またまた、雪~

沙羅ちゃんが、ソチから帰国して、100人のファンにむかえられたそうだ。メダル獲得はならなかったが、4位は、決して、下を向くような成績ではなく、立派な成績だ。ここは、ちゃんと胸をはって、帰国して、堂々と思い出を語ってくれればよいと思う。 また、今回の経験を糧に4年後には、メダルを目指して欲しい。上村さんのようにひとつずつ順位を上げるでもよいので、ちゃんと技術を伸ばして、メダル獲得に向けて頑張って欲しい。沙羅ちゃん、頑張れ!応援してます。 さて、最近、好きなドラマがある。フジテレビで金曜日の夜8時からやっている”天誅、闇の仕置き人”だ。 現代版の必殺仕事人だ。違うのは、必殺仕事人は、始末してしまうが、この天誅は、やっつけて、最後に額にバッテンマークをつけて、警察に渡して、成敗完了となる。 この番組が、これで、けっこう内容も面白い。おにぎり1つをあげると、指示された相手を叩きのめすという、一言でいえば、そんな番組だ。やっつける相手に対して、泉ピン子が、”天誅”と指示すると、”承知”といって、やっつけにいく。 ここになかなか見ごたえのあるストールーが展開されて、毎回、見ていて楽しい。 すっきり感は、仕事人の方があるかもしれないが、これはこれで、面白い。仲間も増えて、この先も、楽しみだ。 さてさて、今日は、先週に続いて、また、雪だ。大したことはないと思ったら、そうじゃない。積もってきて、少し大変だ。せっかく先週の雪かきで痛くなった筋肉痛がいえてきたのに、これで、また積もって、雪かきをすることに…

続きを読む

やっぱり、刑事コロンボの方が・・・

12月になり、忘年会など飲み会がやたら多い。先週は2回、今週は3回も飲み会があり、週末は、恒例となった忘年会の旅行だ。まだまだ、若者が行きたいといっているし、参加メンバーがへったら、東京都内の深夜のはとバスにのって、最後は大江戸温泉とお手軽なコースもあるのだが、今年も箱根の方に旅行だ。 まあ、これは、これで結構楽しく過ごしているので、飽きることもないのだが。 来週も4日か、最後が2日と、宴会だらけだ。懇親会も結構あって、行かないわけにはいかないものもある。 体に気をつけて、怪我にも注意して、頑張ろうっと。 さてさて、ディアゴスティーニから新・刑事コロンボが発刊されて、2週間に1度、DVDが送られてくる。 本当は、全巻まとめ買いした方が、安い気がするが、全巻がでてないので、定期購読して、隔週だけど送られてくるのを楽しみに待ち、きたら、早速見ている。 いま定期購読しているのは、新・刑事コロンボと刑事コロンボの全巻で、新・刑事コロンボ分が終わったらやめないといけない。すでに、刑事コロンボは、全巻持っているのだから。 新・刑事コロンボは、24巻なので、いま16巻ぐらいきたから、もう少しで終わりかな? しかし、やっぱり、刑事コロンボの方が、はるかに面白い。何故なんだろう?刑事コロンボは、同じ話を何回もみたし、むしろ、刑事コロンボの会話だって覚えてぐらい見ている。 もう飽きてもしかたないと思うが、それが、何回みても、十分楽しめる。そもそも、犯人が始めにわかっているのだから、その犯人を追い詰め…

続きを読む

半沢直樹は、面白かった

ちょっと古い話になるが、TBSで日曜日の夜に放映していた”半沢直樹”が、先週最終回をむかえ、あの日本テレビの”家政婦のミタ”の最高視聴率を越えた。確かに、半沢直樹は、毎週楽しみにしてしまうほど、面白かった。 家政婦のミタは、市原悦子が主演した2時間ドラマの”家政婦は見た”のパクリぐらいに思っていたので、初めはあまり期待していなかったが、ドラマが進むたびに面白くなり、最終回は、絶対に見逃してはならないって感じで、みてしまった。 今回の”半沢直樹”も、人の名前がタイトルになるドラマなんて滅多にあるわけじゃないし、あまり喜怒哀楽の表現に差がでない堺雅人(堺さん、すいません。何だか、怒ったときと、悲しい表現が私には同じに見えてしまうので)なので、期待できないな~、なんて思いながら、みたら、これが、非常に面白い。 オリンピックの招致のプレゼンで、滝川クリスタルの”お・も・て・な・し”と人気を二分する”倍返し”が、流行言葉となり、”今でしょう”もあっという間に消し去るほどの人気を勝ち得た。 いまでは、何だか、よくわからないけれど、”倍返しだね”なんて言葉をよく使うようになってしまった。 しかし、サラリーマンが、上司にはむかうのは、よほどのことがないとやらない気がするが、それを面と向かって、”土下座してもらう”とかいってしまうのが、すばらしい。 上司のいっていることに、いきなり逆らうのは、同じ管理職ならば、かなり難しい気がするが、それが出来てしまうというのは、すごいことだ。もし、この原作が、本当に銀…

続きを読む

歴史を感じる

せっかく、菅野の新人王、最多勝をかけて、広島・前田との勝負だったのに、マエケンのすばらしい投球を前にジャイアンツ打線が沈黙し、その間に菅野が点をとられ、大敗してしまった。 昨日の杉内といい、せっかくの最多勝のチャンスをミスミス逃しているような。何だか、残念だね~。 マエケンに菅野が勝ったら、間違いなく、新人王決定なのに、残念無念。 ジャイアンツ打線は、坂本が不調から抜け出せない。坂本の不調が、打線全体の流れを悪くしている。けがの影響もあると思うが、思い切って、先発から外した方が良い気がするが、どうなんだろう。 さてさて、先週からフジテレビの夕方にW浅野で人気のでた”抱きしめたい”をやっている。 1988年のドラマなので、いまから、25年前のドラマだ。四半世紀前のドラマなので、妙に懐かしい。 当時のトレンディドラマと呼ばれ、浅野温子、浅野ゆう子のW浅野に、岩城滉一、もっくん、それに石田純一まででている。さすがに、懐かしい。 ただ、今見ても、何がトレンディドラマなのか、イマイチわからないが、多分、当時は、かなり流行ったんだと思う。 このドラマをやっているときは、すでに結婚していたし、昔から流行に左右される性格じゃないので、このドラマが、何の流行に左右されているのか、よくわからない。 ただ、このドラマででてくる携帯電話の大きいこと。そういえば、昔、パートナーの営業の人が、携帯を持ち歩いていた。当時の携帯は、携帯よりは、カバンぐらいの大きさで持ち運ぶって感じの大きさだった。 ちょうど、…

続きを読む

最近のささやかな疑問

まだ、週半ばにして、相当疲れてしまった。今週は、あと2日。体がもつのだろうか。あ~あ、疲れた~。 水曜日の深夜にまたまた始まったテレビ東京の”孤独のグルメ”が相変わらず、みていて、真夜中なのに、腹がへってしかたない。 今日は、生ワサビ付わさび丼をやっていた。ワサビが得意かといえば、特に得意ではないが、この番組を見ていると、なぜか食べたくなる。何でだろう。 松重豊が主人公で、パッと見た目が、怖い俳優なのに、この番組にいたっては、やたら、うまく料理をたべる。この番組につられて、夜についつい、つまみぐいしたら、あっという間に太りそうだ。気をつけなくちゃ。 それと、番組の最後に、このドラマの原作者の久住さんが、番組にでてきたお店にいって、飲み食いするが、これが、また、うまそうに飲み食いする。 昼間っから、ビールは飲むは、焼酎は飲むは。今日は、焼酎をロックで飲んでいた。 この人は、本当においしく飲み食いして、またまた、お腹がへってしまう。この番組を見ながら、食事をしたら、夏バテで、食欲がない人も、絶対に食欲がわくと思う。ぜひ、この番組をみて、私と同じように、真夜中ながら、何か食べようという気になるのを実感して欲しい。あ~あ、腹へった~。 さてさて、最近、ちょっと気になることが。 決して、アニメファンではないのだが、奥さんが、昔からの宇宙戦艦ヤマト好きだということで、日曜日の夕方、TBSで”宇宙戦艦ヤマト2199”を見ている。 最初のシリーズから、宇宙戦艦ヤマトを見たこともないので、今回初め…

続きを読む

7月からの新番組

7月になり、新番組が続々とはじまった。今日のTBSの”半沢直樹”は、なかなか面白かった。主人公の堺雅人って、泣いている顔も、怒っている顔も何となく同じって気がするけれど、この人がでるドラマって結構面白いのが多い。 初回2時間で長い、寝ちゃうと思ったけれど、最後までじっくり見たし、次回以降もすごく楽しみだ。 何となく、人の名前のドラマって珍しい気がする。AKBだったかの”北川謙二”って歌に驚きを感じたが、これとおなじぐらい、結構意表をついたタイトルだと思う。 この7月の新番組は、”救急病棟24時”、”ショムニ”、”斉藤さん”、”警部補矢部謙三”とかの続編が多い。 ヒットしたドラマなので、その続編だと、ある程度の視聴率はがっちりととれるっていう見込みでやるのだろうが、”救急病棟24時”は、主人公の江口洋介が降りてしまったのは、ちょっと残念。もしかして、これで、松嶋菜々子が主演に切り替わるのだろうか。最近、続編でもキャストが替わってしまったケースがあって、やっぱり、前作のキャストの方が面白いことが多い。 ”ショムニ”は、ちょっと時間が空きすぎてしまって、いまの世代に人気がでるのだろうか。当然、キャストもかわってしまったし、江角だけの人気で、前回の面白さが表現できるのか、ちょっと微妙な気もする。 ”警部補矢部謙三”は、TRICKの流れなので、初回を見たが、まったくあきさせないというか、ギャグがふんだんで、かなり面白い。TRICKのファンでなくても十分楽しめると思う。 ただ、私の個人的な意見を…

続きを読む

久しぶりの白線流しの話題

先週は、水曜日に休暇をもらったので、1週間が速かったが、今週は長い。まだ、休みまで3日もある。 木曜日は、再びのJesy’s Barだ。余市の10年を飲みにいこうと思っているのに、果たしてあるのだろうか。 なかったら、ちょっと悲しい~。 さてさて、先日、ある人と飲んだときに、白線流しの話しになった。その人が、白線流しで有名な岐阜県立斐太高等学校出身ということで、白線流しの話題になった。 社会人になったころに酒井美紀、長瀬智也などが出演し、連続ドラマをやっていて、この番組をみては涙を流していた。ビデオに録画して、ゴールデンウィークとか、夏休みとか、まとまった休暇のときに、一気にドラマをみて、またまた、涙を流したが、ものすごく好きなドラマだった。 その後、何度となくスペシャル番組があったが、やっぱり、一番初めの連続ドラマが一番面白かった。 白線流しは、酒井美紀の成長ドラマみたいなものだが、この番組をみて、酒井美紀が好きになったが、酒井美紀も気づけば、結婚して子供までいる。時のたつのは、本当に速い。 その白線流しは、学帽の白線とセーラー服のスカーフを結んで川に流すというものだったが、正しい情報かどうかはわからないが、いまでは学帽をかぶらなければいけないということはなくなったそうだ。 当然、白線流しのための白線が手に入らなくなってしまったそうだが、いまでは、入学式に白線が学校から手渡されて、それをつかうそうだ。 最近は、学帽、制服なんて学校はあまり見かけないかもしれない。それを考えると仕…

続きを読む

新・刑事コロンボ、DVD発売

ジャイアンツの調子がおかしい。昨日もDeNAの三嶋投手を攻めているのに、点がとれない。何だか、チグハグな感じだ。土曜日も藤井に完璧におさえられて、変わった二番手の投手から、ロペスが逆転のホームランを打ったが、昨日も三嶋におさえられ点がとれないままにリリーフ陣を打ち崩して延長の末、DeNAを下した。 今年のDeNAは去年と違って、好調だ。ドラゴンズから入団したブランコと中村紀の調子が非常によくて、打線をけん引していることが大きな理由かな。 ジャイアンツは、本当にチャンスをなかなか活かせず、最後の最後で、ワンチャンスをものにして、逃げ切った。内海の好投が最大の勝因だと思うが、勝ってよかった。内海の好投を無にしてしまうところだった。 交流戦直前の3連戦を勝ち越してよかった。問題は、いきなり好調ロッテとの試合なので、ここを連敗しなければ、よいが。長野の調子しだいかな。 さてさて、デアゴスティーニから、新刑事コロンボのDVDが発売される。前回は、刑事コロンボシリーズがもう発売されないというニュースをみて、かなり高いと思いながらも全45巻を購入した。いまでも、ヒマのときは、この刑事コロンボを見ているが、コロンボははじめに犯人がわかった上での謎解きなので、何度見ても飽きない。 買い始めた後で、何と、コロンボシリーズがDVD発売されて、ショックをうけた。DVDを一気に全巻買った方がかなり安くて、しまったと思ったときには、手遅れだった。 今回は、ちょっと悩んでいるが、やっぱり買おうかな。新・刑事コロンボ…

続きを読む

めしばな刑事タチバナ

昨日も健康のために朝から散歩にいってきた。この散歩が、どの程度、効果あるのものなのか、出かける前後で体重と体脂肪率をはかった。1時間半ぐらいかけて遠くの駅まで歩いて帰ってきた。途中、飲み食いなしで、一気に歩いて、約1万歩。ここまで歩くとどうなんだろうと思って調べると、体重で0.8キロ、体脂肪率で1%改善された。 たった1時間半で、ここまで効果がでるとは。ということは、これで体重が減ってないということは、それだけ食べているということかな。でも、結構散歩も効果があるってもんだ。 毎日3万歩ぐらい歩くと、あっという間に体重が減るかな~。でも、無理無理。健康オタクでもないし、歩くのがバカみたいに好きなわけじゃない。それに、昨日、真剣に歩いたら足が痛い。やっぱり、ダラダラと歩いて1時間ぐらいが一番良い。これだと1万歩にいかないみたいだが、それでも、この方が自分にあっている。 歩き疲れてしまって、午後にはジャイアンツ戦を見ながら、深酒していた。深酒して、夕食をたべると、ついつい爆睡してしまう。毎日、よくコタツで寝て、風邪をひかないものだ。気をつけなければ。 さてさて、最近、面白い番組を見つけた。テレビ東京の水曜日の深夜にやっている”めしばな刑事タチバナ”だ。 テレビ東京のドラマって、たまに面白いものがある。以前も好きだったのが、”孤独のグルメ”だ。 ”孤独のグルメ”は、地元にあるお店(本当にあるお店らしいが)に立ち寄って、ただひたすら食べるというドラマで、食べるまでに多少のストーリーのあるドラマが…

続きを読む

アイちゃんが、逝く

昨日もジャイアンツ戦は、テレビ中継があり、ジャイアンツ・内海、カープ・前田健太で、テンポのよい試合運びで、カープに先制されたときは、どうなるかと思ったが、坂本のホームランがでて、同点となり、最後は延長の末、阿部のヒットでサヨナラ勝ちした。本当に勝ってよかった。 延長で、めったに打たれない高木京がホームランを打たれ、もう終わったかと思ったら、見事に逆転サヨナラだから、今年のジャイアンツも期待できるかな。今年は、絶対に野球を見に行かねば。 さてさて、先週、いきなり、坂口良子さんがなくなったというニュースが流れた。 娘が、最近、よくテレビにでていたが、まさが、具合が悪いと思ってなかった。 去年、ゴルファーの尾崎建夫と結婚して、幸せな家庭を築いていると思ったのに、インタネットのニュースを見る限り、病気だと知っていたのに、籍をいれたそうで、何だか、それはちょっと悲しい気がする。 去年の12月には、テレビに出ていたのに、それが、たった3ヶ月でなくなるのは、テレビにでていたときには、もうかなり悪かったのかもしれない。そんな無理して、テレビにでずに治療に専念したら、もっと元気でいられたのかもしれないが、自分と歳があまり離れていないだけに、ちょっとショックだ。 坂口良子さんといえば、新サインはVや、前略おふくろさんのかすみちゃん、池中玄太などが有名だし、角川映画の金田一耕助シリーズにも、味のある脇役ででていたし、主役も脇役もできる良い女優だったと思う。 でも、やっぱり、一番好きだったのは、”アイちゃん…

続きを読む

最近はまっているドラマ

昨日も、朝から働いてしまった。相変わらず、リフレッシュされない。まあ、仕方ないか。何だか、まだやることはたくさんあるけれど、今日から旅行だ。やっと癒される。 やっぱり、リフレッシュするならば、連絡の取れない遠くの地か、呼ばれても帰ってくるだけで、何日もかかるところじゃないと。日本にそんなところあるかな? 海外に行くしかないと思ってみても、最近の海外は、車がつっこんできたり、気球が落ちたりと、これまであまり想像したことがないような事件が起きている。こんなことが起きると、海外に行くのが怖くなる。 何か事件、事故にあっても、言葉が十分に通用しないところだと、不安で仕方ない。やっぱり、日本が良いし、呼ばれて仕事に行くのは仕方ないか。我慢するかな。 さて、最近、個人的にはまっているドラマがある。NHKでやっている”いつか陽のあたる場所で”だ。 これが、毎回見ては、非常に泣ける。乃南アサが原作のドラマで、すごく良いストーリーになっている。 上戸彩を見ていると、けなげですごく泣けてくるが、少し冷静に考えてみれば、”犯罪者が・・・”と思う気持ちと、”犯罪を起こしたって、刑期を終えて出てきたのだから十分反省しているから・・・”という気持ちが交差してしまう。 うーん、どうなんだろう。一度起こした犯罪でずっと、そんな目で見られ続けるのは、どうかと思う反面、犯罪をおかしたのだから、仕方ないじゃないか、という気持ちもあったりする。 難しい問題だ。そんな二人を中心にドラマが展開される。 これを見ていると泣け…

続きを読む

必殺仕事人2013

昨日、上司に誘われてついつい飲みにいったら、思いっきり深酒してしまった。 そもそも軽くといわれていった先が、回転寿司で、あまり飲んで食べるのが好きじゃないのに、回転寿司ときたら、何を頼めばよいのだろうか?寿司ですきなものといえば、いくらとか、イカとか、エビとか。もっといえば、納豆巻きとか、巻きものも好きだけど、それをいきなり頼んで、飲み始めるのもどうかと思って、悩んでいるうちに、メンバーが増え、結局、ほとんど食べずに飲み続けていた。 焼酎をボトルで頼み、お湯割りセットを頼んだのに、お湯がでてこない。どうして?と思ったら、回転寿司なので、勝手にお湯はつぐらしく、普通の居酒屋でいうお湯のポットがでてこない。そんなわけで、結構、ホイホイと飲んでいたら、相当飲んでいた。結局、今朝は、朝から気分が悪く、まったく仕事が進まない。あ~あ、なんてこったろう。 明日から、リフレッシュのための休暇をとるので、やらねばいけないことがたくさんあるのに。困ったな~。 休んでいてよいのだろうか?まあ、仕方ない、会社のルールだからね。 さてさて、先週の日曜日に”必殺仕事人2013”をやっていたので、楽しみにみた。中村主水役の藤田まことさんが亡くなって、ちょうど、番組をやった当日は、命日だったとのこと。これは、TV局の粋な計らいなのかもしれない。 亡くなって、必殺をみると、やっぱり、藤田まことあっての必殺仕事人だって気になる。 この番組前に昔の必殺仕事人の再放送をずっと午前中にやっていたので、それをとって、毎日見て…

続きを読む