七夕の思い出

今日は、朝いつもより早く起きたので、早めに家をでた。 朝も早いから、ちょっと散歩するかと、昨日は湯島天神、今日は神田明神に寄ってきた。 七夕なので、七夕飾りがあるか、と見に行ったら、昨日の湯島天神はわりとこじんまりとしていたが、神田明神は七夕飾りが倒れている。 そりゃそうだ、神田明神の方がはるかに背丈が高く、昨日、今日の大風だと倒れるに決まっている。 でも、倒れる前に見たかった。順番逆か。先に神田明神にいっておけばよかった。 神田明神って、結構広いし、毎回いっては、新しいものを発見する。 銭形平次もあるしね。 さてさて、七夕といえば、「初恋」「踊り子」など名曲をつくった村下孝蔵さんのことを思い出す。 コンサート中心だったが、ツアーがあっても、必ず、この7月7日は、七夕コンサートがあった。渋谷公会堂か、芝の郵便貯金ホールでの開催が多かったと思うが、何回、行ったのかな? 毎回いっては、しんみりと聞かせてくれて、曲が終わるとシーンとして、鼻をすする音がする。 それぐらい、心に訴えるものが多かった。 まだ、これからって時なのに、急に脳内出血で亡くなってしまった。まだ、46歳だから、非常に若すぎる。ちょっと残念だな。 いまも、元気だったら、七夕コンサートをやっていただろうね。 まあ、今年は、コロナでダメだったけれど、小さいホールであっても、村下さんのことだから、ギター一本でコンサートを続けていたと思う。 村下さんを忍んで続けていた同窓会もなくなってしまったし、あとは、沢田聖子さん…

続きを読む

今日で20年

昨日、ジャイアンツがソフトバンクに勝てば、交流戦優勝だったのに、菅野で負けてしまった。 菅野で負けてしまったのであれば、仕方ない。 しかし、今年の菅野は調子が悪い。前半戦前に7勝なので、2桁は当然行けそうだが、防御率が4点台。先発投手で4点台は、いかにも調子が悪すぎる。同じ7勝をあげている山口は、防御率が菅野の半分以下。 先発投手が、7イニングを投げるとすれば、山口は1~2点で、菅野は3~4点だからね。特に、ホームランを打たれすぎている。山口が3本で20安打で1本打たれるのに対して、菅野はここまでホームランが15本も打たれ、ヒット4~5本を打たれると、そのうち1本がホームランだからね。 今年は、ワースト記録を次々とつくっている。菅野がやってくれないとジャイアンツの優勝はない。がんばれ、菅野! さてさて、6月24日といえば、村下孝蔵さんが亡くなった命日だ。 気づけば、今年で20年もたつ。月日がたつのは早いね~。 毎年毎年、コンサートを見に行っていたのに、それが突然なくなったから、すごくショックだった。7月7日になると、七夕コンサートがあって、ツアーがあれば、年2回ぐらい行っていたような気がする。 いきなりなくなると、ちょっと心の準備ができないだけに、すこしひきづってしまう。 亡くなってからは、お地蔵さんバンドの経田さんが、毎年同窓会をやってくれて、それをここ数年は、毎年いっていたが、その同窓会も2年前がラストコンサートになってしまい、また、ちょっと楽しみがへってしまった。 去年は…

続きを読む

久しぶりの歌人’95

今日も猛烈に暑い。 東京オリンピックの競技や、日程が発表されたが、マラソンは朝っぱらからやるそうだ。 ただ、それでも、この時期のマラソンは、倒れる人が続出してしまう。IOCのスポンサーが、アメリカのテレビ局ってこともあり、ちょうど、この夏場に、アメリカではイベントがない。そのため、なんとしても視聴率をあげるためにイベントが必要ってことで、オリンピック開催となった。 ただねー、ちょっと無理だよね。屋外のスポーツは、まじで、熱中症にかかる人が多く出てしまう。 どう考えても夏じゃなくて、秋じゃないと厳しいよね。命の危険もあるオリンピックなんて、考え難いがどうなんだろうね。 さてさて、6月に村下孝蔵さんの命日に、沢田聖子さんがイベントをやってくれて、本当に今年はよかった。 去年までは、必ず、村下孝蔵さんをしのんで経田康さんが中心となって同窓会が開催されたが、去年が最後ということで、今年はイベントがない。そんな中で、沢田聖子さんが、全曲、村下さんの歌で、本当にうれしかった。 来年も絶対に行きたい。がんばれ、沢田聖子さん! そんな村下さんのコンサートに何度いったか。全国ツアーをやった際に、1回のツアーなのに、何回もいったことがあるし、7月といえば、必ず七夕コンサートがあって、足を運んでいた。 そんな村下さんをあらためて、しのぶかと、村下さんのDVDを持っているので、焼酎を飲みながら、夜中に見ていた。 うーん、まだまだ、若いのに、なんでだろうね。 決して、不健康な生活をしていたわけじゃない…

続きを読む

Forever Live ~親愛なる人へ~

昨日は、村下さんの命日。村下孝蔵さんが、1999年6月24日に突然亡くなり、早いもので、もうまる19年。 いまも元気でいれば、65歳か。65歳になっても、ライブで得意なギターをひいて、あの高音でうたっているんだろうな~。毎年、7月は、七夕コンサートと決まっていたし、年に必ず、ツアーにはいっていた。 特に、七夕コンサートは、欠かさずにいっていたのに。 そんな村下孝蔵が亡くなり、村下ロスになってしまったが、その後は、お地蔵さんバンドのバンマスの経田康が、毎年、同窓会をやってくれて、それを楽しみに、聞きにいった。 その同窓会も去年が、最後になってしまい、今年からどうしよう?と思っていたら、沢田聖子さんが、6月になると、村下さんの歌をライブで歌ってくれる”Forever Live ~親愛なる人へ~”というのがあるのを知って、昨日、吉祥寺 スターパインズ・カフェにいってきた。 沢田聖子さんは、私が若い頃に”シオン”は知っているけれど、それ以外はあまりよく知らない。 ただ、ものすごく久しぶりにライブで生でみたけれど、変らないね。 とても、56歳にみえない。ものすごく、かわいいし、はつらつしているし、歌がうまい。 村下さんを偲ぶ会なので、村下さんの名曲を沢田聖子さんが村下さんを真似るわけでもなく、沢田聖子さんの世界で歌ってくれたが、本当に聞きほれるぐらいうまかった。 沢田聖子さんが、誰に頼まれるわけでもなく、やっているライブらしい。村下さんが所属したレコード会社からは、売名行為になるから、って…

続きを読む

続・最後の同窓会

昨日は、午後から、すごい雷雨がすごかった。会社の中で仕事をしているから、周りがどんな状況になっているのか、よくわからなかったが、テレビでニュースを見ていたら、ものすごかったらしい。 神奈川県では、一部で停電になったら、都心でひょうがふったりと、ものすごい。 なんだろうね、この天気は。最近、こんなのが増えてきた気がする。以前、翌日、定期健診で早く家にかえって食事しなくちゃいけないのに、雷のすごさで地元の駅で足止めをくったことがある。 それにしても、こんな天気が続くと、地球は大丈夫なのだろうか?と心配になる。 天気予報は、けっこう当たるようになり、昨日も13時過ぎから17時ぐらいまでは、雷雨があるといっていたが、見事にあたった。外れるよりは、あててくれた方が、準備ができるからよいけれど、それにしても、チョー極端な天気は、ちょっと怖い。もっと、穏やかな天気になって欲しい。 この先、ゲリラ豪雨は、例年にないぐらいに数が多いらしい。あ~あ、やだな~。雷に弱いんだよね。 こんな時、毎回おもうが、背の高さって本当に致命的だ。一番先に雷が落ちてしまう。気をつけて歩かなくちゃ。 さて、先週、村下孝蔵さんの同窓会があったが、これが最後だと思うと、ちょっと悲しい。 何回も同窓会には、毎年のようにいってきたが、個人的には、浜離宮朝日ホール の小ホールでやるコンサートが好きかな。村下さんの映像だけではなく、村下さんを偲んで、お地蔵さんバンドの経田さんとか、多くの人たちが演奏し、その演奏の中で松浦さんなどが歌…

続きを読む

最後の同窓会

今日は、ここのところ、毎年恒例だった、村下孝蔵さんの同窓会の日だ。 まだまだ、若い村下さんが、急に亡くなってしまい、非常に悲しい気持ちでいた。村下さんは、毎年、7月の七夕には、七夕コンサートというのをやっていて、毎年、コンサートにいっていた。 そんなコンサートを毎年楽しみにしていたのに、急に病気で亡くなってしまって、すごくショックだった。今でいえば、村下ロスって感じだったと思う。 その後、村下孝蔵さんのお地蔵さんバンドというバックバンドがあって、派手に動くわけじゃなくて、多くは、座って静かに演奏しているって感じのバンドがあり、そのバンドのバンマスの経田さんが、同窓会ってことで、毎年、追悼のコンサートをやってくれた。 主催は、経田さんではないのかもしれないが、多くの村下さんゆかりのスタッフさんたちが、中心に場所を変えつつ、毎年、恒例で続けてくれて、楽しみにしていた。 その村下さんが亡くなって、早18年。月日がたつのは、非常に早い。 亡くなって、はじめた、年に1度の同窓会も何回目か、よくわかっていないが、これでも、毎年参加したが、その同窓会も今年が最後になってしまった。 毎年、バックバンドの松浦さん、経田さんが、出場して、村下さんの歌をやってくれたが、今日は、コンサート会場が、初の渋谷のMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREでやった。 さすがに、加藤トレジャーグループがやっているホールだけに、座席がゆったりして、非常に見やすい。結構前の席で、…

続きを読む

ロマンスカー

北海道で震度5弱の地震が昨日の夜にあったとおもったら、1時間ちょっと後に、今度は熊本で震度5弱の地震。 北海道、九州と大きく離れた場所で少し大きな地震があると、今度は中央か?という気持ちになり、ちょっとだけ、不安になる。 さすがに、地震だけは、止めることができないし、来たら怖い。大地震が来ないことを祈るばかりかな。 さてさて、先週、大学時代の仲間の宴会が新宿であり、本当に久しぶりにロマンスカーにのった。 何年ぶりだろう? 箱根に旅行に行くときには、ロマンスカーって感じだけれども、逆に新宿にいくのに、のるのもめったにない。 それにしても、いまのロマンスカーは、妙におしゃれな感じだ。 もう何世代もロマンスカーはあるようだが、年々、新幹線並みに広く、座り心地のよい乗り物になっている。パスモで買って、自分では通路側を買った気になっていたのに、まったく逆の窓側。 新幹線でもそうだが、窓側にのって、周りの景色がチョー高速に動くと、酔ってしまう。どうも、歳をとればとるほど、そんなのに弱くなってきた。 そんなロマンスカーといえば、もう10年以上前に亡くなった村下孝蔵だ。 村下さんの楽曲に、”ロマンスカー”という曲があり、もう20年以上前の歌だ。村下さんが、一番好きだった歌で、私もカラオケにいったら、ちょくちょく歌う。 当たり前だが、村下さんのように幅広い音域で歌えるわけじゃないので、かなり下手だが、これを歌うたびに、小田急線のロマンスカーを思い出していた。 子供の頃に町田に住んでいて、ロマ…

続きを読む

同窓会2016(2)

今日も夏季休暇中。 家にこもっていると太ってしまうので、朝の気温のあがらないうちに散歩でもするかと、2時間ぐらい歩いてきた。 途中にちょっと大きめな公園があり、よくイベントをやっているが、その公園の脇を通ったら、何と、大人たちがぞろぞろいる。それも、スマホを片手に、うろうろと歩いている人たちが50人以上いる。 これは、絶対にポケモンGOをやっている大人たちだ。 しかし、このゲームの威力はすごい。このゲームのおかげで、この炎天下でも外を歩く人がいるし、何だか、妙な集団のようにある場所に人が集まってくる。 あげくに、その公園の隣を国道が通っているが、車をとめて、わざわざこの公園にきて、ポケモンGOをやっている人がいた。何だか、すごいね~。 さてさて、昨日の”村下孝蔵フォーエヴァー 同窓会2016”の内容をもう少し詳しくリポートだ。 会場は、曙橋の”Back In Town”で、ビルの地下1階がホールだ。 地下に降りていくときに壁にライブの写真がはってあって、オフコースの鈴木康博もここでライブをやっていたり、けっこう有名な人たちがライブをやっているそうだ。 そんなライブハウスに100人近くの人がはいり、まずは、経田さんと一緒に献杯だ。このあとは、村下さんのライブ映像が流れる。村下さんのホームページの情報によると、今年の映像は、1996年2月11日の日清パワーステーションでのライブ映像をそのまま使用したそうだ。 村下さんのライブDVDを持っているが、確かにそれと違っている。初めて見たも…

続きを読む

村下孝蔵フォーエヴァー 同窓会2016

ここのところ、リオ五輪を真夜中まで見て、朝起きると、メダルが増えている。 柔道の男女で金メダルを獲得して、体操個人で内村が金メダル。いや~、すばらしい~。 午前中には、愛ちゃんが、惜しくもメダルを逃したが、これは、北朝鮮の選手が強すぎる。佳純も初戦で敗れた相手で、この選手がやたら強い。どこを打ってもカットで返されてしまって、なかなか勝てる感がなかった。 佳純ちゃんの時は、いけるかって思ったが、愛ちゃんの多彩な攻撃もしっかりと返してきた。 でも、良いところまでいったと思う。この調子であれば、団体のメダルの可能性は十分ある。頑張れ、ニッポン! さてさて、今日は、毎年恒例の村下孝蔵の同窓会だ。 もう亡くなって、17年たつそうだ。月日がたつのは、本当に早い。元気だったら63歳かな?この同窓会に来るたびに、長生きして、元気な姿でコンサートにたち、一緒に”初恋”を歌いたかったと思ってしまう。 去年は、ちょっと大きめのホールであり、今年は、曙橋にある、”Back In Town”というライブハウスだ。 今回も昼と夜の部と2回あり、昼の部で参戦だ。 ライブハウスだけに、テーブルに多くの人たちと一緒になり、楽しい時間を過ごした。 最近、この同窓会に来るたびに年齢層が高い!と思ってしまう。そりゃそうだろう、村下さんが生きていれば60歳を超えているわけで、当時のファンだって、多くは、60歳をこえていてもおかしくない。 高い年齢層であっても、こうしてファンが集まるところに村下さんの人柄を感じてしまう…

続きを読む

同窓会2015(2)

今日も朝からすごく暑い。親の家に毎週いくので、暑い中、行って来たが、汗がダラダラだ。これじゃ、身体がもたない。家に帰ってきたら、すかさず、シャワーをあび、クーラーをかけて、ボーっとビールを飲んでみた。 しかし、これじゃ、せっかく、アルコールを抜いてきたのに、一気に、またまた、アルコール漬けに戻ってしまう。 でも、暑いから、仕方ないか。 この暑さは、本当に体にこたえる。親もどちらかといえば、クーラー嫌いで、窓をあけて、風を通しているが、それじゃ、本当に熱中症になってしまう。 親には、とにかく、クーラーをつけて、水分をしっかりととらないと死んじゃうといっているのに、いくらいっても、クーラーをつけずに、暑い中、風だけで頑張ろうとする。夜だって、エアコンつけて寝てくれと言っているのに、寝る前に、扇風機をまわして、部屋を涼しくして、布団を涼しくてから寝るといっていたが、それは、まったくの間違え。 そもそも、扇風機は、風をかきまわしているだけだから、寒くなるわけじゃない。 そんなことするぐらいならば、エアコンをつけて欲しいのに・・・。ちなみに、私も親に似ているせいか、エアコンを必要としない。窓をガーっとあけて、風が通れば、ダラダラと汗を流しても、頑張れると思ってしまう。 似たもの親子とはよくいったものだ。しかし、最近の気候はちょっとおかしい。昔であれば、本当にエアコンは不要で、窓をあけておけば、快適だったのに、いまは違う。 夜もエアコンをつけた方がよいと、天気予報士がいっていた。確かにそうかも…

続きを読む

同窓会2015

しかし、毎日、暑い。やっとセキもおさまりつつあり、皮膚のかゆみもなってきて、体調が落ち着いてきた。よかった、よかった。 ジャイアンツは、今日もカープ戦。昨日、菅野がマエケンに投げ勝って、幸先の良い1勝をあげ、今日は、ここのところ、勝ちのない高木勇。新人でいきなり、大活躍したのに、最近は負けが混んでいる。 当初は、テンポの良い投球で打線も点をとってくれたのに、ここのところ、なかなか勝てない。点を先に与えてしまって、打線がおいつけない。そんな高木勇が先発し、今日は6回を2失点におさえて、やっと勝ち投手になった。2ヶ月ぶりとは驚いたが、これで、調子を戻してくれれば、新人で2桁勝利の可能性もでてきた。頑張れ、高木勇。 これで、カープと五分の成績になった。明日は、田口の先発だ。カープもさすがに3連敗は逃れたいから、かなり厳しい勝負となりそうだ。田口が先制さえ許さなければ良い試合になるような気がする。頑張れ、ジャイアンツ! さてさて、今日は、久しぶりにコンサートにいってきた。 村下孝蔵さんの17回忌の追悼コンサートの”同窓会2015”だ。確か、前回は、小さなお店での開催だったが、今回は、久しぶりのホールでの開催だ。 いつも、浜離宮朝日ホールでの開催だが、今回は、ちょっと大き目のホールで、こっちの方が会場のゆったり感もあるし、よかった気がする。すごく楽しめた。 もうなくなって、16年もたつのかと思うと、時間の流れの速さにびっくりしてしまう。村下さんがなくなったのは、1999年の6月。毎年、七夕コン…

続きを読む

歌人・村下孝蔵 フォーエヴァー ~同窓会2014~

今日は、夕方から、”歌人・村下孝蔵 フォーエヴァー ~同窓会2014~があり、下北沢のcom cafe音倉に行って来た。 村下さんが、1999年に急死して、毎年、楽しみにしていたコンサートがなくなってしまって、本当に悲しかったが、ここ数年は、同窓会コンサートが開かれる。開催しない年もあったが、夏になると、浜離宮朝日ホールで開かれる。 小ホールでもいつも満杯で楽しみにしていたが、去年で一区切りって話しもあって、今年の夏の開催はなく、今日、ライブハウスでの開催となった。 初めて、下北沢のcom cafe音倉にいったが、割と小さなライブハウスに席をたくさんつくっているから、一人ひとりの席がひどく狭く感じしてしまって、窮屈だった。朝日ホールだと小ホールといえども、かなり広いので、もっと楽しめるのだが、さすがに狭いライブハウスだと、動きも辛い。まあ、仕方ないか。 ライブは、2部構成で、1部は村下さんのコンサートのフィルムが流され、15分の休憩のあと、2部が始まる。2部も村下さんのフィルムと、あとは経田さん、松浦さんの生演奏で、会場のみんなで一緒に歌って、大いに盛り上がった。 最後は、毎年の恒例の初恋を村下さんのライブ映像とともに会場のみんなで大合唱だ。まさに、一緒のステージにいるような感じだ。これも結構楽しめるし、本当に懐かしい。 昔は、村下さんの後ろにお地蔵さんバンドがいて、コンサートで立ち上がることもなく、静かに座ってきいて、本当に良いコンサートだった。決して、暗く終わるわけじゃないけれど、…

続きを読む

歌人・村下孝蔵フォーエヴァー ~同窓会2013~ 「天国の還暦コンサート」

昨日は、久しぶりのコンサートということで、楽しみにしていたのに、トラブルに巻き込まれて、コンサート終了後、またまた、仕事をして、家に着いたのが0時近く。何だか、幸せの気持ちから、一気に暗闇に落とされたようなちょっとした不幸な気持ちになってしまった。仕事とはいえ、ちょっと悲しい。せっかくの休みが悪い方向に進んでいるような。困ったな~。何だか、ずっと働いているような気がするが、そろそろ仕事をすっかりと忘れて、楽しく過ごしたいが、どうなることやら。 さて、そのコンサートですが、ここのところ、毎年夏になると開催されていた、村下孝蔵さんの同窓会が、去年はいつもの浜離宮朝日ホールではなく、夜バージョンとなり、行くことができず、1年半ぶりぐらいの開催となった。 元気だと、今月で還暦を迎えるということで、コンサート開催となったようだ。個人的には、還暦記念というよりも、やっぱり、毎年、七夕コンサートに行っていたので、7月の開催の方が懐かしく思うし、楽しめるような気がする。 歳をとるのが10年以上前から止まっているにもかかわらず、毎年見る村下さんは、歳相応のように見える。昔から、ふけていたせいかもしれないが、あの歌声はいつ聴いても良い。もしかすると、還暦を仮にむかえていたとしても、歌声はかわらないような気もする。 コンサートは、例のように過去のフィルムでの演奏があったり、歌声だけ村下さんで演奏は生だったりと、毎年と志向は同じなのかもしれないけれど、十分楽しめる。あまりにもコンサートにいき、CDを買っていたので…

続きを読む

今度は、村下さん

アジアの優勝を決めるアジアシリーズで見事にジャイアンツが初優勝をとげたのに、ついつい、こんな大きな話題をブログに書きそこね、ジャイアンツファンとしては、非常に恥ずかしい。ただ、日が随分と過ぎてしまって、いまさら書くのもどうかと思って、やめた。しかし、今年のジャイアンツは後半戦は波にのったのか、強かった。 前半戦は、何と言っても杉内の活躍が大きかったが、その間に長野、坂本、阿部の調子があがり、打線がつながりをみせて、見事に日本一になったのだから、すばらしい。 たいてい、日本一になったりすると、戦力をいじりたがらないような気がするが、今年にいたっては、非常に積極的に補強を行っている。昨日も、金刃がトレードにだされた。よいピッチャーなのに、何かが足りず、1軍に定着できなかった。特に、ジャイアンツの左投手は、先発をいれたら、内海、杉内、山口、両高木と非常にそろっている。ここに金刃がはいるのは、かなり厳しいのかも知れない。楽天にいくから、試合に出場するチャンスに恵まれるかもしれない。頑張れ、金刃! さてさて、チューリップコンサートが終わって間もないが、今度は、村下さんだ。 ここのところ、毎年、同窓会コンサートにいっていたが、今年は、いつも夏場に朝日ホールでやるのに、今年に限っては、ホールでの開催をやめてしまったので、満員で参加することができなかった。 そんな中で、村下さんが生きていたら来年還暦をむかえるそうで、その日に再度同窓会が開催されることになった。 いや~、よかった、よかった。 例のごと…

続きを読む

雨の七夕

昨日は、さすがに我慢できず、床屋に行ってきたが、事前に電話を入れてから行った。何で、予約制になってしまったんだろう。結構、床屋で待つっていうのもすきだったのに。文庫本を持っていったり、床屋においてある雑誌とか読んだりして、1時間ぐらい待つことぐらいなんてことなかったのに、残念だな~。 さすがに暑いから、一気に坊主にしてくれ~と言いたかったのに、どちらかといえば、無口なので、床屋のお兄さんが聞いてこない限り、座って黙って刈ってくれるのに従うだけ。結局、今日もビシッと真ん中からきっちりとわけてくれて、あまりにも面白いので、ちょっと商店街を闊歩して家に帰ってきた。ただ、残念なのは、髪を洗うと元に戻ってしまうので、意味がない。 子供の頃からボサボサで、大学の時に、社会人になっても、まさかその髪型じゃないよね、といわれ続けたが、結局、そのまま、この歳まできてしまった。父親は、日曜日になるとポマードできっちりと固めていたのに、このギャップは大きい。 まあ、とりあえず、少しだけ短くなったので、頭の熱は下がったような気がする。ちょっと暑すぎる。周りで見ているひとも、暑苦しい髪しているな~と思っていただろうに、これで、少しだけ、イラッとした気持ちがおさまってくれると思う。 さてさて、昨日は、7月7日ということで、七夕の日だ。あいにくの雨で、残念だったが、七夕といえば、村下孝蔵の七夕コンサートかな。よく行ったのに、本当に残念だ。いまも生きていたら、絶対にやっていたような気がする。 ツアーをよくやっていたが、…

続きを読む

村下孝蔵をしのんで・・・

昨日、24日は、村下孝蔵さんがなくなった日だ。早いもので、もう13年がたってしまった。 亡くなる前は、必ず七夕コンサートが7月にあり、渋谷公会堂とか、郵便貯金ホールなどにいったものだ。亡くなってからは、同窓会ということで、毎年、浜離宮朝日ホールに行っていたのだが、今年は、場所を替えて、ライブハウスになり、少人数だったせいで、席を取り損ねてしまった。うーん、残念無念。 かわりに沢田聖子さんが、”Forever Live ~親愛なる人へ~”というコンサートを毎年やっているので行こうと思ったが、日曜日にでかける気分にならず、行き損ねてしまった。 何だか、毎年の行事だったので、ちょっと淋しかったりする。来年も、ライブハウスならば、ぜひともチケットをとらなくちゃ。もし、とれなかったら、沢田聖子さんのコンサートにいって、懐かしむか。 でも、何だか、なくなって、もう10年以上たつとは本当に驚きだ。なくなったときが、46歳だから、生きていれば今年59歳か。うーん、まだまだ若いのに。 もう村下さんの歳をとうにすぎてしまい、そろそろ、健康に十分気をつけないといけない歳になってきた。そう思いながらも、ついつい、飲んだくれてしまう。 村下さんも酒好きだったから、同じ病気で倒れないように、きちんと健康管理でもするか。 さてさて、そんな村下さんの命日の24日ということで、昨日は、ライブのDVDをみて、懐かしんでみた。 何か、やるせないね~。この歌声がきけないと本当に淋しい。 いまでも、カラオケにいけば、「初…

続きを読む

村下孝蔵、同窓会!(またまた、残念)

プロ野球も交流戦にはいり、ジャイアンツは、高橋由の満塁ホームランで見事にオリックスをやぶり、ついに、勝ち越しに成功した。しかし、開幕してから1ヶ月以上たって、やっと勝ち越しとは、予想もしなかったが。 昨日は、宮国が先発したが、早々にしりぞいた。どうやら、肩の調子がわるくなったそうで、2年目ながら、先発をこなして、きちんとゲームを作れる投手だったので、戦線離脱はちょっと厳しい。まだまだ、若い投手だから、無理して長期離脱するよりは、早めに休養させたほうがよいかもしれない。まだまだ、ペナントは長いのだから。 しかし、ゴンザレスも怪我で離脱し、いまだに東野が1軍に戻れず、久保もまだ戻れない。久保がいれば、西村を先発ということでいけそうだが、開幕当初は打撃陣が不安だったが、今度は投手陣に暗雲が。大丈夫かな、ジャイアンツは。 この頃、残念なことが続いている。いまも、吉村達也がなくなったのは、いまだに信じられない。本当にショックだ。 そんなショックでしょげているときに、毎年いっていた、村下孝蔵の同窓会が、これまでのホールでの開催から、ライブハウスに変更して、開催されることになり、予約しようと思っているうちに、満席になってしまった。 あ~あ、なんてこったろう。行きたかった~。村下孝蔵も46歳の若さでなくなり、すでに13年がたった。 毎年の恒例のイベントだったので、今年も行きたかったが、ライブハウスで座席数もホールに比べれば少ないこともあり、あっという間に満席になってしまったようだ。あ~あ、本当に残念。…

続きを読む

村下孝蔵 十三回忌 ~同窓会2011~(2)

日曜日もひどく暑い一日で、今年では一番暑い日だったような気がする。親の買い物つきあって、駅までいったが、日差しが暑く、買い物をしていてもめまいがする。この暑い夏を乗り切るためには、十分な睡眠と栄養が必要だと感じた。睡眠不足だと、あまりの暑さで倒れてしまう気がする。注意しなくちゃいけない。 土曜日に村下孝蔵さんの同窓会に行って来たが、昨年、ゲストできた沢田聖子さんのブログをみたら、沢田聖子さんが、このコンサートに見に来ていたらしいです(ここ)。1日2回公演なので、もしかすると2回目の方に参加したのかもしれない。ついつい、今年が一番よかったと書いてしまったが、去年の沢田聖子さんのときも良かったです。沢田聖子さんと村下さんの関係を十分わかっていないけれど、沢田聖子さんは毎年、6月ぐらいに村下さんのためのコンサートがあり、これもいつか行きたいと思っていたが、昨年ゲストで参加した際の村下さんの思い出話や、また、沢田聖子さんの歌は、すごく印象に残ってよかったです。 この同窓会は、年々、ゲストが身近に感じる人になり、人選がすばらしいと感じたりするが、これも、経田康さんの人選なのかもしれない。 そういえば、お地蔵さんバンドといえば、経田さんが毎回いた気がするが、もう一人、川上康子さんという女性も必ずいた。この同窓会でいつか、出演するのかと待っていたが、なかなか登場せず、いまはどうしているのかな~と思っていたら、村下さんのHPで経田康さんの奥さんというようなことが書いてあった。本当なのか、よくわからないが、事…

続きを読む

村下孝蔵 十三回忌 ~同窓会2011~

昨日は、毎年の恒例行事になってきた、村下孝蔵さんの同窓会の日で、浜離宮朝日ホール小ホールまで行ってきた。もうこのコンサートも4年連続で参加だ。生前のときは、東京、神奈川を中心に10回以上もコンサートを見にいき、特に、この夏の時期になると七夕コンサートがあり、必ずいっていた。初めていったのは、まだ結婚前に奥さんと一緒に川崎産業文化会館にいったが、それももうかれこれ25年ぐらい前になる。 そんな村下さんのコンサートにいっては、しんみりと歌をきいて、その声に癒されて、”あ~あ、本当によいコンサートだった。また行こう”と毎回思っているうちに10回以上を越えた。毎年、ツアーをやってくれたので、ツアーのあるときは、必ずコンサートに行っていたが、最後にいったのが、96年の七夕コンサートだ。なくなったのが、99年の6月なので、98年の七夕コンサートが最後だったのかもしれない。ちょうど管理職にあがり、忙しくなってしまったので97年、98年は、コンサートに行っていないが、やっとゆとりがでてきて、そろそろまた行こうと思っていた時に、病気でなくなってしまい、本当に悲しくて仕方がなかった。 そんな村下さんのメモリアルコンサートが2008年に東京であることを知ってから、毎年、いっている。今年で、4回目となった。なくなってからすぐにメモリアルコンサートがあったのか、よく知らないが、なくなって12年になるのに、こうしてコンサートが開催されるのは、少し異例かもしれない。ただ、まだまだ若い村下さんが突然なくなってしまい、まだ村下…

続きを読む

歌人’95

暑い!本気で暑い。昨日は、打ち合わせで外出したが、会議室が暑くてたまらない。議論をしていると興奮しているわけじゃないのに、汗が額から・・・。ちょっと、これは異常だ。会議室の窓が開くわけじゃないので、暑さに耐えながら議論をしていると、頭が朦朧としてくる。会議が終わって、廊下にでると、廊下の方がはるかに涼しい。うーん、本当にこれで、真夏を過ごすことができるのだろうか。 家に帰ってきても、とにかく暑い。特に風呂から上がったら、汗がでてきてしまい、せっかく風呂に入った意味がない。まだ、6月だというのに、これで、8月とかになったら、どうなるんだろう? 停電が困るから節電するかしかないが、節電にも限界がある。この暑さに耐えるのも良いけれど、あまり我慢し続けると熱中症になる。とくに年配の方は気をつけないといけない。無理せず、クーラーをつけた方が良い気もするが。 さて、昨日、ついに予約していて、村下孝蔵さんの”歌人’95”のDVDが手元に届いた。ちょっとうれしい。ということで、いま、見ながらブログを書いてます。うーん、懐かしい~。昔とかわらないな~、なんて思ったが当たり前か。元気な頃の映像なのだから。95年といえば、もうかれこれ、16年も前の映像だ。16年前って何してたかな~と思い出せば、ちょうどマネージャに成り立てぐらいの歳で、家を買ったのもこの頃だった気がする。 夏になれば、毎年、村下孝蔵さんの七夕コンサートにいっていた。本当に懐かしい。顔に似合わず(と言ったら本人に失礼だが)、良い歌詞と曲と、また、…

続きを読む

村下孝蔵を偲ぶ

最近、週末もいろいろとやることがあり、忙しかったが、久しぶりにボーっとした。ボーっとすると、テレビをみて、焼酎をのむことぐらいか。飲んでは、酔って眠って、とこんな生活をしていたら、すぐに歳をとってしまう。 その飲んでいるときに、陸上の日本選手権をやっていて、200mの短距離をやっていて、福島千里さんが、100mに続いて、2冠を達成した。世界陸上などで日本がメダルをとれそうなのは、マラソンか、室伏のハンマー投げぐらいだと思っていたが、この女子の短距離走もちょっと期待がもてるかもしれない。まだまだ、メダルまでは届かないかもしれないけれど、決勝に進むことができるかもしれない。それぐらい、期待できそうな予感がする。頑張れ、福島! そんな日本選手権以外にも、来月に近づいた、村下孝蔵さんの十三回忌の同窓会2011のために、昔のDVDを再度出してきて、見ていた。うーん、やっぱり、非常に良い。元々、歌詞も良かったし、曲も良かったので、毎年毎年、七夕コンサートにいっていた。もう村下孝蔵さんがなくなって、12年もたつのか。まだまだ若かったし、いまも元気ならば、絶対にコンサートをやっていただろうし、そのコンサートに必ずいっていたと思う。 本当に悲しい限りだ。 最近は、毎年この時期になると、同窓会が開催されて、村下孝蔵さんゆかりの人たちが集まり、フィルムコンサートを交えて、昔にどっぷりと浸ることができ、非常に懐かしく、また、有意義な一日をすごすことができる。 今回は、渡辺真知子さんがゲストで参加して、また、懐か…

続きを読む

村下孝蔵 十三回忌 ~同窓会2011~ 開催決定!

今年も夏に村下孝蔵さんの同窓会が開催されるという情報があり、最近の中ではちょっとうれしいニュースだ。 村下孝蔵さんがなくなってすでに10年以上たつが、夏になると必ず七夕コンサートがあり、冬はツアーもあるので、年に2回ぐらいは必ずコンサートに行っていた。 この村下孝蔵コンサートは、座ってじっくりと聴くので、立ったりすることは一度もなく、あっても手拍子ぐらいだったと思う。歌に聞きほれるっていうことの方が多かった。とにかく、コンサートにいくと必ず満員で、男性、女性のファンが半々ぐらいで、男性も団体だったり、一人だったりと、幅広い層から人気があった。 村下孝蔵のバックバンドは、経田康さんひきいるお地蔵さんバンドで、なかなか、本当によかったと思う。 そんな村下さんが、七夕コンサートを前に突然、亡くなってしまい、当時は、まったく信じられなかった。倒れたというニュースが先に流れ、それを見たときには、やっぱり多少太っていて、アルコール好きは健康に気をつけないといけないと思ったが、もうそう思った時点でも必ず復帰してくると思っていただけに、亡くなったときは大ショックだった。その当時も、オフコース、チューリップ、ふきのとうなどのコンサートに行っていたが、やはり盛り上がると立ち上がって手拍子って感じだったので、それに比べるとどっしりと座って聞けるコンサートなどそうそうなかったし、聴いていて、会場から涙をすするような声が聞こえたのは、村下孝蔵コンサートぐらいだったと思う。 なくなってから、数年して、同窓会があるの…

続きを読む

歌人・村下孝蔵 フォーエヴァー~同窓会2010~

今年もまた”歌人・村下孝蔵 フォーエヴァー~同窓会2010~”が、昨日開催された。昨年が、ちょうど10回目という区切りで、もうコンサート形式での開催はないという話があり、残念な思いでいたが、経田康さんの熱い思いで無事に11回目の開催となった。本当に良かった。場所も去年と同様の浜離宮朝日ホール小ホールで、今年で3回目だが、年々会場の設営も良くなってきた。 早いもので村下さんが亡くなってもう11年という歳月がたった。まだまだ働き盛りの46歳という若さで、かつ急死だったので、村下さんも心残りだったと思うが、私もまだまだ村下さんのコンサートで村下さんの歌を聞いて、泣きたかった。歳を重ねれば重ねるほど、歌詞のよさを感じるようになり、もう1回、せめてあと1回、生の演奏で生の歌がききたかった。本当に残念でならない。 毎年毎年、7月に開催された七夕コンサートと全国ツアーのコンサートには必ず行っていたので、その年中行事がなくなり、本当に寂しかった。そんな村下さんが亡くなった年齢をはるかに越えてしまい、すべてのことをやり遂げたら、思い残すことはないのかもしれないが、まだまだ、この歳になってもやり残したこと、やりたいことは多くあり、やはり当の本人も残念に思っていると思うが、私を含め、ファンの人たちも残念に思っていると思う。 そんなファンの気持ちをくんでくれたのか、経田康さんが見事に11回目を開催してくれて、経田さんの言葉を借りれば、”10年を一つの区切りとして、また新たな1年目を向かえ・・・”と言っていたので、こ…

続きを読む

同窓会

一昨日は、初夏ぐらいの陽気でポカポカして、こんな日が続いてくれれば、と思っていたら、昨日は、何と10度以上気温が下がり、冬の陽気になった。こんなに温暖の差が激しいと体の調子が悪くなる。テレビのニュースでは、福島の郡山では、桜が咲いている中で雪が積もっているという状況らしい。こんなのが、続くと、せっかく日本には素晴しい四季があるのに、それもグチャグチャになってしまう。あ~あ、早く春らしい春にならないのだろうか。ちょっと心配。 そんな寒い天気ではあるが、昨日は家に帰ってきて、同窓会というドラマを見ていた。うーん、同窓生と久しぶりにあって、恋とか浮気とかしたいものなのだろうか?と疑問に思ったりする。数ヶ月前に中学校の同窓会に行ったときに、昔の友達とかにあっても確かにそんな気持ちにはならなかったが、時としてそんなことが起きるのだろうか? まあ、確かに自分の好きだったとか、あこがれていたって子に会ったら、どんな気持ちになるかなと考えてみても、数年ぶりぐらいならば、よろっとするかもしれないが、数十年たったら、自分だって随分変わっているし、相手も当時と同じってことはないのだから、少しショックを受けるかもしれないし、恋だ、愛だという気持ちはわかない気がする。どうなんだろう?この前の同窓会では、みんなが私が昔(30年以上前)と変わらないと口々に言われ、その度に”これでも成長している”と反論してみたが、容姿よりは雰囲気が変わらないといっているような気がする。まあ、冗談かもしれないし、ホメ言葉か、けなし言葉かもしれ…

続きを読む

歌人・村下孝蔵 フォーエヴァー ~同窓会2010~ 開催決定!

村下孝蔵さんが亡くなって、ここ数年は、昔のバンドのバンマスである経田さんを中心に同窓会コンサートが夏に開かれていた。以前は、夏といえば、七夕コンサートが定番で、このコンサートは毎年のように行っていた。この七夕コンサートと、ツアーのコンサートに行くので、年に2回ぐらいは、行っていたような気がする。そんな村下孝蔵さんが、亡くなり、非常に寂しい思いをしていたが、ここのところ、毎年、この同窓会コンサートにいって、昔を懐かしんでいる。 去年、同窓会コンサートに行ったときは、もうコンサートはやらないというコメントがあり、今後は、コンサート形式よりは、ちょっとした飲みながら聞けるようなものに変更したいというような話しがあり、少し寂しい思いをしていた。村下孝蔵さんがなくなっても村下孝蔵さん情報を公開している村下孝蔵ホームページを見たら、何と、”歌人・村下孝蔵 フォーエヴァー ~同窓会2010~ 開催決定!”というニュースがでていて、また、今年もコンサートがあると思うと、非常にうれしい。場所も、浜離宮朝日ホール小ホールと毎度の場所だ。 もう村下さんがなくなって11年たつそうで、月日のたつのは本当に早い。いま、聞いても決して詩も曲も古い感じがしない。良い歌は、何年たっても色あせない。村下さんを初めて聞いたのは、私の友達が、シングルのレコードを持っていて、何で演歌歌手のレコードを買ったんだろう?と疑問に思いながら(名前もそうだが、ジャケットの写真も演歌歌手っぽかった)、まあ、聞けって感じで聞かせてくれたら、これが非…

続きを読む

歌人・村下孝蔵フォーエヴァー ~同窓会2009~

昨日は、去年に続いて2回目の参加となった、”歌人・村下孝蔵フォーエヴァー ~同窓会2009~”があった。去年、奥さんと行ったときに、”また行きたいね”と話していたら、今年もまたやってくれたので、楽しみにしていってきた。このコンサートは、昼と夜の部の2回開催されるが、昼の部のコンサートにしたので、金曜日は飲みたくなかったのだ。仮に深酒して、このコンサートにいけなかったりしたら、それこそ大変だった。金曜日は深酒はしなかったものの、異常に酔ってしまったが、一応、土曜日は元気だったので、楽しくコンサートに行って来た。場所は、去年と同様に浜離宮朝日ホールで、去年と違って全席座席指定だった。去年は全席自由席だったが、指定の方が楽かな。でも、イスは良くなっていた。ホールの後の方は、段差がついているので、きちんとしたイスなのかもしれないが、前のほうは、備え付けのイスでないので、去年はパイプイスみたいで堅かったが、今年は良くなっていた気がする。 それと、去年に比べると席も満席だった。去年は、満席まで行かずに少し空いていた気もする。年齢層も去年は、本当に高年齢の方が多かったが、今年は、若い人も結構いた。ただ、やはり、私ぐらいか、ちょっと上の年配の方が多くをしめていて、お子さん連れの方も結構いた。二部制だから、1時間半ぐらいで終わると思ったら、2時間半近くまでやっていたが、長いという感じもしなかったし、非常に良いコンサートだった。 お地蔵さんバンドの経田康さんが中心となり、メンバーが編成されていて、始めは村下さんの…

続きを読む

村下孝蔵さん亡くなって10年

もう早いもので、村下孝蔵さんがなくなって今日で10年がたつ。日がたつのは本当に早い。毎年毎年、この時期になると七夕コンサートがあるね、なんて奥さんと話して、二人でコンサートにいったものだ。始めは、友達がシングルのレコードを持っていて、ジャケットをみると私とまったく正反対のきっちりと髪をわけたサラリーマンか演歌歌手っぽい人がうつっていて、歌も”春雨”だったので、何で友達は演歌を急に聞き始めたのだろうか?と思った。当時は、確か大学卒業の頃で、若いのに演歌好きなのかな、と思った。歌を聴いてみたら演歌ではなく、当時のニューミュージックで、老けているけど良い歌をうたうねと好きになった。その後、初恋がヒットして、メジャーになったが、その後も良い歌が多くて、毎回コンサートにいった。私の部下が、好きなミュージシャンのコンサートに1回のツアーなのに、何回も見に行くという話しを聞いて、”ツアーだから同じ内容だし、1回見れば良いのでは?”なんていってみたが、実際には、私もこの村下孝蔵さんのコンサートが身近なところであれば行っていたので、ツアーでも2回ぐらい見に行ったこともあった。立ち上がって盛り上がるなんてことはまったくなくて、ずっと座ってきくことができたし、手拍子もそんなに頻繁にあるわけじゃなくて、じっくりときくって感じのコンサートだった。本当になくなったことが信じられなかった。いまでも、全曲集のCDやコンサートDVDを持っていて、たまにきくが、いま聞いても古いという感じがしない。いまも元気ならば、50歳代で、多分、…

続きを読む

村下孝蔵、同窓会

昨日は、もう9年前になくなった、村下孝蔵を懐かしんで開催された、”村下孝蔵フォーエヴァー~同窓会2008~”のコンサートに奥さんと行ってきた。村下孝蔵は、ちょうど学生の頃に親友が、”春雨”というレコードをもっていて、ジャケットも地味だったので、演歌歌手だと思い、友達も若い割には演歌が好きなのかと思ったところから、知った次第です。そのレコードを聴いたら、当時のニューミュージックで、この顔で演歌じゃないのだと非常に印象に残り、その後、歌詞や曲が非常に良かったので、好きになり、LP(当時ですが)を借りたりして、よく聴いていた。その頃か、その後かで、村下さんが病気で一時休んでいて、復帰したあとで、”ゆう子”、”初恋”、”踊り子”とヒット曲がでて、メジャーな歌手になったが、あまりテレビにでなかったので、あまり本人が村下孝蔵だと思ってくれなかったのではないかと思う。中学校から大学まで付き合った彼女が、”ゆう子”と”さちこ”の名前の女の子となぜか交互に付き合って(これまた同じ人じゃない)いたこともあり、この村下孝蔵の”ゆう子”が好きで大ファンになり、毎年のように、奥さんと一緒にコンサートに行っていた。特に、七夕コンサートは、ほぼ行っていたので、その七夕コンサートを含め、10回ぐらいはコンサートに行っていたと思う。そんな村下さんが、なくなって、もう9年がたつ。月日がたつのは非常に早い。 また、コンサートに行きたいと思っても、もう亡くなってしまったので、会うことないなーと思っていたが、毎年、経田康さんがバンマスの…

続きを読む

松たか子のCD購入

ボーナスもでたことだし、ってわけじゃないが、私を癒してくれる松たか子のベストCDが完全生産限定盤としてでることになっていたので、随分前に予約していたが、昨日ついに届いた。いや~、やっぱり松たか子はかわいい。癒されるな~。さすがに10年の集大成のアルバムだけある。まだ、すべて聞いたわけじゃないが、本までついているので、すごくうれしい。 この松たか子に加えて、これまでで一番コンサートにいっていた村下孝蔵の10枚組みのCDがでるので、これも予約中だ。こちらは、まだ発売されていないらしいので、手に入らないが、村下孝蔵が1999年に亡くなって、早くも9年がたった。元気だった頃は、毎年七夕コンサートに奥さんと足を運んで、何度涙したか。聞かせるコンサートだから、どかっと座って落ち着いて歌を聴くことができた。当時は、そんなに早くなくなると思ってなかったし、元気であれば、55歳だから、多分、まだまだコンサートは続いていたと思う。本当に残念でならない。 このCD2枚は、奥さんに黙って買って、昨日家に松たか子のCDが届いてしまったので、買ったのがばれてしまった。もう少ししたら、私の誕生日だったので、奥さんが、”じゃ、誕生日プレゼントね”というので、”何をわけわからんことを言っているのだ。これは、私のお金で買ったんだから”、”じゃ、何がいいの?”、誕生日プレゼントを聞いて買う人はいないだろうに。むしろ、自分で考えて買ってくれって感じだ。しつこく聞くので、”じゃ、若いお姉ちゃん”と言ったら、怒られた。怒るならば、聞くな…

続きを読む

村下孝蔵さんを偲んで

24日は、村下孝蔵さんがなくなって、早いものでもう8年がたつ。大学時代に友達の家で、いかにも演歌歌手のような名前の村下孝蔵さんの”春雨”(この題名もいかにも演歌っぽい)を聴いて、すっかりファンになった。姿をみても、どうもニューミュージックという感じではなくて、演歌歌手っぽかったが、”ゆうこ”という歌ですっかりとファンになった。 なぜか、中学生の頃から、大学生まで、ゆうこと、さちこという名前の女性を交互につきあっていたこともあるが、非常に、”ゆうこ”という歌が気に入った。この歌が流行った頃は、もうその二つ以外の名前から脱皮していたが。 その後、”初恋”、”踊り子”と大ヒットして、有名になってしまい、テレビにでなければ、もっといけるのでは?なんて不謹慎なことを思いながら、ずっと応援していた。 その後、奥さんと付き合った頃から、村下孝蔵さんのコンサートにツアーがある度に、聞きに行っていた。しんみりと聞かせるし、そもそも詩が身近に感じる悲しい思い出のものがあったため、コンサートでは必ずすすり泣くような感じであった(私は泣きませんでしたが)。 バックバンドも”お地蔵さんバンド”といって、コンサート中にたったことがないし、誰も立たずに盛り上がっていた。あ~あ、懐かしい。結構、コンサートは行きました。いまも、元気でコンサート活動を続けていれば、絶対にいっていると思う。七夕コンサートと、冬のツアーにいっていたので、年に2回ぐらいは行っていたと思う。 ちなみに、今は歌いませんが、当時は、カラオケは、今も歌…

続きを読む