気ままな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS プロ棋士、初戦勝利!

<<   作成日時 : 2015/03/20 01:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

将棋電王戦FINALが、先週の土曜日から始まった。
これまで、プロ棋士が、コンピュータに負けてしまって、なかなか勝ち越すことができない。
前回は、タイトル保持者が出場したのに、負け越してしまって、本当にショックだった。ただ、負けた森下九段が、リベンジでコンピュータを圧倒したのは、少しだけ安心した。
今回は、タイトル保持者ではなく、若手でコンピュータなれしているプロ棋士の出場となった。
斎藤五段、永瀬六段、稲葉七段、村山七段、阿久津八段と強力な布陣だ。今度こそ、プロ棋士の方がすごいぞ、というところを見せて欲しい。
その初戦が、先週の土曜日にあり、見事に斎藤五段が、コンピュータソフト「Apery」を相手に115手で勝った。
さすが、斎藤五段!
先週、土曜日は、セミナーがあり、さらに、その後、宴会があったため、生で直接見ることができなかったが、その棋譜を並べてみると、斎藤五段の圧勝だ。
これまでのコンピュータソフトとの戦いでは、コンピュータソフトの方が読み手がすばらしく、また、終盤までに互角、もしくは、コンピュータがリードを奪っていると、読み違いがないだけに、プロ棋士が粘っても、負けてしまうことが多かった。今回の斎藤五段は、相手がコンピュータソフトと思わせないぐらいに、完璧に負かしたと思う。
以前、豊島七段が勝ったときも、さすがプロと思わせるぐらいに見事に勝ったが、今回は、それ以上だ。
本当に斎藤五段の戦いっぷりは完璧だ。
最後は、コンピュータソフトならではの、指してが続いてしまって、大差がついてしまったが、幸先の良い一戦となった。
これで弾みをつけて、プロ棋士の5連勝なんてことになったら、やっとプロ棋士が、コンピュータソフトを見返して、まだまだ、プロ棋士の方がすごいぞ、ってところをみせることができる。
ただ、そう簡単ではないだろうね。さすがに、5連勝はないか。
ギリギリ勝ち越してくれれば、本当にうれしいが。頑張れ、プロ棋士!今度こそ、リベンジだ!

※コンピュータ将棋の実力は年々あがっている。勝つのは本当に難しい。

ドキュメント コンピュータ将棋 天才たちが紡ぐドラマ (角川新書)
KADOKAWA/角川書店
2015-03-25
松本博文

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドキュメント コンピュータ将棋 天才たちが紡ぐドラマ (角川新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プロ棋士、初戦勝利! 気ままな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる