気ままな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 岩隈、ノーヒットノーラン

<<   作成日時 : 2015/08/13 14:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ここ2日ばかり、深酒をしていた。深酒すると、真夜中は死んだように寝ているので、咳きこんでおきることがない。
ただ、まだ、汗をかいて熱さが覚めてくると、ひどく咳きこむ。ふー、いつになったら、治まるのだろうか。
ただ、先週の土曜日に病院にいって、血液検査をしたこともあり、今日も病院にいってきた。
何と、菌がへり、炎症もひいたようだ。あとは、もうしばらく、薬を飲めば、治るようだ。しかし、長かった〜。1か月以上も病気が続くことはめったにない。もう少しの辛抱かな。
さてさて、メジャーにいっている岩隈が、ノーヒットノーランを達成した。
日本人メジャーでは、野茂以来で2人目の快挙だ。野茂は、メジャーで2試合ノーヒットノーランを達成させたが、それについでの記録達成だから、岩隈もすごい。
ただ、野茂の場合、プロ野球で投げているときに、これは、メジャーでも十分通用すると思っていただけに、記録については、当然のように感じたが、岩隈の場合、どちらかといえば、メジャーで通用するのかな?と思っていた。
それが、ノーヒットノーランだから、すごいことだと思う。
確かに、テレビで岩隈の投球をみていると、ボールが低めにいっているとき、あまり打たれない。スピードはあまりないけれど、変化球の切れと、コントロールの良さが、大雑把なメジャーの打者と相性がよいのかもしれない。
野茂の場合、トルネード投法で打者がタイミングを取りづらかったことと、それに加えて、剛速球があったため、力でメジャーのバッターを抑えていた。それに比べるとはるかに岩隈の方がゆったりいっている感じがする。
岩隈よりも、松坂の方が、メジャーにいったら、活躍すると思っていたのに、メジャーでの成績だけいえば、岩隈の方が上かな?
松坂はメジャーにいった2年間は二ケタ勝利をあげたのに、それ以降は、徐々に二ケタ勝利から遠ざかってしまった。
怪我をしたことも、その一因なのかもしれない。プロ野球の速球派のタイプは、メジャーだとなかなか通用しないのかもしれない。
体がでかいし、当たれば飛ぶし、やっぱり、かわす方がメジャーでは通用するかな。
プロ野球の実績でいえば、岩隈より上の、伊良部、黒田、井川、上原、松坂、ダルビッシュ、田中などがいただ、だれも、ノーヒットノーランを達成することができなかったのだから、岩隈はすごい。ノーヒットノーランは、偶然できるものではないし、やっぱり、実力だと思う。
今年は、少し怪我で出遅れた感はあるけれど、3年連続二けた勝利もまだまだ十分チャンスはあると思う。
頑張れ、岩隈!

※すごいね、岩隈は。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
岩隈、ノーヒットノーラン 気ままな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる