気ままな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 100年続く、蕎麦屋

<<   作成日時 : 2017/03/29 01:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日は、一昨日に比べると、非常に暖かい。
一昨日の寒さだと、桜が開花宣言したのに、これじゃ、いつ咲くのかわからない、なんて思っていたけれど、昨日、昼に食事にいったら、桜が少しだけ咲いていた。
これじゃ、今週末あたり、そうとう良い感じで、桜が咲くような気がする。こりゃ、本当に楽しみだ。
それにしても、日本の四季ってよいね。やっぱり、春が一番よいかもしれない。
ただ、桜を見ながら、お酒でいっぱいという感じではないか。外で飲んでいたら、やっぱり、まだ、寒いと思う。
風邪には注意しようっと。
さてさて、2〜3か月に一度、飲みに行く蕎麦屋の系列のお店が、会社の近くにあり、よくその蕎麦屋で昼食をとっていた。
このお店の味になれたせいか、毎日食べても飽きなかったぐらい、ソバのだしの味がよくてうまかった。
そのお店は、注文してから、でてくるまでが早かったし、仕事が昼までのびても、そのあと、食べに行っても嫌がらずに料理をだしてくれた。こんな良いお店がなくなり、飲みに行く、この本店の蕎麦屋でたべると味が濃い。
どちらかといえば、まずい。
飲んだ時は、料理は味など関係なく、酒のつまみになればよいという感じなので、味が気にならなかったが、昼にそばを食べにいくと、やたら味が濃くて、のどが渇く。
もうこれじゃ、昼食でそばは食べれないな〜、なんて思っていた。
仕方がないので、会社の近くにある蕎麦屋に通ってみたら、お店の2階の階段がやたら急で危ないお店だったり、やたら高かったりと、なかなか良いお店に出会えない。
そんな中で、100年続く、蕎麦屋というのを見つけた。
割とこじんまりした感じで、味が非常によい。
それに、なぜか、蕎麦屋なのに、フルーツがでる。なかなか気の利くお店だと思う。
まあ、デザートがでるということよりも、そばとつゆの味がすごくよい。さすがに、100年続く、老舗の蕎麦屋は、伊達じゃない。それにしては、昼食にはいったのに、何だか、お店近くの住人の人たちが食べに来ている雰囲気だ。
企業でも100年続けることって大変だと思うが、そんな100年続いたお店の老舗の味って重要だと思う。
私の働いている会社も100年続いたら、こんな味のある会社になっているかもしれない。頑張れ、わが社!

※100年続く企業ってすごいことだと思う。

自分の会社を100年続く企業に変える法 (アスカビジネス)
明日香出版社
曽根 康正

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 自分の会社を100年続く企業に変える法 (アスカビジネス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
100年続く、蕎麦屋 気ままな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる