焼肉宮殿

GWの時に、テレビコマーシャルの裏側のような内容をやっていたが、その時に、日本食研で、”焼肉のたれを宮殿で作っているというCMが流れているが、本当に宮殿はあるのか?”という内容をやっていた。
多分、テレビを見ているときに、大量の人が踊りながら、”焼肉なんちゃら、焼肉のたれ、本当に宮殿で作っている”なんて感じ歌で、CMが流れていると思う。
実は、あれは、本当に宮殿で作っていて、工場が宮殿になっているという内容だった。
何で、焼肉のたれを作るのに、宮殿が必要かわからないが、宮殿のモデル(ヨーロッパを代表するベルベデーレ宮殿らしい)があって、そこをまねて工場をつくっているらしい。私は、冗談かと思っていたら、本当にそんな宮殿を造ったとは、日本食研はすばらしい。CMとしてのインパクトもあるし、実際には、工場見学もしっかりとできるらしい。奥さんいわく、CMは見るけれど、お店でなかなか売っていないらしいが、あの歌は非常に耳に残るし、宮殿なんてウソだよねと思っていた私にとっては、かなり裏をかかれた感じである。
ちょっと意味合いは違うけれども、本当にある宮殿をパクッて、誰もが焼肉のたれを宮殿でつくるなんて発想をもたないのに、それをやってしまう経営者のセンスって、なかなか真似できないし、従業員もあっと言わせてしまう経営者ってなかなかいない。
私の昔の上司で、”この人は何を考えているんだろう?”という人がいたが、当たり前のことをいうよりも、夢のような、私では発想のわかないことを言う人が、”俺たちはこれを目指す”というと、それを信じてやっていこうか、という気になる。私が目指す管理者のあるべき姿は、そんなカリスマ性のある人だ。
先日、元早稲田の清宮監督が、ミッション(使命)、ビジョン(未来像)、ゴール(目標)、ポリシー、戦略、戦術を明らかにして、早稲田大学のラグビー部の部員に対して、プレゼンをして、最強の軍団を作ったという本を読んだが、きちんとした下地があり、それをベースとして、自分の考えを明らかにして、そこから、”俺についてくれば成功する”というカリスマ性のある人を私は目指したい。うまくまとまりがないが・・・(今日も軽くといって、重く呑んでしまったので、文書に歯切れがない。うーん、最近は、いつもこんな感じだ)。

※ブログの内容とまったく関係ないですが、この本は、かなり面白いです。
   死亡推定時刻
  ぜひ、興味あれば。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • チェコの情報ページ

    Excerpt: 東欧の美しい国チェコの情報を集めてみました。 お役に立てれば幸いです。 Weblog: チェコの情報ページ racked: 2007-05-22 01:29