小林さん早食い記録破られる

先日、アメリカでホットドッグ早食い競争が開かれて、小林さんの世界記録が塗り替えられてしまった。以前、テレビ東京で早食い競争を毎週のようにやっていて、何人もの食いしん坊が出演していた。小林さんもその一人だ。そもそも体がやせていて、到底大食いをする人にはみえない。そういえば、ギャル曽根も似たようなものだ。何で、あの体で、あんなに多くのものが入るのだろうと思ってしまう。どこに消えるのだろう?
私の予想(大したことじゃないが)では、食べたそばから、どんどんと消化されるので、胃は小さくても、腐るほど食べれるような気がする。結果的に、消化しても、胃腸にたまるわけじゃないのかもしれない。私は、多く食べると腹がふくれ、食べれなくなる(一般的?)。
話しは元に戻るが、あの体で、体格の良いアメリカ人を負かせていたので、ぜひ、再度チャレンジして、記録を取り戻して欲しい。頑張れ、小林!私がついている(また、これか)。

※今回はこれ。いま、読んでいる本です。
   間暮警部の事件簿 マグレと都市伝説

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック