気ままな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 欧米か?

<<   作成日時 : 2011/01/23 08:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

大相撲も千秋楽をむかえずに、横綱・白鵬が、またまた勝って6連覇を達成した。これで、日本人力士の優勝が30場所もないらしい。まだまだ若い白鵬(25歳)、把瑠都(26歳)、琴欧洲(27歳)、日馬富士(26歳)がいると、当分、日本人力士の優勝がでてくるような気がしない。
私がおしている白鵬キラーの稀勢の里も24歳と若いが、まだまだ白鵬に追いつくことができない。ただ、徐々に強くなってきたので、ここで一気に大関に昇格するぐらいの活躍をして、早く上位にあがって優勝を狙って欲しい。頑張れ、稀勢の里!
こう考えてみると、相撲の世界では、海外力士の進出が非常に目立つが、これが、国内の企業にも言えるようだ。昨日のニュースで、NECなども来年の採用で海外の採用率をあげるという。国内市場から海外市場へのグローバル展開を考えると海外での商習慣などを理解している人たちを採用した方が良いと判断したようだ。
何となく、採用に海外の人の枠が増えてしまうと、日本人の採用枠が少なくなり、ますます、景気が悪くなるような気がする。大企業ばかり考えなければ、中堅・中小には、まだまだ雇用の枠はあるという話もあるけれど、日本人の働く場がなくなり、海外の人が優遇されるのは、どうかと思う。
もっともっと、国内が景気良くなる為に各企業ともに考えた方が良い気がする。
そういえば、楽天や「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングが、公用語を英語にすると発表し、すでに楽天では社内食堂のメニューなどは英語だけになっているそうだ。そういえば、モバゲーだったか携帯ゲームの宣伝で味噌汁が”miso soap”と表記されたCMがあった。まさに、楽天は、こんな感じなのかもしれない。
それに加えて、今度は、武田薬品が新卒採用時にTOEIC730点以上を義務付けるというニュースが流れていた。
確かに、これから海外の人としっかりとコミュニケーションをとるためには、英語が重要なのかもしれない。
ただ、急にこれら新卒で就職する人たちにとっては非常に大変な出来事だ。1〜2年ぐらいの人たちを対象に急に英語がわからないとダメといわれてもついていけない気がする。ある程度、英会話の学校で勉強して英語能力があがると思うが、コミュニケーションをしっかりととれるぐらいにすぐに身につくわけがない。
どうせやるならば、小中学校の教育の中で、きちんと組み入れてやらないと、急には身につかない。もしかすると、私が子供の頃の英語の授業と大きく違って、実践型の英語の授業になっているのかもしれないが。
何か、ますますハードルが高い時代がきた。日本語が置き去りになっていくのは、少し寂しい限りだ。

※日本語を正しく話すほうがコミュニケーションということで言えば重要な気がするが。

日本人の知らない日本語
メディアファクトリー
蛇蔵&海野凪子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本人の知らない日本語 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
英会話の独学は無理?
◇何でこんなに英会話が身につかないの?◇学校で、多くの時間を英語の授業に費やしてきたはずなのに、いまだに英語が話せないし聞き取れない。英文法も学んだし、相当な数の英単語も暗記したはずです。でも、英語を使いこなせている人はほとんどいません。しかも、あれほど学校では英語の成績が良かった人でも、社会にでたら、ほとんど役に立たず、結局使わなくなってますます忘れてしまった、という人も多いことでしょう。◇英語は大人になってからでは手遅れ?◇社会人になってから、ようやく英語の必要性に気付く.. ...続きを見る
英会話独学のヒント
2011/01/23 12:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
英語圏に行けば、片言の英語でも通じる。暮らしてゆける。
完全な英語でなくても、英語環境がととのっているから通用するのである。
英語環境がととのっていれば、そのうちに、英語も上達する。

我が国においては、どんなに英語が堪能であっても就職先に困る。
それは、人々が英語を使わないからである。これでは、暮らしがなりたたない。

日本の学校で6年間英語の授業を受けてもまず話せるようにならないのは、英語環境がととのはないからである。
一歩学校の外に出ると英語を使わないのでは、せっかく習った英語も錆ついてしまう。
日々の学習努力も賽の河原の石積みとなっている。

日本の学生のために英語環境を整えることが、語学力を増すことにつながると考えられる。
それには、英語を我が国の第二公用語にするのがよい。
国民も政治指導者も、英語の使用を日本人のあるべき姿と考えることが大切である。


http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/
noga
2011/01/23 09:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
欧米か? 気ままな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる