伝説飯2

ここ数ヶ月、毎日一駅多く歩いている。会社に行く途中で、けっこう急な坂があり、100mぐらいずっと上り坂になり、始めのうちは途中で疲れた~って感じになったが、最近では慣れてきて、一気に上ることができる。
その急な坂を上りながら、いつも思うのが、年始の恒例である箱根駅伝だ。箱根の往路の最終区間である箱根湯本から芦ノ湖に抜けるために山登りがあり、この区間に山ノ神と呼ばれる選手が、登場するが、その箱根駅伝の坂と、いつも歩いている坂の勾配って同じぐらいなのだろうか。もし、この勾配が同じだとすると、距離が違うので、相当足にくるような気がする。
それぐらい、坂って走りづらいし、それが永遠と何キロもあったりすると足への負担はすごいものだと思う。
山ノ神ってすごく偉大だと思う。私も、今歩いている坂を一気に走り抜けることができたら、箱根駅伝の山ノ神に少しだけ近づくことができるかもしれない。当然、箱根駅伝の山ノ神と比較したら、大変申し訳ないと思うが。
箱根駅伝は、こんな坂があって、20km以上はしるのだから、本当にすごい。20kmを歩くことも大変だと思っているのに。
さてさて、日曜日にフジテレビで”伝説飯2”というのをやっていて、見ていたら、どうしてもラーメンが食べたくなった。
ということで、昨日の昼食はラーメンだと思って、いつも食べにいく中華屋では、タンメンしか食べないし、”伝説飯2”でやっていた”次世代焦がし特濃らーめん”のような醤油味のラーメンはない。
どうしても、醤油味のラーメンが食べたくて、いつものお店と違うお店にいって、メニューをみて、”鶏ネギラーメン”とくれば、醤油味だと思って頼んだ。
ところが、何と来たのが、塩味のラーメン。なんだと!何で、塩味なんだ~。それじゃ、いつも食べに行っている中華屋のタンメンを食べているとかわらないじゃないか。ショック。
ちなみに、”伝説飯2”を見ているだけで、これも食べたい、あれも食べたいと見ているだけでお腹がへってしまった。最近、この手の番組が多くなってきて、取り寄せ4年待ちとかいうものもあったりして、そこまでして、食べたいと思わないし。もともと、並んでまで食べたい、買いたいって思ったことがない。
ただ、この番組を見ていたら、本当に食べたいと思ったりした次第です。ただ、トマトのすき焼きは、どうだろう。美味しいのかもしれないが、やっぱり、トマトは塩をかけてかぶりつくのに限る。それ以外の食べ方でうまいものはないと思うのが、どうだろう。

※さかのぼりに疲れなくなったら、山の神でも目指すか(ウソです)。

箱根駅伝 (幻冬舎新書)
幻冬舎
生島 淳

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 箱根駅伝 (幻冬舎新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック