ジャイアンツ、6連勝!

あ~あ、やっぱり、思い出しても、ワールドカップの初戦での負けは悔しい~。せっかく先制したのに、かなり残念。圧倒的に攻撃されていたし、もっと責めないとダメだね。
ちょっと守りすぎたのが敗因らしい。もっと責めないと守備の負担も大きいし、日本らしくないそうだ。日本代表は、責めることを中心に選んでいるそうで、もっともっと、責めてないと。そういえば、テレビの中継で、元日本代表の岡田さんもそんなことを言っていた。相手の自陣でボールを持っているときにも、取りに行くぐらいにいかないとダメだと。相手に自由にボールを回させていたら、相手のリズムとなってしまうので、やっぱり、ドンドンととりにいって、リズムを崩し、日本のペースで試合を進めないといけない。残り2試合あるし、これから、これから。頑張れ、ニッポン!
さてさて、毎週日曜日に負けるジャイアンツが、昨日は、見事に楽天をまかして、これで6連勝となった。交流戦でも、セ・リーグでも首位となった。何となく、タナボタ感がある。
首位を走っていた広島が、交流戦になったとたんに負け続けて、自滅したせいで、ジャイアンツが首位になった気がするが、まあ、それでも、首位は首位。この調子で行って欲しい。
しかし、楽天の2試合ともに苦しい戦いだね。土曜日は、菅野が抑えて、我慢しているうちに、亀井のタイムリーで先制して、見事に勝ちきった。あそこで、ライトがエラーしなければ、まだまだ、試合はわからなかったと思う。
9回にマシソンに任せたら、四球ばかりであやうく逆転サヨナラとなってしまうところだった。
昨日は、則本が、まったく打てず、ジャイアンツも小山、久保、今村とつなぎ、再三のピンチをおさえたのに、去年までジャイアンツにいたボウカーにホームランを打たれてしまった。則本の調子を見ていると、こりゃ、今日は負けだと思ったいたら、なんと、9回になって、坂本と村田のタイムリーで3点を奪い、逆転した。
あの則本のピッチングを見ていたら、打てそうでなかなかヒットがでないので、先制を許したらダメだと思っていた。まさか、こんなときに、ボウカーに打たれるかな~と思ったが、今村も相当よいピッチングだったと思う。
最後の1イニングは、またまた、マシソン。マシソンが、ホームランを打たれて1点差となって、せっかく則本をうったのに、と思っていたら、このまま1点差を守って勝った。
しかし、マシソンは、また、不安定になってきた。これまで、調子がよかったのに。
久保の調子もよくなってきたし、マシソンが不安定ならば、久保でもよいかもしれない。
この交流戦で、よく調子を落とすチームがある。何でだろう?交流戦になると、自分の力で上位チームを引き摺り下ろすことができないので、知らず知らずのうちに、順位もゲーム差もかなりかわってしまう。
シーズン中の交流戦も面白いかもしれないが、もっと短期間でよいかもしれない。公式戦の興味がちょっと薄れてしまう。ジャイアンツファンとしては、この調子で、首位のまま、つっぱして欲しい。がんばれ、ジャイアンツ!

※交流戦も、もうすぐ終わりかな?

週刊ベースボール増刊 プロ野球セ・パ交流戦2014 公式プログラム 2014年 6/10号 [雑誌]
ベースボール・マガジン社
2014-05-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 週刊ベースボール増刊 プロ野球セ・パ交流戦2014 公式プログラム 2014年 6/10号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近のコメント

最近のトラックバック