残念、ニッポン

サッカーのワールドカップで決勝トーナメントに進出した日本代表の決勝トーナメントの初戦が、今日の明け方、試合があり、本当に惜しくもベルギーに負けてしまった。
しかし、惜しい~。あと一歩で勝利だったのに。
前半は、0対0で、折り返し、後半勝負となり、原口、乾が得点をあげて、2対0。
このまま、2点のリードをさすがに守ることは難しかったかな。
それにしても、原口といい、乾といい、すごく良い働きをしたと思う。特に、乾の存在は、非常に大きかった。
予選リーグで、ボールを回して、攻めることもなく、試合を終えたが、それはあくまでも、残り時間が短かったせいで、さすがに2点を先行した時点で、守りにはいるには、難しかったと思う。
1点を先制し、その1点差のままの緊張を維持して、もっとあとに追加点をとれば試合の展開は、違っていたと思う。
しかし、おしい、ほんとうに、惜しい。
結局、2点差をつけながら、同点においつかれてしまい、最後は、残り何分もない状況で、3点目をとられてしまって、負けてしまった。残念だ。
あと数分、持ちこたえれば、延長戦に突入したし、延長に入れば、また、展開は違っていたと思う。
ちょうど、ロシアが、強敵スペインをPK戦で破ったように、同点のまま、試合を終えて、PK勝負になったら、勝利できたかもしれない。
でも、ここまで、行き着いたのは、本当に素晴らしいチームだったと思う。
ワールドカップが始まる前の試合では、なかなか勝てず、これじゃ、予選リーグで敗退かな?と思っていたが、その窮地を大迫、柴崎などの若い力の活躍で、見事に予選突破を果たした。
この若い力にベテラン陣がからみ、決勝トーナメントへ進出することができた。
キャプテンの長谷部は、日本代表を引退するそうだ。
たしかに、ここまできて、あと4年後を目指すには、すこし世代を若返り」させないと、なかなか、決勝トーナメントで上位に進出するのが難しい。
本当は、ベテランをメンバーから外して、若手をいれて、経験をつます必要があったと思う。特に、やっぱり、GKは、川島じゃなかった気もする。反応が、少し遅いし、往年の川島じゃない。GKは、守護神だから、ベテラン活用にしたのかもしれない。結局、固執しちゃうと、若返りが遅れちゃんだろうね。
今回は、岡崎、本田などをメンバーに入れたが、さすがに、この年代が4年後、メンバーでいたら、日本は予選すら突破が厳しい気がする。
また、4年後だね。がんばれ、ニッポン!

※本当に惜しかった~。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

最近のコメント

最近のトラックバック