気ままな毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 最強、井上尚弥

<<   作成日時 : 2018/10/08 00:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、野生のアケビかな、と言っていた情報に対して、知り合いの方から、それは、”花梨じゃないですか”と情報提供をいただいた。
花梨は、とても香りのいい実だそうで、庭に植えると幸福になる木といわれているそうだ。
なるほど、アケビじゃなくて、花梨ね。なぞは解けた。
ただ、昨日のブログで書いた内容が、微妙にアケビとザクロを間違えて書いていたようで、本当に恥ずかしい。
野生になっていたのも、ザクロだと思う。あ〜あ、歳はとりたくない、とごまかそうと思ったけれど、歳をとったからには、もっと、ちゃんとした情報を書き込まねば、と改めて反省した次第です。あ〜あ、恥ずかしい〜。
さてさて、気を取り直して。
昨日、夜にボクシングのタイトルマッチがあって、王者・井上尚弥が、1ラウンド1分10秒で最強の挑戦者であったフアンカルロス・パヤノ相手にノックアウトで勝利を飾った。
1分ちょっとで試合を終えるなんて、久しぶりの衝撃だ。
日本人選手の世界戦歴代最速の記録だそうで、テレビ局泣かせの試合になってしまった。
時間をあまりにも持て余し、何回もダウンシーンをやっていたが、見せ場らしい見せ場が、ほかになかったぐらい、衝撃的な試合だった。
しかし、本当に強いね〜。こんなに強い選手を見たことがない。
これで、7試合連続のノックアウト勝利だが、これも具志堅用高に並ぶタイ記録だそうだ。
井上の場合、この7試合は、10ラウンドまでいった試合が1試合あったが、あとは、前半で勝負をきめて、ここ3試合は3ラウンド以内での勝利だ。
うーん、この強さで、勝負したいという選手がでてくるのだろうか?
昨日の試合もたった2発のパンチでダウンだったし、それも、倒れ方が、すごくて、脳は大丈夫か?と心配になるぐらいの衝撃さだ。
この試合は、プロボクシング主要団体の王者らが参戦して階級最強を決める「ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)」の初戦だったので、この調子ならば、井上尚弥が、このWBSSを制する可能性大だ。
ここまで来たら、優秀するしかないでしょう!というか、井上に勝てる人がいるのか!って感じだ。
この調子で、ぜひ、優勝を目指して、がんばれ!井上尚弥!

※強いね〜。

怪物
KADOKAWA
2018-03-28
中村 航

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最強、井上尚弥 気ままな毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる