サニブラウン、2冠!

早いもので、今日で1年も半分終了。しかし、月日がたつのは早いね~。
1年の折り返しの日にジャイアンツは、見事に逆転勝ちだ。
今年、絶好調だった坂本も6月は、打撃不振となったが、昨日のホームランで吹っ切れたのか、今日は、同点の9回に勝ち越しのヒットで、見事に復活だ。
それに今日の試合は、澤村が早い回に出場して、2イニングをきっちりと抑えたのが大きい。
その後、大竹も1イニングをおさえ、その間にジャイアンツが勝ち越して、最後は、中川がランナーを出したが、見事に抑えて、これで、交流戦が終わった後に2連勝だ。
交流戦で、カープが調子が悪い間にジャイアンツが、首位になり、このまま、突っ走って欲しい。
ただ、まだまだ、首位といっても、カープは、また、調子を取り戻すだろうし、DeNAも調子をあげてきたからね。
ジャイアンツの場合、投手陣が問題かな。
いまは、山口が安定しているけれど、やっぱり、先発陣は、6~7回までもってくれないと、必然的に中継ぎ以降に負担がかかる。先発陣でいえば、菅野だろうね。菅野が、去年並みの安定感があれば、山口と菅野の2本柱で、連敗がそうそうに続くことはない。やっぱり、菅野の復帰か。がんばれ、菅野!
さてさて、陸上の日本選手権で200m決勝があり、サニブラウンが見事に優勝した。
すごいね~。
100mなんて、スタートダッシュに遅れた~、と思っていたのに、ぐいぐいと加速して、最後は、楽勝だからね。
あっという間に、レベルがあがったと思う。
100、200mの2冠達成は、日本では珍しくて、それも2度目は40年ぶり3人目の記録らしい。
40年前だから、知ってそうな気もするが、選手の名前を聞いたら、あまり知らない。ということは、やっぱり、本当に日本ではまれな記録だと思う。
才能覚醒って感じかな。桐生だって、ダメってわけじゃないし、世界で戦える選手だと思う。
やっぱり、国内で、世界で戦える選手がでてくると、その選手を乗り越えるかと、躍起になり、また新たな選手がでてくる。桐生も、サニブラウンがでてきたことで、さらに、破るために練習を積んで、記録はのびると思う。
体操は、内村、白井がいたのに、怪我で離脱する中で、彼らを超える若手が、どんどん出てきて、世界選手権は、メンバーが一新した。こんな新陳代謝が、日本を強くするんだと思う。
でも、やっぱり、桐生には、もっと頑張って欲しい。サニブラウンに負けるな、桐生!

※強いね~、サニブラウンは。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック