大型台風

お盆休みに直撃するように大型台風の到来だ。
せっかくの休みが台無しの人は、多い気がするが、ちょっとした災難かな。特に、西日本だけでなく、あまりにも大型過ぎて、東日本、北海道まで、大雨、強風って感じで、危険を感じる。
避難警報がでたら、サッサと最寄りの避難場所に逃げた方がよい。
大雨になってからでは、ちょっと手遅れだからね。ただ、警報の案内がよく聞こえない。音が割れちゃうせいもあるが、何をいっているのか、さっぱりわからない。
以前、中小企業の発明で、音声が割れずに遠くまで聞こえるという拡声器があった。あれだと、かなり遠くまで鮮明に聞こえるらしい。
そういったものを使わないと、音が割れて、何だかわからないことが多い。
強風で身体がもっていかれると危ないし、あまりの雨のすごさで、川が氾濫すると、これまた、歩くのも大変だからね。この頃の天候は、異常だから、ちょっと怖いね。早くサッサと去って欲しいもんだ。
さてさて、そんな天候を考慮して、昨日は、いつもより早く家をでた。
お盆の時期ってこともあり、電車が空いている。いつもならば、座ることができないのに、空いていたから座っていた。
そしたら、何と、車両故障で、車両交換するから、降りてくれという。
なんてこったろう。こんなこと、滅多にないのに。せっかく座って乗り換える駅までいけると思ったのに、残念。
車両交換で別の電車にのったら、これまた空いてる。ついているのか、ついてないのか、さっぱりわからない。
それにのって、結局、会社の最寄り駅まで、それでも早くついた。
ところが、今度は、交通事故があって、歩道が通れなくなっている。何の変哲もない、こんな場所で、ガードレールにぶつかったトラックが、タイヤが外れ、前面がつぶれている。
混んでいる道路じゃないし、何で、こんなところで、事故?不思議だ~。
結局、こんな事故もあったので、遠回りして、会社にいった。うーん、やっぱり、ついてないのかな。
ところが、ところが、長傘をもっていったのに、行きは雨がふってなかったし、帰りは、30分前まで大雨で、どうしようと思っていたら、帰るころには雨があがっていた。うーん、やっぱり、ついている?何だか、わからない1日だった。あ~あ、疲れる~。
あと1日だ。がんばろうっと。

※大型台風は、怖いね。
図解 異常気象のしくみと自然災害対策術
図解 異常気象のしくみと自然災害対策術