湯島天神の菊まつり

昨日、やたらと早く起きてしまい、早めに家をでた。kiku1.png
電車が空いている方が気持ちよく仕事ができるので、早めにいってもよいと思うが、ただ、あまり早いとビルがあいてない。カギを持っているわけじゃないので、会社にはそこそこの時間にいかないと、扉のところで待ち続けなくちゃいけない。
早く行くのも、ちょっと考えものだと思ったが、それでも、早い方がよいし、早くいけば、少し、散歩でもするか。
朝の清々しい天気の中で、散歩も悪いことじゃない。
いっそうのこと、2駅分、歩こうかと思ったが、ちょっと道順に自信がない。早く家をでたのに、道に迷って会社を遅刻したら大変なことになる。まあ、そんな不安な気持ちもあって、いつもの駅で降りて、近くを散歩だ。
会社の近くに湯島天神があるので、湯島天神によるかと行ってみたら、11月1日から、菊まつりをやっている。
おっー、おー、懐かしい~。
若い頃は、2月になれば、梅まつりのために、水戸偕楽園にいったり、伊東梅園にいったりしていたし、秋になれば、二本松の菊人形が私の恒例行事だった。
kiku2.png二本松の菊人形といえば、NHKの大河ドラマにあわせて、菊人形が飾られていた。
結構、広いし、若干、駅から遠い気もするが、歩いていけない距離じゃないので、以前は、毎年のようにいっていた。
何だか、妙に懐かしい。
今年は、NHKの大河ドラマも現代物だから、どうするのだろうか?とネットでチェックしたら、今年は、”源氏物語”だそうだ。
もしかすると、ここ十年ぐらい行ってないので、もう大河ドラマと連携してないのかもしれない。
さてさて、話は戻るが、その湯島天神の菊まつりを初めてまわってみたが、結構、広い境内に何種類もの菊が飾られていて、相当きれいだ。
朝も早くからやっているそうで、ただ、夜にライトアップされるとか、そんなイベントはないようだ。
ただ、朝の清々しい時間帯に、こんなきれいなものを見ると心が洗われる。
この菊まつりは、3週間ぐらい続くそうで、誰でも無料で楽しむことができる。
心が病んで、少しは、心を癒したいと思ったら、ぜひ、湯島天神まで。たまには、良いものを見るとご利益があるかもしれない。

※本当に懐かしいね~。
日本の神社 77号 (亀戸天神社・湯島天満宮・根津神社) [分冊百科]
日本の神社 77号 (亀戸天神社・湯島天満宮・根津神社) [分冊百科]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

最近のコメント

最近のトラックバック