頑張れ、羽生さん

今日、インタネットニュースを見ていたら、元ジャイアンツの高木勇人が、メキシカンリーグのチームに入団した。
ジャイアンツに入団した1年目に、期待していなかったのに、どんどん勝ち星をあげて、9勝をあげた。
ただ、その後、先発で必ず活躍してくれると思ったのに、なかなか、うまくいかず、結局、1年目の9勝が最高の記録で、あとは、徐々に勝ち星をおとし、今年こそ、今年こそと思っていたのに、1軍定着もなくなった。
私は、毎年、高木勇人の復活を期待していたのに。結局、西武から野上をFAで獲得した際の人的補償で西武にうつり、本当にもったいないと思っていたが、西武でも満足した成績を残せずに、結局、戦力外となってしまった。
うーん、何がダメだったのか、よくわからないが、スライダーの切れとコントロールが悪くなったんだと思う。
それに、ルーキーイヤーは、初物だったし、実績がないから、怖いものなしだったしね。
それが、いきなり9勝をあげて、これで、先発の一角にはいったと安心しちゃったんだと思う。でも、いまでも、高木勇人をジャイアンツに戻して欲しかった。残念だね~。
さてさて、先日、NHKのEテレで、羽生さんの特集をやっていた。これは、4月頃の再放送だったが、羽生さんが無冠になるなんて、想像もしていなかった。
それを追い込んだのは、若手だ。それも、AIで研究して、力をつけてきた、豊島さんが、名人と竜王の2冠をもち、渡辺さんが、棋王、王将、棋聖の3冠、永瀬さんが、叡王・王座の2冠、木村さんが王位と4人でわけあっている。
木村さんは、ちょっとベテランの領域かもしれないが、他は、まだまだ、若い。
ここに広瀬さん、佐藤天彦など、若手陣がいて、さらに、その下に藤井さんや、棋王に挑戦する本田四段など、10代、20代前半の若者が続く。
羽生さんも、さすがに無冠になってしまい、ここから、巻き返すのはちょっと厳しい。あと、1冠で100冠達成だけど、それでも、ここまで若手に追い上げられると、ちょっと厳しい気もする。ただ、羽生さんが、AIがプロ棋士に勝つのはいつ?というアンケートで2015年とこたえていたが、当時のソフトの実力からすれば、2015年にプロがソフトに負けると言い切ったのは、羽生さんのすごいところだと思う。
その羽生さんも無冠になり、これから、勝つのはすごく厳しいかもしれない。ただ、羽生さんだからね。絶対にやってくれる。これまで、多くの名人が、年とともに勝てなくなった。あの無敵の中原さんだって、谷川さんだって、米長さんだって苦労している。それだけに、本当に羽生さんの活躍で、多くのベテランは、やれると思うだろうし、AIに勝てるのは、羽生さんって気になると思う。
佐藤天彦名人が、2連敗した時は、もう人は、AIソフトに勝てないと思ったが、羽生さんならば、何とかなるかもしれない。
頑張れ、羽生さん!

※羽生さんの方が、AIより強い(はず)
羽生善治の実戦詰将棋 戦術眼を極める超難問100選 (コツがわかる本!)
羽生善治の実戦詰将棋 戦術眼を極める超難問100選 (コツがわかる本!)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

最近のコメント

最近のトラックバック