何となく・・・

怒涛のように日々がすぎた。 親が入院したら、あっという間に亡くなってしまい、まだ、1週間たたない。 ただ、一人暮らししていたこともあるし、何の準備もしていなかったので、やることがものすごくある。 あれこれやっているうちに、時間がドンドン過ぎる。 慌ただしく、やっても、まだまだ、やるべきことがたくさん残っている。 やっと、昨日、告別式を終えたが、家の始末をしなくちゃいけないので、これまた、大変だ。 近くに住んでいるのであれば、手間がかからないが、行くまでに1時間半以上かかる場所なので、行ったり来たりすることができない。それだけに、一度いったら、すべてやってこようという気持ちで対応しているが、それでも、まだまだ、終わらない。 かかる費用は、団地の賃貸料を年間契約していたので、数年は十分払えるように貯金していたので、この費用で十分まかなえる。 しかし、何のために貯金してきたか、わからない。 家のローンも全額返してしまったし、月々親のために貯金したことも不要になり、うーん、何のためにセッセと働くのか、目的がなくなってしまった。 ボケないために働いているというものの、それだったら、週3日でもよかったし、お金をたくさん稼ぐ必要もない。 何だか、仕事に対して手加減ってものができなくて、ついつい本気で働いてしまう。 それが、結果的に、仕事バカのようになっているのが、ちょっとだけ、情けない。 フルタイムで働けば働くほど、自由な時間が無くなり、温泉にもいけやしない。 でも、考えてみれば、ま…

続きを読む